本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新大久保にあった伝説のお好み焼き店『おうさか苑』の味が歌舞伎町に復活! 絶品すぎるお好み焼きを食べてきた
少量の生地に対し、キャベツたっぷりでシャキシャキいただく『おうさか苑』のお好み焼き | 食楽web 蒸し暑い毎日が続いています。あまりの暑さに食欲減退する方もいるかもしれませんが、しかし食べないことには体が弱ってしまいます。そんな暑い夏場にオススメなのがお好み焼き。...
別窓で開く

「性の営みはホルモンを分泌する」「自慰も素晴らしいこと」現役精神科医・和田秀樹氏が提唱する、80歳からの“我慢しない愉しみ方”
「病院に行かないほうが死なない」「医師は患者を診ていない」現役精神科医が指摘する、日本の高齢者医療が抱える“不思議な問題” から続く「人生100年時代」と言われているが、心身ともに自立して健康でいられる「健康寿命」の平均は、男性72歳、女性75歳となっている。これは、「80歳の壁」を超える前に寝...
別窓で開く

KAT-TUN・上田竜也率いる『炎の体育会TV』陸上部だった元ジャニーズJr.が歌舞伎町ホストに転身していた!
ホストクラブに入店したことを発表した鈴木舜映(Twitterより) かつて『炎の体育会TV』(TBS系)で、KAT-TUN・上田竜也率いるジャニーズ陸上部の一員として活躍していたジャニーズJr.・■鈴木舜映(しゅんえい)が、6月に事務所を退所し、新宿・歌舞伎町のホストとして再始動したという。...
別窓で開く

【6回目の逮捕】「薬物ジャンキーが信奉していた」“歌舞伎町精神科医”のヤバすぎる薬事情を元交際相手A子さんが告発「危険なダイエット薬や向精神薬をバンバン処方していた」《行政も注視》
【6回目の逮捕】《歌舞伎町精神科医》被害女性A子さんの“薬漬け洗脳”が解けた壮絶な理由「街中で下着血まみれ事件」「最愛の妹の死」「死を感じた激しすぎるDV」 から続く 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表された。...
別窓で開く

【6回目の逮捕】《歌舞伎町精神科医》被害女性A子さんの“薬漬け洗脳”が解けた壮絶な理由「街中で下着血まみれ事件」「最愛の妹の死」「死を感じた激しすぎるDV」
【6回目の逮捕】「浴槽に頭を沈められたり、勃起薬を服用して毎日性行為を求められました」被害女性A子さんが告発する《歌舞伎町精神科医》との“地獄の同棲生活” から続く 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表された。...
別窓で開く

【6回目の逮捕】「『従順になるように』と劇薬を処方されました」被害女性A子さん(20代)が告発する《歌舞伎町精神科医》による“薬漬け洗脳”の手口
「薬物ジャンキーが信奉していた」“歌舞伎町精神科医”のヤバすぎる薬事情を元交際相手A子さんが告発「危険なダイエット薬や向精神薬をバンバン処方していた」《行政も注視》 から続く 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表され...
別窓で開く

【6回目の逮捕】《元患者も告発》傷害・覚せい剤で逮捕の“黒コートの精神科医”の驚くべき“前科”「劇薬リタリンを102万錠処方で社会問題」「薬物依存の末に患者が死亡」
 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表された。2022年3月に逮捕されてから、これで6回目の逮捕となった。「今回は、クリニック内で都内の住む女性にわいせつな行為をしたとみられています。...
別窓で開く

【6回目の逮捕】「浴槽に頭を沈められたり、勃起薬を服用して毎日性行為を求められました」被害女性A子さんが告発する《歌舞伎町精神科医》との“地獄の同棲生活”
【6回目の逮捕】「『従順になるように』と劇薬を処方されました」被害女性A子さん(20代)が告発する《歌舞伎町精神科医》による“薬漬け洗脳”の手口 から続く 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表された。2022年3月に...
別窓で開く

酷暑の東京を「ノーマスク」で過ごしてみたら(ネットニュース編集者・中川淳一郎)
 いつまで続くんだ、このマスク生活は。2020年1月に始まった型コロナ騒動だが、よく飽きもせず日本は2年半もやり続けられたものだ。2022年に入り、世界各国がいくら陽性者数が多くとも「もう終わり!」とやったのは、結局社会の空気感として「もうコレ、そこまで重視しないでいいんじゃね? もういい加減、昔の...
別窓で開く

倍速視聴は「映画への冒涜」ではないのかもしれない 映画界では30年前にも大きな変化が(古市憲寿)
 藤原ヒロシさんと映画の倍速視聴の話になった。 NetflixやHuluなど動画配信サービスでは、再生速度を選ぶことができるので、1.5倍速や2倍速で映画を観る人が増えている。また、あらすじ紹介サイトやダイジェスト動画だけで映画を「観た」気になる人もいる。 保守派によれば「映画への冒涜」なのだという...
別窓で開く


[ 歌舞伎町 ] の関連キーワード

新大久保 ジャン kat