本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



990円とは思えない完成度!飾りたくなるシン・ウルトラマンの卓上フィギュア
庵野秀明氏が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に続き、同氏が企画・脚本を手掛けた『シン・ウルトラマン』がついに公開しました。翌年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』も含め、庵野氏が制作に携わる“シン”シリーズのひとつとして話題となっています。...
別窓で開く

第97回 5月4日「スター・ウォーズの日」を前に改めて振り返る、『スター・ウォーズ』の偉業
『スター・ウォーズ』という作品の魅力やこの映画シリーズがその後の映画文化に与えた影響についてはすでに多くの方が書かれています。『スター・ウォーズ』のすごさを語る上でもう一つ忘れてはならないのは商品化ビジネスにおいても画期的なコンテンツだったということです。...
別窓で開く

「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」に対する海外の視線 「ガンダム抜きで“ジャパン・ヒーローズ”って言っちゃダメ」「必ずMCUと比較されちゃうな」
2月14日、東宝・カラー・円谷プロダクション・東映の4社が新プロジェクト「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース(SHIN JAPAN HEROES UNIVERSE、SJHU)」を発表しました。...
別窓で開く

庵野秀明『シン・』4作品が夢のコラボ 『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』始動
『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』の4作品がコラボレーションするプロジェクト『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』が始動することが明らかになった。 本プロジェクトは、東宝・カラー・円谷プロダクション・東映の4社が立ち上げたもの。...
別窓で開く

菊地凛子&染谷将太、『大怪獣のあとしまつ』夫婦で出演 二階堂ふみ・松重豊も参戦
Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、女優の土屋太鳳がヒロインを演じる映画『大怪獣のあとしまつ』の追加キャストとして、菊地凛子、染谷将太、二階堂ふみ、松重豊の出演が発表された。 松竹と東映が初タッグを組む本作は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が死んだ後の“あとしまつ”にスポットを当てて描く...
別窓で開く

かつてない規模の“庵野秀明”展を目撃せよ!? 創作の本質に迫る!
最新作『シン・エヴァンゲリオン 劇場版』が興行収入100億円を超える大ヒットとなった映画監督・庵野秀明氏。2016年には『シン・ゴジラ』が大ヒット。アニメはもちろん実写映画でも大きな実績を残し、今や国民的映画監督となったのはご存じの通り。そんな彼の仕事を網羅した初の展覧会『庵野秀明展』が好評だ。...
別窓で開く

第93回 日本のヒーロー文化から生まれた歌謡アイドル映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』
アメコミ・ヒーロー物ではないですが、もうすぐ公開される『スーパー戦闘 純烈ジャー』。そのタイトルからわかるようにスーパー戦隊をモチーフにしたヒーロー・コメディであり、ムード歌謡グループ、純烈のメンバーが出演する歌謡アイドル映画です。元々、純烈のメンバーの多くが特撮ドラマ出身だったので実現した企画のよ...
別窓で開く

自分のオタク年齢が判明!? クイズゲーム『オタク年齢診断』でオタクとしての精神年齢を診断しよう
 約30問から構成された4択クイズに答えることで、自分のオタクとしての精神年齢を診断してくれるクイズゲーム『オタク年齢診断』が、2021年5月3日にゲームアツマールへ投稿された。 出題されるのは、アニメ、特撮、漫画、ゲームなどのオタク文化に関する知識問題。...
別窓で開く

庵野秀明氏の監督・脚本で「シン・仮面ライダー」製作の報に中川翔子さん「楽しみにも程がある シンゴレンジャーもお願いします」
4月3日に行われた「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」にて、現在大ヒット中の「シン・エヴァンゲリオン」で総監督をつとめた庵野秀明氏による「シン・仮面ライダー」の製作が発表された。庵野氏は監督・脚本をつとめ、2023年3月の公開が予定されている。...
別窓で開く

脚本・監督 庵野秀明『シン・仮面ライダー』2023年公開決定!最初の企画メモから足掛け6年「映画作品という形で少しでも恩返しをしたい」
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が大ヒット上映中、そして『シン・ウルトラマン』の公開が待たれる中、庵野秀明氏 脚本・監督による更なる新プロジェクトが発表! 『シン・仮面ライダー』が2023年3月に公開決定!4月3日(土)19:30、『仮面ライダー』の放送開始からちょうど生誕50周年にさし掛かった瞬間...
別窓で開く


<前へ12次へ>