本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



手塚とおる、来年役者業40年 常に無垢な気持ちで演技と向き合う
 クセのある悪党も悲哀を背負った人物も演じ分け、作品に強烈な印象を残す。手塚とおる(60)は役作りには特段こだわりはない。「役に入り込むみたいなことはできない。僕は僕でしかないし、僕しか知らないので。だから『自分が医師だったら』『自分が道を踏み外したら』というアプローチの仕方でやっている感じですね」...
別窓で開く

2023年3月、仮面ライダー50周年を記念した映画『シン・仮面ライダー』が公開を予定している。仮面ライダーといえば、多くの子どもがあこがれるヒーローだ。一方、この映画は2016年に公開された『シン・ゴジラ』の総監督、庵野秀明氏が脚本・監督を務め、大人が見ても楽しめる作品になることが期待されている。こ...
別窓で開く

「“ゴジラ界隈”は常にバトルロイヤル状態」「ウルトラファンは近年落ち着いていたが…」特撮マニアの“過激な生態”
 映画『シン・ウルトラマン』が関係者の予想以上の大ヒットを記録した。『シン・ゴジラ』も手掛けた庵野秀明が総監修を務め、初代『ウルトラマン』を再構築。その懐かしさと新しさが共存するビジュアルと物語は、幅広い世代の観客にアピールしたという。...
別窓で開く

“シン・”繋がり!? 日本を代表するヒーロー4作品による、奇跡のコラボが実現
『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』。庵野秀明氏が参加する“シン・”を冠した作品の繋がりから、東宝、カラー、円谷プロ、東映の4社が会社の垣根を越え、日本を代表するヒーロー4作品による夢のコラボレーションを実現。その奇跡のプロジェクト「シン・ジャ...
別窓で開く

吉岡里帆VS浜辺美波「灼熱の“色香アピール”攻防戦」(2)浜辺美波は映画撮影中にスカートが…
 一方、新作映画の撮影では浜辺美波(21)が際どい艶技に挑んでいた。撮影シーンを再現しよう。「やめなさい!」 教員役の中年男性が3階建ての校舎の屋上に向かって叫ぶ。その視線の先には、黒いふんわりワンピースにサングラス姿の浜辺がひとり。屋上に設置された1.3メートルほどの柵に足をかけ、飛び降りようとし...
別窓で開く

“この死体、どうする?” 山田涼介×土屋太鳳『大怪獣のあとしまつ』デジタル配信中
2022年2月に公開された山田涼介、土屋太鳳主演の映画『大怪獣のあとしまつ』が現在、デジタル配信中となっている。暴れ狂う大怪獣に逃げ惑う人々、そしてヒーローが現れて世界を救う。子供の頃に誰もが憧れた特撮映画でお決まりの展開だ。しかし倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか。...
別窓で開く

【超ネタバレ】シン・ウルトラマンの「あの居酒屋」に行ってみた
令和の世に改めてウルトラマンブームを巻き起こした映画『シン・ウルトラマン』。あの『シン・エヴァンゲリオン』や『シン・ゴジラ』、そして『シン・仮面ライダー』の庵野秀明さん(61歳)が携わっているとあって、オタクも大人も子どももおねーさんにも、幅広い層に支持されています。...
別窓で開く

990円とは思えない完成度!飾りたくなるシン・ウルトラマンの卓上フィギュア
庵野秀明氏が総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に続き、同氏が企画・脚本を手掛けた『シン・ウルトラマン』がついに公開しました。翌年3月公開予定の『シン・仮面ライダー』も含め、庵野氏が制作に携わる“シン”シリーズのひとつとして話題となっています。...
別窓で開く

第97回 5月4日「スター・ウォーズの日」を前に改めて振り返る、『スター・ウォーズ』の偉業
『スター・ウォーズ』という作品の魅力やこの映画シリーズがその後の映画文化に与えた影響についてはすでに多くの方が書かれています。『スター・ウォーズ』のすごさを語る上でもう一つ忘れてはならないのは商品化ビジネスにおいても画期的なコンテンツだったということです。...
別窓で開く

「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」に対する海外の視線 「ガンダム抜きで“ジャパン・ヒーローズ”って言っちゃダメ」「必ずMCUと比較されちゃうな」
2月14日、東宝・カラー・円谷プロダクション・東映の4社が新プロジェクト「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース(SHIN JAPAN HEROES UNIVERSE、SJHU)」を発表しました。...
別窓で開く


<前へ12次へ>