本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ飲み薬、もうすぐ... 「めざまし8」が伝えた最新情勢
コロナ感染による全国の死者がきのう7日(2021年11月)、ゼロになった。1年3カ月ぶりだ。一方で、コロナの「飲み薬」が年内にも実用化される見通しがでてきた。8日の「めざまし8」が伝えた。米国メルク社は4日、コロナウイルスによる入院リスクを50%減らす飲み薬「モルヌピラビル」を英国が承認したことを明...
別窓で開く

グローバル化に成功していると思う日本企業 1位はやっぱり「世界のトヨタ」、2位に「ユニクロ」
やっぱり、「世界」のトヨタだ——。海外ビジネス支援プラットフォーム「Digima〜出島〜」などの運営を手がける株式会社Resorz(東京都新宿区)が「グローバル化に成功していると思う日本企業」のイメージ調査を実施したところ、1位にトヨタ自動車が輝いた。2021年10月15日の発表。...
別窓で開く

新型コロナ飲み薬の薬事承認を早め、海外へ提供できる体制を整えるべき
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月11日放送)に国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が出演。国内で治験が行われている新型コロナウイルスの重症化を防ぐ飲み薬について解説した。...
別窓で開く

新型コロナ飲み薬「年内にも承認申請」 「めざまし8」が伝えた期待感
岸田文雄内閣が近く成立したあと、新型コロナウイルス対策はどう変わるのか。「めざまし8」情報キャスターの西岡孝洋アナが報告した。「まず、ワクチンについては11月までに希望者全員の接種、病床・医療人材の確保、年末までに経口治療薬の開発・普及を挙げています。...
別窓で開く

新型コロナ治療のゲームチェンジャー 開発中の有望5薬に注目する
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療の切り札は、安価で多くの供給が可能な経口抗コロナウイルス薬であり、発症早期の投与です。開発中の経口抗コロナウイルス薬は数多くありますが、有力な候補と目されるのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の持つ酵素であるRNAポリメラーゼやプロテアーゼ...
別窓で開く

26.買取制度 茶業界でも一役(食品新聞) 2021年09月17日10時40分
買取制度 茶業界でも一役
コロナワクチンの接種が進む中、異次元の感染力といわれるデルタ株が猛威を振るう。一般的にワクチンの開発は基礎研究、非臨床試験、臨床試験の大きく三つのステップで進められ開発には年単位の期間がかかるが、コロナワクチンについては通常よりも早いペースで開発が進められている。...
別窓で開く

新型コロナ治療薬最前線 「めざまし8」注目の「飲み薬」「鼻にシュッと」...
新型コロナウイルスが飲み薬で治るようになるかもしれない。「めざまし8」情報キャスターの西岡孝洋アナが10日(2021年9月)、リポートした。「日本ではいま4種類の治療薬が使われています。そのひとつ、抗体カクテルの効果が高いことが、東京都のモニタリング会議で報告されました。投与した患者の95%が軽快し...
別窓で開く

新型コロナで、ベトナム政府「企業活動を支援する補助政策を決定! 」
 2021年9月8日、ベトナムでも新型コロナ変異種デルタ株の感染拡大で、経済活動が停滞している。今年の4月まで「感染対策の優等生」と言われてきたベトナムは、感染者2,910人・死者35人だったが、7月中旬からデルタ株の感染が拡大し連日7,000人を超える感染者が確認され、9月現在、毎日1万人を超える...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。「週刊東洋経済」(2021年8月21日号)の特集は「『コロナ後経済』の大難問」。...
別窓で開く

知ってから接種したい? 新型コロナウイルスのワクチンはどうやって作られたのか【新型コロナウイルスを知る一冊】
 東京オリンピックの閉幕とともに、新型コロナウイルスの感染拡大がまたクローズアップされてきた。国内の新規感染者は連日1万人を超え、軽症者や一部の中等症の人は、入院できず、自宅療養を余儀なくされている。あらためて新型コロナウイルスがもたらした影響や対策について、関連本とともに考えてみたい。...
別窓で開く


[ 塩野義製薬 ] の関連キーワード

ベトナム トヨタ