本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<W解説>日韓関係に新たな変数「法治主義」=検察総長ユン氏の辞任が韓国で大騒ぎになっている理由
きょう(4日)、韓国の次期大統領候補と言われているユン・ソギョル(尹錫悦)検察総長が電撃辞任した。ムン・ジェイン(文在寅)大統領は待っていたかのように僅か1時間でこれを承諾した。韓国の媒体ではこれが例外なく”トップニュース”となっていて、「大騒ぎ」という表現が正しい。...
別窓で開く

「国公立」「私立文系・理系」大学4年間の学費、相場はいくらか
大学受験において、受験する学部選びは欠かせません。その際、興味関心と合わせて確認したいのが「学費」。後から慌てることがないように、事前にチェックしてみましょう。■学部別、学費の相場はいくらくらい?大学在学中の4年間で支払う学費の合計額の相場を紹介します。学費に含まれているものは、大学ホームページで公...
別窓で開く

「池尻大橋」そんな橋はありません!首都圏「実は合成だった駅名」5選
駅名が一見何かの場所や施設に思えるものも、実は全く別の由来だったケースがいくつかあります。その背景は、駅名を巡る争いから、意外と単純な理由まで様々です。想像と違う?「実は合成駅名」 橋も神社仏閣も実在せず 最寄りにあると思い込んでいた場所や施設が実は存在せず、駅名が全く別の由来だったというケース、あ...
別窓で開く

「新型コロナ個人情報保護の問題」日韓協力を=韓国済州知事
ウォン・ヒィリョン(元喜龍)チェジュ(済州)知事は21日、「韓国と日本が個人情報を保護しながら感染症を社会的に制御することができる技術とシステム作りに協力しなければならない」と強調した。元喜龍知事はこの日の午前、執務室で「新型コロナウイルスの対応とポストコロナ」をテーマに開かれた「韓日未来の対話−ポ...
別窓で開く

職場の「カタカナ語」にイラつく人がいる理由 英語教育、不景気が生んだ世代間ギャップを振り返る
私たちのどれほどが「エビデンス」「アジェンダ」「コンセンサス」といった言葉の意味を正確に理解しているだろうか。現役の一橋大生であるHONDAさんが投稿した「ムカつくカタカナ語への思いを綴りました」というツイートが最近注目を集めた。私たちはなぜ「カタカナ語」に"ムカつく"のだろうか。...
別窓で開く

歴代総理の胆力「大平正芳」(4)「弱気でどうする」と角栄
 この「40日抗争」に一応のピリオドが打たれたあとの第2次内閣でも、「反主流」の3派はホコを収めず、それから約半年後の5月には社会党が提出した内閣不信任決議案の本会議採決で、福田、三木の両派が欠席(中曽根派は一応出席)、ために不信任決議案は243対187で可決してしまうといった異常事態が続いた。...
別窓で開く

歴代総理の胆力「大平正芳」(3)角栄は大平を「宗教家」と評した
「アイツは宗教家だから、ワシらが動くしかない」「盟友」大平正芳が初めて名乗りを挙げた昭和53(1978)年11月の自民党総裁選で、田中角栄は田中派を総動員させ、「大平勝利」に全力投球した。首相退陣後、ロッキード事件が発覚、「闇将軍」としてなお権力温存を窺う田中としては、ここで「盟友」の大平政権を誕生...
別窓で開く

歴代総理の胆力「大平正芳」(2)「オオダイラ君であります」
 大平は初出馬では田舎のジイサン、バアサンにクソ面白くもない財政問題を懸命にしゃべったが、いかにもカタい話すぎて聴衆はシラケるのが常だった。「笑顔だけはステキ」と妙に婦人票が集まって、からくも当選を果たしたのだった。しかし、2回目の選挙では笑顔だけではピンチと見かねた後援会幹部が、親分である池田に直...
別窓で開く

歴代総理の胆力「大平正芳」(1)エピソードが物語る実直な人間性
 戦後の総理大臣で初めて在任中に死去した人物が、この大平正芳であった。 その「胆力」、リーダーシップは、多くの総理大臣がそうであったようないわゆる大言壮語的なものはまったく窺えず、「歩留(ぶどま)り」を低く設定するという重心の低さが特徴であった。「政治が甘い幻想を国民に抱かせてはならない。...
別窓で開く


[ 一橋大 ] の関連キーワード

オオダイラ 池尻大橋