本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今、最も注目を集める急成長企業ワークマン。4000億円の空白市場を開拓し、“頑張らない経営”で10期連続最高益。「#ワークマン女子」も大人気。テレビでも大きく特集され続けている。さらに急成長の仕掛け人・ワークマンの土屋専務白熱の処女作『ワークマン式「しない経営」——4000億円の空白市場を切り拓いた...
別窓で開く

年齢を重ねても脳の健康を守る方法はあるのか。精神科医の和田秀樹さんは「生き生きとした老後を手にしたければ、“老害の壁”に負けてはなりません。高齢者を否定する世間の同調圧力に負けて自制的な生き方をすると、脳が縮み、認知症になるリスクが高まってしまう」という──。※本稿は、和田秀樹『老害の壁』(エクスナ...
別窓で開く

岸田首相が旗振る「官製春闘」は敗北濃厚…価格転嫁はコスト上昇分の4割しかできず
(娯楽サービスの価格転嫁率はわずか1割…(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ) 岸田首相は経済界に「インフレ率を超える賃上げの実現」を強く要請し、「官製春闘」を演じているが、敗北が濃厚になってきた。エネルギーや原材料のコスト上昇分を十分に価格転嫁できない企業が少なくないからだ。 帝国データバンク(...
別窓で開く

日本人の歌舞伎離れが進んでいる。日本女子大学の細川幸一教授は「特に本丸である『歌舞伎座』の客層は高齢者ばかりで、日によっては半分も埋まらない。伝統と慣習に重きをおくなかで、高齢者からも若い世代からも見放されてしまっている」という——。■人気俳優が揃い、伝統的な演目が並ぶのに東銀座は松竹の本拠地だ。主...
別窓で開く

東京の自然と生息する生き物を デジタル技術を活用し体験・理解を深める「東京自然いきもの展」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は8K映像やARなどデジタル技術を活用して東京の自然と生き物を知り・理解を深めることができる、体験型展示イベント「東京自然いきもの展」についてや、「ライフ・ワーク・バ...
別窓で開く

党員も執筆、次々に出版される“日本共産党本”が訴える党改革案とは 実は「選挙」で選ばれていない共産党の指導機関
(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家) このところ立て続けに日本共産党に関する本が出版されている。日本共産党は、昨年(2022年)党創立100周年を迎えた。それに合わせて2022年5月に、中北浩爾一橋大学大学院教授の『日本共産党 「革命」を夢見た100年』(中公新書)が出版された。...
別窓で開く

突然の物価高はなぜ起きた? 私たちの行動と意識を変化させたもの
 値上げが止まらない。スーパーの表示価格にため息をつき、届いた電気代やガス代の請求額に悲鳴を上げている方も多いのではないだろうか。なにしろ、2022年12月の東京都区部の物価上昇率は4%に達し、実に40年8か月ぶりの高さになっているのだ。しかも、生鮮食品を除いてだ。体感の物価高はもっと上という声が出...
別窓で開く

「天皇制を潰して、共和国にしようと思った」知られざる“渡辺恒雄の共産党時代”
 読売新聞グループ代表取締役主筆を務める渡辺恒雄氏、96歳。戦後政治の表も裏も目の当たりにしてきた“最後の生き証人”とも言われる。この渡辺氏へのロングインタビューを元にしたノンフィクション『 独占告白 渡辺恒雄〜戦後政治はこうして作られた〜 』が刊行された。...
別窓で開く

今、最も注目を集める急成長企業ワークマン。4000億円の空白市場を開拓し、“頑張らない経営”で10期連続最高益。「#ワークマン女子」も大人気。テレビでも大きく特集され続けている。さらに急成長の仕掛け人・ワークマンの土屋専務白熱の処女作『ワークマン式「しない経営」——4000億円の空白市場を切り拓いた...
別窓で開く

共産・志位氏の長期政権は「国民の常識からだいぶかけ離れている」 ベテラン党員が「党首公選」求める理由
共産党の志位和夫委員長が20年以上にわたって党のトップを務める「長期政権」が続くなか、党員による公選を求める声が公然とあがっている。2023年1月19日には、党職員を長く務め、今でも党員の松竹伸幸氏(67)が著書「シン・日本共産党宣言──ヒラ党員が党首公選を求め立候補する理由」(文春新書)を出版し、...
別窓で開く


[ 一橋大 ] の関連キーワード

ワークマン 三井不動産 歌舞伎座 共産党