本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



食品も光熱費も…【2022年】値上げ品目一覧と有効な節約ポイント7選
2022年は値上げラッシュの年となりました。原油価格高騰やロシアのウクライナ侵攻による影響が、家計に大きな影響を及ぼしています。本記事では、2022年10月までに値上げが発表されている品目一覧を紹介するとともに、今から取り組める節約ポイントについても解説します。...
別窓で開く

新内眞衣と学ぶ「SDGsってどういうもの?」
ニッポン放送『SDGs MAGAZINE』が新内眞衣をパーソナリティに迎え、2022年4月10日の放送で新たなスタートを切った。放送開始から2年経ち専門性を増していた番組だが、リニューアルに際して“原点回帰”。日常的に聞く機会も多くなった「SDGs」について、改めてその基本から新内とともに学んでいく...
別窓で開く

ウ侵攻中のロシア軍に見られるイタリア製装甲車は何者? 歴史ある戦車大国の屈辱!
ウクライナへ侵攻中のロシア軍にイタリア製装甲車両が見られます。元々ロシア軍が装備していたものですが、戦車大国のはずのソ連/ロシアがなぜ外国製装甲車を使用しているのでしょうか。その背景を追います。イタリアがロシアの味方についた という話ではありません 2022年4月現在ロシアからの侵攻を受けているウク...
別窓で開く

第75回カンヌ映画祭ラインアップ発表! 是枝裕和監督最新作、倍賞千恵子主演作、『カメ止め』リメイク作など日本発の作品も多数選出!!
Arthur R. / Shutterstock.com第75回カンヌ国際映画祭が現地時間4月14日、コンペティション部門のラインアップを発表した。日本からは是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』がコンペ入りを果たし、早川千絵監督×倍賞千恵子主演『PLAN 75』が「ある視点」部門で出品が決まった。...
別窓で開く

機動的資産配分と大胆な配分変更で株式並みリターンをめざす、3年リターンで年8%超を実現した「アルテ」
 ピクテ投信投資顧問が設定・運用する「ピクテ・ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:アルテ)」は、2021年のトータルリターンは12.23%と、類似ファンド分類(バランス・安定型)平均を8.39%上回り、シャープレシオは2.13と、類似ファンド分類平均を0.30上回るなど、優れた運用成績と効...
別窓で開く

大塚英志氏インタビュー「ウクライナ侵攻から見える戦時の国家宣伝の意図とは」
3月17日に刊行された『大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作』(集英社新書)。この新書ではまんがやアニメ、映画、小説が、戦時下において、アジアへ向けた国家喧伝のツールとして用いられていたことを歴史的に検証したものである。そこで明らかになるのは宣伝ツールとして用いられた作品には、その受け...
別窓で開く

大塚英志氏インタビュー「なぜいま、戦時下日本のプロパガンダを検証するのか」
3月17日に刊行された『大東亜共栄圏のクールジャパン 「協働」する文化工作』(集英社新書)。この新書ではまんがやアニメ、映画、小説が、戦時下において、アジアへ向けた国家喧伝のツールとして用いられていたことを歴史的に検証したものである。そこで明らかになるのは宣伝ツールとして用いられた作品には、その受け...
別窓で開く

「人民元の国際化」が進んで、世界はドル、ユーロ、人民元の三極通貨体制になる!?
新型コロナの"震源地"でありながら、世界的なパンデミックのなかでも経済のプラス成長を実現した、中国。その原動力となっているのが、今や日本のはるか先を行くといわれる中国社会の「デジタル化」だ。中国のDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略が中国経済だけでなく、社会のあり方をどのように変えたのか? ...
別窓で開く

「引退したほうがいいのかな」——悩める宇野昌磨がつかんだ悲願の世界王者。背景にあった共に歩んだ名手の存在
宇野昌磨は満ち満ちていた。 世界選手権のFS(フリースケーティング)『ボレロ』の最終盤。ダイナミックなメロディに合わせた、力強く複雑なステップシークエンス。体力的にもきついところだが、それを感じさせない充実感に溢れた表情でステップを踏んでいく。どこか清々しさも感じさせた。演技を終えた宇野の目は、生き...
別窓で開く

プーチンの旧ソ連再編に必要不可欠だったウクライナの存在
ロシアの「ユーラシア経済連合(EEU)」、EUの「東方パートナーシップ(EaP)」。繰り広げられる勢力圏争いによって、ロシアと西欧、旧ソ連諸国は両方とつながりを持ち続けることが難しくなっている。ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏が、双方の提唱する構想を紐解く。...
別窓で開く


[ ミック ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ sdgs アルテ カンヌ 千恵子
ロシア