本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア・ウクライナ情勢、中国の経済面・軍事面での台頭と台湾・香港をめぐる緊張、トランプ前大統領の動きをめぐるアメリカ政治の動揺、そして日本で選挙期間中に起こった安倍晋三元首相襲撃事件……これらのことを見て、「このままで民主主義は大丈夫か」と不安になる人は、むしろ常識的な感覚を持っていると言えそうです...
別窓で開く

“初防衛”ウシクはPFPランクを上げるのに十分な活躍だったか? 米メディアが見解「クロフォード、イノウエも負け知らずだ」
現地時間8月20日、WBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が、サウジアラビアのジッダで行なわれた前王者アンソニー・ジョシュア(英国)との再戦に2-1で判定勝ち。戦績を20戦20勝(13KO)に伸ばすとともに、初の防衛に成功した。...
別窓で開く

中国はもはや韓国の「輸出の家庭菜園」ではない—中国メディア
中国紙・環球時報は20日、韓国・ソウル新聞の19日付報道を引用する形で、中国はもはや韓国の「輸出の家庭菜園」ではないとする記事を掲載した。記事によると、韓国の対中貿易収支は、今年5、6月に続き7月も赤字を記録した。3カ月連続赤字は、韓国の経済成長にとって大きな動力となった1992年の中国との国交正常...
別窓で開く

日本の経営学では、ビジネスモデルの実践研究が盛んだ。コンサルタントや経営者から研究者まで、いろんな立場の筆者が、思考法、多様なツール、パターン集などをまとめ、書店には多くの本があふれている。日本のビジネスモデル研究の第一人者でもあり、早稲田大学で起業家育成プログラムを担当する井上達彦氏が、学術研究や...
別窓で開く

秋葉国家安保局長が訪中した「2つの理由」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月17に行われた秋葉国家安全保障局長と中国・楊潔?共産党政治局員との会談について解説した。...
別窓で開く

【安倍元首相の国葬アンケート結果発表】「反対」が79.7%で「賛成」の4倍以上 「在任期間が長いだけ」「天皇ではない」の声も…
 7月8日に銃撃を受けて死去した安倍晋三元首相(享年67)の国葬が、今年9月27日、東京・日本武道館で開催されることが閣議決定されました。首相経験者として国葬が行われるのは、1967年の吉田茂以来、戦後2例目として注目を浴びています。...
別窓で開く

「法人化したら万事解決、というわけではないらしいです」漫画家・服部昇大が『恋はインボイス』を描いたワケ
『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』(ホーム社)を連載中の漫画家・服部昇大さんによる「インボイス制度」を解説したラブコメマンガ『 恋はインボイス 』が大きな反響を呼んでいます。 インボイス制度とは、2023年10月から始まる「適格請求書」制度のこと。...
別窓で開く

「トップガン」大ヒットの裏で歴史的な兵員不足に直面する米軍 最大の原因は“ファーストフード”か
「トップガン マーヴェリック」の国内興行収入が大ヒットの目安とされる100億円を突破した。洋画では2019年以来3年ぶりとなる。世界各国でも大ヒットしており、興行収入は10億ドルを超えた。 トップガンは米軍のエリートパイロット養成校を舞台とするアクション映画だ。1986年に公開された前作同様、主役は...
別窓で開く

NY“地下トンネル”で暮らす母娘を描く『きっと地上には満天の星』 ホームレスは自己責任か?
『きっと地上には満天の星』© 2020 Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.■暗いけど、星は見えない地下に住んでいて、地上に出ない生活をしている限り星を見ることはない。...
別窓で開く

経済的な「デカップリング」が困難である中で、対立する関係にある国家がどのような関係を作っていくのか。地政学だけでは読み解けない時代を「地経学」という観点で読み解きます。経済安全保障が埋め込まれた国家安全保障戦略へ現在、岸田文雄政権下で、国家安全保障戦略の改定のための作業が行われている。日本で最初に国...
別窓で開く


[ ミック ウクライナ ] の関連キーワード

クロフォード トップガン イノウエ pfp