本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種が日本でも始まっている。そもそも2020年秋の段階で、ファイザーとモデルナがいち早く新型コロナ対応のメッセンジャーRNA(mRNA)を利用したワクチンを開発できた背景には、薬剤の設計や製造のあり方を大きく変えるデジタルモデルがある。ワクチン開発...
別窓で開く

WTO事務総長「世界的な景気低迷が近づいている…成長を回復させなければならない」=韓国報道
オコンジョ=イウェアラWTO(世界貿易機関)事務総長は27日(現地時間)「世界的な景気低迷が近づいており、われわれは経済成長を回復する案を探し始めるべきだ」と述べた。聯合ニュースによると、オコンジョ=イウェアラ事務総長はこの日、スイス・ジュネーブで開かれたWTO年次フォーラムに参加し「世界銀行と国際...
別窓で開く

依然として分断されたままのアメリカを憂う、在米40余年の日本人の想い ニューヨークはカレイドスコープ(第17回)
文・写真=沼田隆一アメリカ在住40年以上という筆者が、これまで継続的に行われており、実際に体感してきたきたあらゆる「分断」について、その想いを書き綴った。乱気流の中で迷走するアメリカ パックス・アメリカーナという言葉を記憶する人は何人いるだろう。「アメリカの平和」と訳され、超大国アメリカの覇権による...
別窓で開く

いまできることは? 8億2800万人が飢えに苦しむ、世界的“食料危機”が加速中
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「食料危機」です。戦争により小麦の供給がままならず深刻な状況に。現在、世界的な食料危機に陥っています。紛争や気候変動、コロナ・パンデミック、そして価格高騰により世界で8億2800万人の人が飢え...
別窓で開く

実は日銀も量的引き締めに方向転換?株価はマザーズから崩れていく 利上げラッシュに世界の株価はどこまで耐えられるのか
金融市場にとってイベントの多い1週間だった。米FRBは利上げ継続で景気よりもインフレ退治の姿勢を鮮明にし、欧州ではスイス国立銀行(中央銀行)がマイナス金利を終了させた。世界が利上げに向かう局面で、金融政策決定会合を開いた日銀は大規模な金融緩和策を維持する方針を決めた一方、政府・日銀は24年ぶりとなる...
別窓で開く

旧共産圏も続々導入 なぜF-35は欧州を席巻? 次期「NATO標準戦闘機」ほぼ決まりか
チェコが2022年7月下旬、最新戦闘機としてF-35Aの導入を決めました。それ以外にもヨーロッパ各国でF-35Aを導入する動きが広がっています。なぜ各国はF-35Aを選ぶのか、そこには差し迫った危機感と高い相互運用性が関係していました。...
別窓で開く

今のウクライナとロシアの大学から日本の課題を考える全3回連載。第3回はロシアの大学の地位低下と、その状況を踏まえ、日本の大学の現状について話を進めます。研究の自由がなくなるとロシアにプーチン大統領が誕生してから、研究の統制が強まります。第1段階は、政府の方針に沿わない研究者や機関に少しずつ圧力をかけ...
別窓で開く

ウクライナ見捨てるか米共和党、トランプ再登板待つプーチン 1730億ドル支援と戦闘長期化に苛立ち、米国の威信毀損は二の次
ウクライナ関心度は80%から69%に低下 ロシア軍による無差別攻撃で破壊される町や村。殺害される市民。戦火を逃れて国外に避難する婦女子。 連日のように全世界に支援を訴えるウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。 この間まで米メディアがこれでもか、これでもかと映像を流していたウクライナ情勢。...
別窓で開く

習近平主席、2年8か月ぶりに海外訪問、中国の国際的影響力の回復が目標
中国の習近平国家主席が14日、新型コロナ発生後2年8か月ぶりに海外訪問する。長期政権が決まる来月16日の第20回共産党全国代表大会(党大会)を控え、習主席が国際的な影響力拡大に乗り出すとみられる。中国外交部の発表などを総合すると、習主席は14日にカザフスタンを訪問し、カザフスタンのカシムジョマルト・...
別窓で開く

新型コロナウイルス禍により、日本経済は大きなインパクトを被った。足もとでは、世界的な利上げ観測やロシアのウクライナ侵攻によって円安、インフレが進行し、予断を許さない状況が続く。こうした不確実性を乗り越え、経営を「進化」させていくために、企業はどんな指針を持つべきか。一橋大学大学院 経営管理研究科(一...
別窓で開く


[ ミック ウクライナ ] の関連キーワード

ニューヨーク ウクライナ nato アメリカ マザーズ
wto 共和党 ロシア