本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



リタ・モレノが『ワイスピ』10作目に出演
『ウエスト・サイド・ストーリー』で再び注目を集めたリタ・モレノが、『ワイルド・スピード』10作目に出演することになった。役柄は、ヴィン・ディーゼル演じるドムの祖母。ディーゼル、モレノ、ミシェル・ロドリゲスがインスタグラムで明らかにした。今作には、新たにジェイソン・モモア、ブリー・ラーソンらが出演する...
別窓で開く

ジェシカ・チャステインとピーター・サースガードが新作で共演
ジェシカ・チャステインとピーター・サースガードが次回作で共演することがわかった。タイトルは『Memory』。来月日本公開のメキシコ映画『ニューオーダ』のミシェル・フランコが監督する。ストーリーはわかっていないが、言語は英語。撮影は先週終了したとのことだ。『ニューオーダー』は、2020年のヴェネツィア...
別窓で開く

冨安健洋のバックアッパーになれるか? 代表初招集の伊藤洋輝に宮澤ミシェルが注目
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第253回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く

国連人権高等弁務官が17年ぶりに中国を訪問…「ジェノサイド」疑われる新疆を視察予定
国連人権高等弁務官のミシェル・バチェレ氏が23日、中国を訪問した。国連人権高等弁務官の訪中は2005年以来。同氏は訪問期間中、広州市と新疆ウイグル自治区を訪問する予定となっている。国連の公式SNSによると、バチェレ氏は中国政府の招待を受け、中国に6日間滞在する。...
別窓で開く

ノーベル賞も「塞翁が馬」。山中伸弥教授の半生が絵本になった。
 iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した、山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所)は、現在も不治の病を治すために研究を続けている。背景には、失敗や挫折に負けずに好奇心を持ち続けた姿勢があった。そんな山中教授の半生を描いた絵本が発売された。...
別窓で開く

トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する「本当の理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に反対する理由について解説した。...
別窓で開く

歴史家マルレーヌ・ラリュエルの『ファシズムとロシア』(翻訳:浜由樹子/東京堂出版)は、原題の“Is Russia Fascist?(ロシアはファシストか?)”のとおり、現在のロシアを「ファシズム」と定義できるかを論じている。この問題を考える前段として、ソ連崩壊後に、中東欧やバルト三国から提起された「...
別窓で開く

“カメ止め”竹原芳子、カンヌに降臨 リメイク版『キャメラを止めるな!』レッドカーペットに「ワクワク」
2018年に社会現象を巻き起こした映画『カメラを止めるな!』を『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督がリメークした『キャメラを止めるな!』が、第75回カンヌ国際映画祭にてオープニング作品としてプレミア上映され、オリジナル『カメ止め!』に続き無茶ぶりプロデューサー役を演じた竹原芳子も姿を見せ...
別窓で開く

竹原芳子「最高に幸せな瞬間」 『カメラを止めるな!』リメイク作『キャメラを止めるな!』カンヌ国際映画祭オープニングでプレミア上映
社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』をリメイクした『キャメラを止めるな!』が、日本時間5月18日早朝、第75回「カンヌ国際映画祭」にて、オープニング作品としてプレミア上映された。原作は2018年、熱狂的な口コミが日本列島を駆け巡り、観客動員数220万人・興行収入32億円を突破。...
別窓で開く

レアル・マドリードのCL決勝進出に宮澤ミシェル「予想だにしなかったよ!」
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第252回。現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したことや、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点で...
別窓で開く