本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型コロナを考慮…大連一方のベニテス監督が退任、プレミア復帰の可能性も
 ラファエル・ベニテス監督が23日、大連一方(中国スーパーリーグ)の指揮官を退任することを自身の公式サイト上で発表した。 これまでにリヴァプール、レアル・マドリード、チェルシーなど多くのビッククラブを率いてきたベニテス監督は、2019年7月に大連一方で指揮を執ることが決まった。...
別窓で開く

ジーコが熱望した鹿島加入のMFディエゴ・ピトゥカとは何者か? 一度は破談した移籍交渉がなぜ成立したのか——【現地発】
 昨年の8月、ブラジル全国リーグが始まったばかりの頃、サントスはボタフォゴ、コリチーバと共に最も弱いチームの一つと思われていた。財政的に困窮していて、選手の給料も滞りがち、若手中心でスター選手は皆無だったからだ。 下手すればB(2部)落ちの可能性もあると指摘されていたほどだ。だが、安定したプレーで徐...
別窓で開く

カカオ生産国を支援! SDGsの考えを取り入れた3ブランド
誰もが暮らしやすい世界に。そんな“SDGs”な考え方が、チョコレート界にも浸透中。おいしく食べることで地球規模のムーブメントにも参画できる、旬の3ブランドを紹介します。おいしいだけじゃない、「ちょっといい」チョコ。“SDGs”とは貧困や飢餓など、世界が抱える問題を解決するために設定された国際的な目標...
別窓で開く

メジャーを代表する長距離砲へとブレイク。殺人未遂で塀の中へ——日本人選手とトレードされたメジャーリーガーたちのその後
昨年12月29日、ダルビッシュ有がカブスからパドレスへトレードされた。昨オフは前田健太がドジャースからツインズへ移籍したので、これで2年続けて日本人選手のトレードが起きたことになる。 トレードの多さは、メジャーと日本プロ野球の大きな違いの一つだ。ダルビッシュがトレードされるのは、レンジャーズからドジ...
別窓で開く

男子バレー『NEXT4』の現在地。アイドルプレーヤーから本格派への着実な進化
低迷する男子バレーボールをイケメン選手で人気回復につなげようと、2015年4月に日本バレーボール協会(JVA)が大々的に売り出したのが「NEXT(ネクスト)4」。あれから5年9か月。2020年東京五輪は1年延期になり成長ぶりは披露できなかったが、当時、19歳から22歳までの石川祐希(25)、柳田将洋...
別窓で開く

「男子は弱い」は過去の話!W杯4位のバレー日本代表は石川祐希を軸に“トップ3“を目指す
2008年の北京五輪以来、3大会ぶりの出場を果たす男子バレー日本代表。12年のロンドン五輪で女子バレー日本代表が銅メダルを獲得したこともあり、常に「男子は弱い」とレッテルを張られ女子の陰に甘んじて来たが、2019年のワールドカップでは4位と大躍進を遂げた。...
別窓で開く

大切な人とお家で過ごすバレンタイン。パティスリー・サダハル・アオキ・パリからおすすめの新作ショコラがぞくぞく登場
パティスリー・サダハル・アオキ・パリでは新作や受賞作、過去の人気フレーバーが楽しめる新作ショコラアソート「AOKI 2021」や、バレンタイン限定のキュートなケーキを2020年1月14日より順次販売開始いたします。...
別窓で開く

成城石井のバイヤーに聞いた! 冬に食べたい至極のチョコレート6選
食楽web 冬になると、チョコレートの売上げが伸びると言います。あったかい紅茶やコーヒーと一緒にチョコレートをつまんでいると、徐々にほっこり体が温まる気がしますよね。 ただし、問題はどれを選ぶか、です。いまは有名なショコラティエが手がける専門店は言うに及ばず、コンビニやスーパーにも、そこそこレベルの...
別窓で開く

紅白戦でも敗戦を拒むジョーダン、サインを書く速さすら競うバード……“仲間同士”で激しく争ったドリームチームの競争心【NBA秘話・後編】
今やNBAの人気は世界中に及んでいるが、そのきっかけとなったのは1992年のバルセロナ五輪に出場したドリームチームだ。ダントツの実力を誇った“史上最高のバスケ軍団”は、全試合で30点以上の大差をつける圧勝劇で金メダルを手中にした。だが、彼らが余裕しゃくしゃくだったのは、試合が...
別窓で開く

セーブ王・スアレスの2年7億円での阪神残留に対する海外メディアの報道は?「MLB複数球団からの関心が高まっていたが…」
タイガースファンに一足早い“クリスマスプレゼント”が届いた。今季25セーブを記録して最多セーブを獲得したロベルト・スアレスが、阪神と2年675万ドル(約7億円)で契約に合意したと、『MLBネットワーク』のジョン・モロシ記者が報じている。...
別窓で開く