本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大迫勇也の怪我のため、オナイウ阿道がA代表追加招集!「F・マリノスの代表として、精いっぱい頑張ってきます」
 日本サッカー協会は6月6日、現在活動中の日本代表に横浜のFWオナイウ阿道を追加招集することを発表。理由は、今回の活動でキャプテンに任命されていたFW大迫勇也の怪我のためとしている。 大迫は、5日の練習でも別メニューで調整しており、6日の会見で森保一監督も「左足の内転筋に痛み」と説明。...
別窓で開く

「再び日本でプレーするかは分からない」ソフトバンクの主砲デスパイネが今季限りでの退団示唆!「精神的に疲れて…」
約7年に渡ってNPBを沸かせてきたキューバの怪物スラッガーが、今季限りで日本を去るかもしれない。【動画】打った瞬間の驚愕アーチ! ヤフオクドームを熱狂させたデスパイネの満塁弾はこちら 現地時間6月4日、キューバの専門メディア『Swing Completo』は、ソフトバンク・ホークスのアルフレド・デス...
別窓で開く

なぜパンデミックが続くブラジルでコパ・アメリカを開催するのか? メッシやカバーニも糾弾した「馬鹿げた決定」の舞台裏【現地発】
 5月30日の夜遅く、CONMBOL(南米サッカー連盟)は自身のSNSでこう発表した。「コパ・アメリカ2021はブラジルで開催が決定。世界最古の国際大会が大陸全てを熱くする!」 もともと今回のコパ・アメリカは、コロンビアとアルゼンチンで共同開催されるはずだった。しかし政情不安とコロナウイルスの流行か...
別窓で開く

最新FIFAランク、日本は変わらずアジアトップの28位。最終予選組分けへ注目のAFC上位国の顔ぶれは?
 FIFA(国際サッカー連盟)は5月27日、最新の世界ランキング(男子)を発表し、日本は前回と変わらず28位でアジアトップの座を守った。 全体の1位も前回と変わらずベルギーとなり、2位フランス以下も顔ぶれは変わらず、今回の唯一の変動は、98位のバーレーンと、日本が6月15日に対戦する99位のキルギス...
別窓で開く

まるでドカベンの“超遅球”!? エンジェルスを翻弄したツインズ捕手の46マイルボールが話題!「見事な出来だ」
10-3とエンジェルスの大幅リードで迎えた終盤、ツインズがマウンドに送ったのは「キャッチャー」だった。 現地時間4月16日、本拠地でツインズを迎え撃ったエンジェルスは、7回裏に一挙6点を奪うなど打線が爆発して10-3の大勝。見事に連敗をストップした。 アメリカン・リーグの西地区で目下首位を走るエンジ...
別窓で開く

元エンジェルスの名将ソーシアがアメリカ代表監督へ就任!金メダルを恩師ラソーダへ捧げられるか?
今月初旬、元エンジェルス監督のマイク・ソーシアが、アメリカ代表チームの監督に就任した。2000年から18年までエンジェルスで監督を務めたソーシアは、02年にワイルドカードから球団初のワールドシリーズ優勝を飾り、以降13年間(02〜14年)のポストシーズン進出は7度を数える。02年と09年は最優秀監督...
別窓で開く

最新のFIFAランキング発表…日本代表は1つ下がって28位、デンマークがトップ10復帰
 国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。 日本代表は3月30日に行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表に14−0の大勝を収めた。しかし、3月のW杯欧州予選で2勝1分の成績を収めたセルビア代表が大きく順位を上げた影響もあり、日...
別窓で開く

【アジア最前線:タイ #10】タイリーグの変化を象徴する新王者BGパトゥム・ユナイテッド
昇格組が独走の末にリーグ初制覇 コロナ禍の影響で1年以上にも及んだ今シーズンのタイリーグは、BGパトゥム・ユナイテッドのリーグ初制覇をもってようやく幕を閉じた。最終節でムアントン・ユナイテッドに敗れて無敗優勝こそ逃したものの、24勝5分け1敗。2位のブリーラム・ユナイテッドに勝ち点14差をつけての独...
別窓で開く

「日本人はあの負けをまだ…」オリックス助っ人ジョーンズが17年WBCと東京五輪への“本音”を吐露!
球史に残るスーパーキャッチだった。 遡ること約4年前に開催されたワールドベースボールクラシック(WBC)で、史上初の“世界制覇”に燃えていたアメリカは、勝者が準決勝に勝ち進む2次ラウンドの最終戦で強豪プエルトリコと対戦。その大一番で4-2と2点リードで迎えた7回だ。...
別窓で開く

「破滅的な敗北」3発快勝の日本代表に韓国メディアは白旗。ブラジルメディアは大迫をMVPに選出
3月25日、日本代表は韓国代表を日産スタジアムに迎えた国際親善試合で、3-0の快勝を収めた。 1万人の観客の前で行なわれた、2019年11月のベネズエラ戦以来となる国内での代表戦。日本は序盤から主導権を握り、16分に大迫勇也のアクロバティックなヒールパスで抜け出した山根視来が代表デビュー戦で初ゴール...
別窓で開く