本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今大会唯一の日本人審判員、山下良美さんが出場…「夢のまた夢の舞台」「責任強く感じる」
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本人として男女を通じて唯一審判員に選ばれたのが、山下良美審判員(36)だ。「本当に雲の上のような、夢のまた夢」という憧れを超えるほどの舞台に、日本を代表して臨んでいる。...
別窓で開く

見取り図・盛山のW杯優勝国予想は“ブラジル”「ネイマールからライン来た」
サッカーW杯カタール大会の全64試合を無料中継するABEMAが23日、東京・銀座の大型ナイトクラブ「RAISE」で日本のグループステージ第1戦(VSドイツ)のパブリックビューイングを開催した。キックオフ前には、お笑いコンビ・見取り図と、「ABEMA FIFA ワールドカップ サポーターイレブン」を務...
別窓で開く

日本のGL突破率は「78%」!米データ社が“番狂わせ”を受け上方修正も、ベスト8入りは「36%」【W杯】
FIFAカタール・ワールドカップ(W杯)では下剋上が起きており、米データ社も対応に追われているようだ。 現地時間11月22日、FIFAランキング51位のサウジアラビアが、強豪アルゼンチン(3位)を相手に大金星を挙げると、翌日には日本(同24位)が前々回王者のドイツ(同11位)を2-1で下した。...
別窓で開く

日本戦でドイツ代表が行なった“口を隠すポーズ”の意味は? DFBがFIFAの決定に強い抗議の意思を示す【W杯】
 現地時間11月23日に行なわれた、カタール・ワールドカップのグループE、ドイツ対日本の一戦。試合前に集合写真を撮影する場面で、ドイツ代表の選手たちは、手で口を覆うしぐさを見せた。 これとほぼ同時に、ドイツサッカー連盟(DFB)は公式HPならびにSNSを更新。国際サッカー連盟(FIFA)に改めて抗議...
別窓で開く

W杯ベルギー−カナダ戦の解説者が“途中交代”中西哲生氏、のどの不調を謝罪「本当に申し訳ありません」
 サッカー解説者・中西哲生氏(53)が24日、ABEMAで独占放送されたFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグF組「ベルギー−カナダ」戦の解説を担当するも“途中交代”するアクシデントに見舞われた。 前半に解説を務めた中西氏だったが、この日は小声で具合の悪そうな様子。...
別窓で開く

ベルギーがカナダ相手にしぶとく勝利…モロッコとクロアチアはドロー/グループF第1戦
FIFAワールドカップカタール2022のグループF第1戦が23日に行われた。 このグループF、先陣を切ったのはモロッコとクロアチア。2大会連続の出場となったモロッコは、かつて日本代表も率いたヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が、一部選手たちとの対立もあって大会前に退任。...
別窓で開く

名手クルトワ、開始早々のカナダのPKストップ
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会は23日、F組で前回3位のベルギー代表(世界ランキング2位)がカナダ代表(41位)に1−0で勝利し...
別窓で開く

スタンドのゴミ拾いで注目された「じゃんけんマン」…前回W杯でFIFAから届いた決勝戦への招待
 FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会のグループリーグE組で日本代表とドイツ代表が23日に対戦したドーハ郊外のハリファ国際競技場では試合後、「おなじみ」の光景が広がった。スタンドでごみ拾いをしていたのは日本人サポーターたち。4年前のロシア大会で世界の注目を集...
別窓で開く

遠藤航、父と磨いた1万回の「デュエル」…努力の天才「運命」のドイツ戦で貢献
 サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で23日、7大会連続7度目の出場となる日本代表はドーハでグループリーグE組の初戦に臨み、優勝4度の強豪ドイツ代表に2—1で逆転勝ちした。大会直前のリーグ戦での脳しんとうの影響で試合出場が危ぶまれていたMF遠藤航...
別窓で開く

角界のサッカーフリーク元横綱鶴竜親方「C.ロナウドの大ファン 最後の勇姿を見届けたい」
■元横綱 鶴竜親方(37歳 )(鶴竜親方(C)日刊ゲンダイ) 角界の頂点を極めた横綱にして、無類のサッカー好き。故郷モンゴルで見たブラジルのロナウドの勇姿に魅せられてサッカーにのめり込み、2014年ブラジルW杯では日本代表メンバーをほとんど的中させた。W杯の展望と優勝予想、そして日本代表への“提言”...
別窓で開く


[ ベルギ カタール ベルギ fifa ] の関連キーワード

クロアチア デュエル モロッコ ブラジル フリーク
ドイツ ベルギ カナダ dfb