本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アンフィールドでインパクト残せず…リヴァプールで期待外れに終わった6人のストライカー
14日、リヴァプールはベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得したことを発表した。変動制の移籍金は7500万ユーロ(約106億円)から最大で1億ユーロ(約141億円)という大型補強となったが、資金をつぎ込めば成功できるとは限らない。特にストライカーにおいては、何人もの選手がアンフィ...
別窓で開く

『ゴールデンボーイ賞』の候補者100人が発表! バルサとドルトムントから5選手
イタリア紙『トゥットスポルト』は15日、ゴールデンボーイ賞の候補者100人を発表した。 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(当時バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞し...
別窓で開く

「意味わからん位うまい」ラムジーのダブルタッチ→ノールックアシストにファン衝撃!「最近見た中で一番しびれた」
 現地6月11日に開催されたUEFAネーションズリーグのリーグAグループ4第3節ベルギー戦で、ウェールズ代表のMFアーロン・ラムジーがマークしたアシストが、反響を呼んでいる。 0—1の1点ビハインドで迎えた86分だった。敵ゴール前の中央のスペースに走り込んだラムジーは、やや前方に流れたパスをスライデ...
別窓で開く

今夏の移籍市場でプレミアリーグのクラブが獲得するかもしれない20選手
今年もまたこの季節がやってきた。欧州の各クラブが今シーズンを振り返り、新シーズンに向けてどのようにチームを再編成するか計画を練り始めている。そんな夏の移籍市場において、潤沢な資金を誇るプレミアリーグのクラブが獲得するかもしれない20選手を、イギリス紙『テレグラフ』が紹介している。...
別窓で開く

戦車は走るよ将来も! 決して終わっていない「陸の王者」の欧米における開発の現状
長年、議論が交わされてきた「戦車不要論」が、ウクライナ情勢を受けにわかに勢いづいています。確かにロシアを除く欧米では、ここしばらく「新顔」が見られません。その次世代戦車の開発状況を概観します。戦車は淘汰されゆく運命なのか? 欧米における「次の戦車」の、開発状況はどうなっているのでしょうか。...
別窓で開く

蘭王者アヤックス、レアルの優勝でポット1に…来季CL本戦出場チーム一覧
2021−22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝が28日に行われ、リヴァプールを1−0で下したレアル・マドリードが4年ぶり14回目となる優勝を果たした。この結果、アヤックスが22−23シーズンのCLグループステージ組み合わせ抽選会でポット1となることが決定した。...
別窓で開く

カナダ代表、イランとの親善試合の中止を発表。2年前のウクライナ機墜落を巡り国内から批判続出。「嫌悪感」「遺族が苦しんでいるのに…」
 カナダ・サッカー協会は5月26日、来月5日にバンクーバーで開催が予定されていたカナダ代表対イラン代表のフレンドリーマッチを中止にすることを発表した。 英公共放送『BBC』などが報じたところによれば、2020年1月にウクライナ国際航空752便が、イラン軍の傘下にあるイスラム革命防衛隊のミサイルによっ...
別窓で開く

マンCのウクライナ代表ジンチェンコ、「このタイトルをウクライナに」…サポートへの感謝も語る
22日にプレミアリーグ最終節が行われ、マンチェスター・Cがアストン・ヴィラを3−2で下し、2シーズン連続8度目のリーグ制覇を成し遂げた。試合後、マンチェスター・Cに所属するウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、優勝の喜びと周囲のサポートへの感謝を語った。22日、イギリス紙『デイリー・メー...
別窓で開く

ウェールズが6月の代表メンバー発表…延期の欧州予選PO決勝&UNLの4試合
ウェールズサッカー協会(FAW)は19日、6月の代表戦に臨むウェールズ代表のメンバーを発表した。 ウェールズ代表は6月5日、延期となっていたFIFAワールドカップカタール2022欧州予選プレーオフ決勝で、スコットランド代表vsウクライナ代表の勝者と対戦する。...
別窓で開く

機動性バツグン! フランス製トラック型自走砲「カエサル」 ベルギーが購入へ
一部報道だとベルギーはM109自走砲をウクライナへ供与したとか。ベルギーへの納入は2027年予定 ベルギー国防省は2022年5月13日、フランス製の装輪式155mm自走砲「カエサル」を9両調達することを決め、政府間協定を結んたと発表しました。...
別窓で開く