本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「アルテタ体制の象徴」と目される冨安健洋。アーセナル専門サイトはリーグ開幕までの復帰に懐疑的な見方
アーセナルは現地時間7月23日にチェルシー相手に4-0の大勝を飾り、今オフの親善試合はここまで5戦全勝を飾っている。 昨季はあと一歩のところで叶わなかったチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権の獲得に向けて順調に調整を進めているように見える「ガナーズ」だが、その一方で昨季に加入し、すぐに不動の右SBと...
別窓で開く

会社も仕事もやめて旅に出ようぜ! 日本・中国からアフリカ大陸まで陸路で行ってみた結果
会社に行きたくない。仕事したくない。ならば仕事をしに行かなくていいのではないでしょうか。辞めたいなら辞めてしまってよいと思います。自分が常識なのです。自分を信じて、自分を大切にすることは大切です。会社を辞めて、旅に出るのもアリ。イタリア〜チュニジアは船を使用日本から旅立ち、約1か月かけて中国からアフ...
別窓で開く

マンC、米ツアー帯同メンバーを発表…ギュンドアンやフォーデンら主力4選手が不参加
マンチェスター・Cは16日、アメリカで行われるプレシーズンツアーに帯同するメンバー26人を発表した。 マンチェスター・Cは今夏、アメリカでプレシーズンツアーを実施。21日にクラブ・アメリカ(メキシコ)、24日にバイエルンとの対戦を予定しており、7月31日のリヴァプールとのコミュニティ・シールド、8月...
別窓で開く

R・マドリーに見る、補強で大枚をはたく意味。アザールやヨビッチら失敗例もあるが…
 ラ・リーガ王者に返り咲き。14回目の欧州王者も戴冠したレアル・マドリーは、ライバルのFCバルセロナと比べて、補強面でうまくいっているように映る。  バルサはここ数年で獲得した選手の大半が振っていない。それは遠回しな言い方で、ひどい表現をすれば「失敗」「ごく潰し」「役立たず」ばかり。...
別窓で開く

【孤高のサムライ戦記|森岡亮太】「ずっと留まっている。どうすれば上に行けるか」抱えるジレンマと30代への希望
 日本を離れ、海外に活躍の場を求めて戦い抜く——己の信念を貫き、独自のキャリアを刻むサムライの生き様をディープに掘り下げる。ベルギーで5年目を迎えた31歳の森岡亮太は今、何を想いながら新シーズンを迎えようとしているのか。——◆——◆—— 日本代表のエースナンバーを背負う南野拓実がモナコに新天地を求め...
別窓で開く

オリジ、新天地ミランについて言及「歴史を刻んでいる」…新シーズンへの意気込みも語る
今夏にミランに加入したベルギー代表FWディヴォック・オリジが、新シーズンに向けた意気込みやクラブの印象について語った。7日、ミランの公式サイトがコメントを伝えている。 2021−22シーズン限りでリヴァプールとの契約が満了となり、今夏にセリエA王者のミランに新天地を求めたオリジ。...
別窓で開く

張本智和、伊藤美誠らが出場 2022年世界卓球成都大会の出場国が発表
WTT(World Table Tennis)は22日、2022年9月末に開幕する世界卓球選手権成都大会の出場国を公開した。男女各40か国が出場2022年世界選手権成都大会は、男女各40か国が出場する国別の対抗戦となっている。22日に発表されたリストには、東京五輪で金メダルを獲得したホスト国の中国や...
別窓で開く

元伊代表&元ローマのトンマージが故郷ヴェローナの市長に当選! 政界進出を果たした世界のサッカー選手の顔ぶれは?
現役時代はローマの他、国内外のクラブを渡り歩いた元イタリア代表MFのダミアーノ・トンマージが、故郷であるヴェネト州ヴェローナの市長に選出された。 イタリアのスポーツ紙『Gazzetta dello Sport』によれば、48歳のトンマージは無所属ながら、民主党(PD)を中心とした中道左派連合の公認を...
別窓で開く

捕虜からの脱走、兵士の実体験、人種差別…。見ておきたい戦争映画3選
ロシアによるウクライナ侵攻が続き、ニュースなどで現場の状況をみられる現在、戦争を身近に感じている若者も多いのではないだろうか。ここでは、『ナチス映画史 -ヒトラーと戦争はどう描かれてきたのか-』(小社刊)を6月8日に出版したばかりの馬庭教二氏に、紙数の都合で掲載できなかった戦争映画3作を紹介してもら...
別窓で開く

プーチンと習近平 2人を結び付ける「源泉」はどこにあるのか
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が6月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後連載される週刊誌の企画を通して「ポストウクライナ戦争」について解説した。...
別窓で開く


[ ベルギ ウクライナ ] の関連キーワード

アフリカ アルテタ ローマ