本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



波乱なし、唯一の“新入生”、PK戦は下馬評通り?…ワールドカップのベスト16を総括
日本は「新しい景色」に届かなかったが、ワールドカップのベスト16では新たな記録がいくつも生まれた。それではベスト16の8試合を振り返っていこう。[写真]=Getty Images■波乱なき16強 ベスト16は大きな波乱が起こらない“凪状態”だったと振り返ることができる。グループステージを首位通過した...
別窓で開く

「悲惨」「史上最悪」と酷評された日本、指揮官強弁のスペインはまさかの全員失敗… PK戦の各国の戦績は?【W杯】
カタール・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、日本代表はクロアチア代表と120分間の激闘の末に1-1で引き分け、次ラウンド進出を懸けたPK戦では1-3で敗れて、目標のベスト8には手が届かなかった。...
別窓で開く

ブラジル&ポルトガル敗戦でグループステージ全勝チームは無し…米大会以来28年ぶり、32カ国制では初
FIFAワールドカップにて、グループステージ3連勝チームが不在になるのは28年ぶりのようだ。3日、データサイト『OptaJoe』が伝えている。 FIFAワールドカップカタール2022のグループステージ最終日が2日に開催され、この日はグループGとHのチームが出場。Gではブラジル代表、Hではポルトガル代...
別窓で開く

懸念和らげた波乱の連続=次回48チームに拡大—W杯サッカー
 【ドーハ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)が32チーム制で行われるのは今回が最後で、2026年大会から出場枠が48に拡大する。 次回の1次リーグは3チームずつ16組に分かれ、各組上位2チームが決勝トーナメントへ進む。競技レベルの低い国や地域が参加することで一方的な試合が多くなり、大会の価値を下...
別窓で開く

カミラ王妃、世界各国の王妃やファーストレディを招いたレセプションを開催
カミラ王妃(75)がバッキンガム宮殿で、世界各国の王妃やファーストレディを含むおよそ300人のゲストを招いたレセプションパーティを開催した。この日、王妃が主催したのは女性に対する暴力撲滅活動を広めるためのイベントだ。白いドレスで現れた王妃は「女性に対する暴力の世界的パンデミックと呼ばれるものに、正し...
別窓で開く

勝ち組企業はどこ?...ダイヤモンド「高年収企業」、東洋経済「総孤独社会」、エコノミスト「半導体」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■平均年収が高い上場企業は?2022年11月21日発売の「週刊ダイヤモンド」(2022年...
別窓で開く

「4年たっても彼らの精神は衰えない」日本人サポのごみ拾い、前回W杯から変わらぬ姿に海外メディアも感動!
現地時間11月20日、カタール・ワールドカップ(W杯)が開幕を迎えた。初日は、開催国の初出場カタールと2大会ぶりの出場となったエクアドルが対戦。カタールはW杯史上初となる開催国初戦黒星を喫した。 この開幕戦の試合後、世界中を最も魅了したのは、なんとアル・バイト・スタジアムのゴミを拾う日本人サポーター...
別窓で開く

カタールW杯の大きな損失… 各国メディアが不在を惜しんだスターたちの顔ぶれは!?
間もなく開幕するカタール・ワールドカップ。世界中の選び抜かれた32か国の代表チームが集う最高峰の舞台だが、最高の技を披露する個々の選手にも多くの注目が集まる。 すでに完成したビッグネーム、注目のスター候補、そして無名の選手のブレイクなど、計832人の選手への興味は様々だが、残念ながらこの対象に加わる...
別窓で開く

スロバキアも「レオパルト2」ユーザーに! 代わりに中古の戦闘車両をウクライナへ放出
NATO標準戦車としての地位は盤石ですね。2022年末から約1年で引き渡し完了の予定 ドイツに本社を置く兵器メーカーのラインメタルは2022年11月16日、ドイツ製の中古兵器をスロバキアに供与することに関して、両国政府が合意したと発表しました。 前日の15日にはベルギーの首都ブリュッセルにおいて、両...
別窓で開く

自宅の窓から見えるのは「いつものかんじで」ゾウにピラミッド。日本は...?
シェアするのは、自宅の窓からの風景を写した写真1枚。そして、その状況を説明するコメント、たったこれだけ。人や食べ物は入れず、ただ自宅の窓からの眺めを写すのが投稿ルール。そんなサイト「VIEW FROM MY WINDOW(VFMW)」を見たことはあるだろうか。...
別窓で開く