本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「野球界で最もダイナミックな2人」を擁するも…エンジェルスの弱さに米メディア苦言! 大谷翔平&トラウト以外の駒不足をズバリ指摘
大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンジェルスは現地時間13日、敵地でクリーブランド・インディアンスと対戦し、1対3で敗れ3連敗を喫した。大谷翔平は「3番・指名打者」で先発出場したものの、3試合ぶりの無安打に終わった。また、7試合連続本塁打を放っている主砲、マイク・トラウトも3打数無安打1四球で、8試...
別窓で開く

彼の本命になるための“アクセサリー作法”
 ある統計によれば、恋愛したくなる人がいちばん多いのは冬なんだそう。だからこそ、「彼氏が欲しい……」「今の彼と結婚したい……」という人は、より魅力的な女性になって秋冬のゴージャスな恋愛シーズンに備えたいですね。そこで、ワンランク上の女性に見せるための“アクセサリー作法”についてまとめてみました。...
別窓で開く

【名馬列伝】並み居るエリート血統馬を打ち破った?マイナー種牡馬”の仔、セイウンスカイが放った檜舞台での輝き
ある高名なブリーディングオーナーが言ったことがある。「結局、種牡馬が成功するか失敗するかは、やってみないと分からない」 たとえば、1996年に英ダービー、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞(いずれもG1)を制して”奇跡の馬””神の馬&rdq...
別窓で開く

球団記録に並ぶ1試合2発を記録した大谷翔平を米メディアが絶賛「彼がプレーする限り、ショーは続き、MVPもあり得る」
「1試合2発」の余韻は今も冷め切らないままだ。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、現地時間9月5日のデトロイト・タイガース戦で記録した2本のホームランは、これまで以上に特大のインパクトを放った。10対0での快勝にも貢献し、さらにもう一人の主砲、マイク・トラウトとのアベック弾というシチュエーショ...
別窓で開く

大谷翔平、今オフのメッツ移籍が有力? 米メディアが強調する元エ軍GMとの関係性とは!?「両者は強い絆で結ばれている」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地時間9日、セントルイス・カージナルス戦に先発登板し、メジャーでは自身初の10勝目を挙げた。「2番・DH兼投手」で出場した大谷は、6回を無失点に抑え、打者としても25号本塁打を放つなど投打で活躍。チームの5対1での勝利に大きく貢献した。...
別窓で開く

【名馬列伝】奥深き血統的背景を持つスペシャルウィークが、武豊に悲願の称号を贈るまで<前編>
武豊に初めてダービー・ジョッキーの称号を贈った馬。 1990年代後半の競馬界をリードした1頭、スペシャルウィークに冠せられることが多いこのキャッチフレーズだが、彼はその枠に収まり切らない、奥深い血統的背景やストーリー性を持った馬だった。 父のサンデーサイレンスについては、もはや説明を必要としないだろ...
別窓で開く

フランスGPで決勝8番手へ食い込んだ角田裕毅。アップデート効果は「ピットレーン出口ですでに感じられた」と好感触
F1第12戦のフランス・グランプリは7月23日に予選が行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は今季3度目のQ3進出を果たし、8番手のグリッドを手にした。 初日に好感触を掴んだ角田は、フリー走行3回目で19周を走行して全体の10番手となる1分33秒751というベストタイムを計測。...
別窓で開く

角田裕毅、フランスGP初日で14番手も好感触! 満を持してのアップデートにチーム首脳は自信「大きな前進を遂げるレースだ」
7月22日、F1第12戦のフランス・グランプリが開幕し、2度のフリー走行(FP)が行なわれた。【関連記事】角田裕毅、アウトラップ中のガスリーの追い抜きでタイヤを温められず!? 失意のQ2敗退で苛立ちを露わに…専門サイトは「また無線で欲求不満を解消」 アルファタウリはピエール・ガスリーの...
別窓で開く

「予測不可能な状態」の角田裕毅、オーストリアGP決勝も“苦戦必至”。「機能しなければチームを去る」とトスト代表は苦言
F1第11戦のオーストリア・グランプリは7月9日にスプリントが行なわれ、アルファタウリの角田裕毅は予選から3つ順位を落としての17番手に終わった。...
別窓で開く

【F1】角田裕毅に「3度目のしくじりは避けるべき」と専門メディア。レッドブルによる「心理面改善」着手も話題に
F1はイギリス・グランプリに続く2週連続開催となり、次のオーストリアGPは同国のレッドブル・リンクで開催される。 先週のシルバーストーンでのレース、ポイント圏内を走りながらも、チームメイトであるピエール・ガスリーとの“同士討ち”で14位に終わったアルファタウリの角田裕毅。...
別窓で開く


[ ヘイロ ] の関連キーワード

オーストリア フランス トラウト メッツ