本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



妻でも母でもない、私が私でいられる場所がほしい! 「その気持ちわかる」が見つかる短編集
 がんを宣告された40歳の女性と、ピンク頭のホストとの奇妙な関係を描いた『余命一年、男をかう』で大注目の吉川トリコさん。同作は2022年6月、第28回島清恋愛文学賞を受賞。コミカライズもされている。 吉川さんの新刊『流れる星をつかまえに』(ポプラ社)は、LGBT・人種・血縁などの多様性を明るくエネル...
別窓で開く

LGBT、人種、血縁...。吉川トリコが多様性を描き切った最新作。
『余命一年、男をかう』で第28回島清恋愛文学賞を受賞するなど、いま注目の吉川トリコさん。2022年8月10日に最新作『流れる星をつかまえに』(ポプラ社)が刊行された。本書は、多様性を描き切った連作短編集。女性をテーマに描き続けてきた吉川さんが、多様性について書き、生きづらさを抱えた人たちに光を当てた...
別窓で開く

上品なきらめき。この秋使いたいジルスチュアートの新作アイテムを紹介!
「ジルスチュアート ビューティ」は8月5日、目もとにダイヤモンドのようなまばゆい輝きを与えるアイカラー&アイライナー「アイダイヤモンド グリマー」全5色うち限定1色をメインとしたフォールコレクションを発売します。...
別窓で開く

まるでゲームのステージだ...! 雨の日に見下ろす名古屋駅の圧倒的存在感
「雨の日の名駅、神羅ビルっぽくてめっちゃ好き」そんなコメントと共に、1枚の写真がツイッター上に投稿された。神羅ビルとはファイナルファンタジー7に登場する巨大ビル。雨の日の名古屋駅は一体、どんな姿なのかと言うと......。こちらはツイッターユーザーの原(@harahara_kun)さんが2022年7...
別窓で開く

背筋がゾっ! 怖いけれど美しい「和のあかり×百段階段 2022」
外に出ると「暑い……」としか言葉が出ないほど、暑さが厳しい今年の夏。美しい和のあかりに魅了されつつ、背筋が凍るちょっぴり怖い体験ができる企画展がホテル雅叙園東京の東京都指定有形文化財「百段階段」で開催中です。階段を上れば上るほど闇が深まり、なんだかヒヤッとしてくるような……!? 妖艶な闇と光を楽しむ...
別窓で開く

反体制派リーダーとしてロシアで服役中! 「プーチンが最も恐れる男」ナワリヌイとは何者か
プーチン大統領の暴走を止めるのは、ウクライナの必死の抵抗か、大国の介入か。ただ、ロシア国民によるプーチン追放の可能性は、あまり語られていない。そんななか、同国の反体制派のリーダー、ナワリヌイを追ったドキュメンタリー映画が日本で封切られた。この映画で見えてくるのは、独裁体制と戦うことの苦難だ。...
別窓で開く

石油・天然ガス事業「サハリン2」、ロシアが「接収」...強硬策に追い詰められた日本
「複数国による非友好的な行為に対する特別経済措置」2022年6月30日、ロシアのプーチン大統領が署名した一本の大統領令が日本のエネルギー関係者に衝撃を広げている。■サハリン2の代替調達先の確保、難しい実情大統領令はロシア極東サハリンで進む石油・天然ガス事業「サハリン2」について、現在の運営会社が保有...
別窓で開く

<ホラー映画ナビ特別編>夏ホラーが大豊作! パニック・殺人鬼・サメ・心霊まで一挙紹介!
今年の夏は、なぜかうれしいほどにホラー映画が大豊作! 製作国も多彩なら、趣向もさまざま。7月封切りだけでもR18+の血まみれ感染パニックに、史上最高齢の殺人鬼夫婦、死者の電話怪談もあれば、本格土着心霊譚も。さらには超・鬼畜問題作のリバイバル、おなじみサメ映画まで、バラエティ豊かな作品が勢ぞろい。...
別窓で開く

チェルシー、“女帝”グラノフスカヤ氏の退団も決定…敏腕ディレクターとして活躍
チェルシーは22日、取締役会およびそのほかの経営陣が交代したことをクラブ公式サイトで発表。これに伴い、マリーナ・グラノフスカヤ氏が取締役の座から退くことも決定した。 ロシア系カナダ人のグラノフスカヤ氏は1997年にモスクワ州大学を卒業し、1997年にロマン・アブラモヴィッチ氏が所有していた石油会社シ...
別窓で開く

バック会長に続いて…チェルシーのチーム編成を担当するグラノフスカヤ氏も退任か
チェルシーの経営幹部を務めるマリーナ・グラノフスカヤ氏が、今月30日をもってチェルシーを去るようだ。20日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。 同日チェルシーはブルース・バック会長が今月末で退任し、今後はシニアアドバイザーとしてクラブをサポートすると公式声明を発表したばかり。...
別窓で開く