本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『飯田浩司のOK! Cozy up!』イベント 有料配信視聴、世界20カ国超え!
ニッポン放送で平日朝6時から放送中の『飯田浩司のOK! Cozy up!』の番組イベント、「激論!有楽町サミット」が2023年6月25日(日)に東京国際フォーラム・ホールAで開催された。会場チケット完売となったこのイベントは、番組のPodcast、YouTube配信が世界各国で聴かれている現状を踏ま...
別窓で開く

プーチン氏、反乱・撤収のブリゴジン氏と「3時間面会」のナゾ(ZIP!)
ロシアのプーチン大統領と民間軍事会社ワグネル創設者のブリゴジン氏が先月29日に「3時間」面会していたことを、ロシア大統領府の報道官は10日(2023年7月)明らかにした。ブリゴジン氏のその後の動きなど、なぞが少なくない。11日の「ZIP!」が伝えた。■ワグネル側「祖国のために戦い続ける用意がある」ペ...
別窓で開く

メタのSNS「スレッズ」は、「ツイッター」の王座を奪うのか? 英メディアが太鼓判を押す、ザッカーバーグ氏の「実績」とは(井津川倫子)
フェイスブックを運営する米SNS大手メタが、新しい投稿サービス「Threads」(スレッズ)」を始めることが明らかになり、衝撃が走っています。英語や日本語など30以上の言語に対応する新サービスは、見た目も機能も「ツイッター」にそっくり。...
別窓で開く

“プリゴジンの乱”背景に、ルカシェンコ大統領のプーチン大統領への「恨み」 専門家が解説
7月3日(月)、辛坊治郎がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に筑波大学・中村逸郎名誉教授がゲスト出演。「プリゴジンの乱」の背景に、ベラルーシ・ルカシェンコ大統領によるロシア・プーチン大統領への積年の恨みがあると述べた。...
別窓で開く

「ルカシェンコ大統領の罠に、プーチン大統領は引っかかった」専門家が解説 戦術核配備に「プリコジンの乱」
ロシア情勢に詳しい筑波大学名誉教授、中村逸郎氏が7月3日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ロシア戦術核兵器のベラルーシ配備や、武装反乱を起こしたロシア民間軍事会社「ワグネル」を率いるプリゴジン氏らのベラルーシ受け入れについて、「(ベラルーシの)ルカシェンコ大統...
別窓で開く

プリゴジン氏との対立 「危ないのはプーチン大統領のほうだ」専門家が指摘
ロシア情勢に詳しい筑波大学名誉教授、中村逸郎氏が7月3日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ロシアの民間軍事会社「ワグネル」の創始者、プリゴジン氏とプーチン大統領の対立を巡り、「危ないのはプーチン大統領のほうだ。暗殺の危険がある」と指摘した。...
別窓で開く

「ワグネルの乱」が起きてもプーチン政権は崩壊しない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ワグネルの乱によって少なからず混乱したプーチン政権について解説した。...
別窓で開く

これがロシア版「アメリカンドリーム」!? ホットドック屋台からプーチンを「パパ」と呼ぶまでに上り詰め...海外メディアの「プリゴジン評」(井津川倫子)
反乱を企てたロシアの民間軍事会社ワグネルの創設者エフゲニー・プリゴジン氏の進路に、世界中の注目が集まっています。軍を率いてモスクワのわずか200キロまで迫り、世間を震撼とさせた後、突然のベラルーシへの亡命。消息不明説や暗殺説も流れるほどでしたが、報道によると、どうやらベラルーシに到着しているようです...
別窓で開く

「ワグネルの乱」で見えたプーチン政権の「弱さ」と「強さ」
二松学舎大学国際政治経済学部・准教授の合六強氏が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアにおけるプーチン体制の現状、また、日本とNATOの今後の関係について解説した。...
別窓で開く

「ワグネル活動費、全額国費」とプーチン大統領明かす 「それ言う!?」辛坊治郎が驚き
辛坊治郎が6月28日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。ロシアのプーチン大統領が27日、民間軍事会社ワグネルの活動費について「全額国費で支払われていた」と明かしたことについて、「えっ、それ言う!?」と驚きを示した。...
別窓で開く