本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ブルックス ブラザーズ表参道が1周年。人気の「シャツ ラボ」では限定刺?サービスも登場
ブルックス ブラザーズ 公式サイト:www.brooksbrothers.co.jp この秋、9月4日にオープン1周年を迎えるブルックス ブラザーズ 表参道。昨年8月末に惜しまれつつクローズした日本一号店である青山店に代わる、新たなランドマークとしてオープンし、ガラス張りのモダンな外観や数々のポップ...
別窓で開く

ブルックス ブラザーズが eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANとコラボ。ミリタリーテイストを絶妙にミックス
ブルックス ブラザーズ 公式サイト:www.brooksbrothers.co.jp 1818年の創業以来、200年以上の歴史を持つブルックス ブラザーズが、今シーズンも引き続き「eYe COMME des GAR?ONS JUNYA WATANABE MAN」とコラボレーションしたアイテムを発売し...
別窓で開く

八村塁の来季の起用法は?選手層が厚くなったウィザーズで「ルイの役割は変わらない」とGMが先発起用を予想<DUNKSHOOT>
現地時間8月13日、ワシントン・ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)が会見を行ない、チームの今オフの動きと来季展望について語った。 ウィザーズはドラフト前にロサンゼルス・レイカーズとのトレードが合意に達し、最終的に5チーム間の大型トレードに発展。...
別窓で開く

子供向け風SFスプラッター『サイコ・ゴアマン』監督インタビュー 「10歳の自分が観たらすごく気に入る映画」[ホラー通信]
特撮番組を彷彿とさせる“子供向け”要素と、スプラッターをかけ合わせた異色のSFスプラッター『サイコ・ゴアマン』が7月30日より公開される。本作は、破壊と殺戮を繰り返してきた“残虐宇宙人”が、ひょんなことから8歳の少女に絶対服従せざるを得なくなるというストーリー。...
別窓で開く

「誰がNFLのオオタニに?」大谷翔平の“二刀流フィーバー”がアメフト界にも波及「スポーツ界に影響を与えている」
アメリカンスポーツにおいて“二刀流”が話題となっている。【動画】本塁打争い独走中!大谷翔平が放った“特大の33号”をチェック 開幕から出色のパフォーマンスを続ける大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。打ってはここまで両リーグ断トツの33本塁打に加え、...
別窓で開く

消えない傷を負ったモスクワ五輪の“幻のアメリカ代表”「スポーツと政治は無関係」の理念が踏みにじられる大会に【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
新型コロナウイルスの蔓延で2020年に開催予定だった東京五輪は1年後に延期となったが、過去には政治的な問題で大会に出場できなかった悲運の選手たちもいた。1980年、モスクワ五輪の“幻のアメリカ代表”。メンバーの1人が「今も傷は癒えていない」と語ったように、彼らは他国同士の無関...
別窓で開く

“特撮”愛あふれるSFスプラッター『サイコ・ゴアマン』本編映像 死体風呂やサイボーグ剣士など宇宙怪人がお目見え[ホラー通信]
カナダの過激映像集団「アストロン6」のメンバーで、『マンボーグ』『ザ・ヴォイド 変異世界』を手掛けたスティーブン・コスタンスキ監督の最新作『サイコ・ゴアマン』が7月30日より公開。監督の“特撮”への愛がにじみ出ている本編映像が初解禁となった。恐るべき“残虐宇宙人”=サイコ・ゴアマンが、ひょんなことか...
別窓で開く

カナダ、ギリシャ、トルコ…東京オリンピック最後の出場枠を掴むのは?【最終予選プレビュー|PART. 1】<DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、セルビアのベオグラード、クロアチアのスプリト、そしてリトアニアのカウナスの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

マーベリックスを13シーズン指揮したカーライルが退任。今夏は7チームのHCの座が空席に<DUNKSHOOT>
6月17日(日本時間18日)ダラス・マーベリックスはリック・カーライル・ヘッドコーチ(HC)の退任を発表した。チームは前日にゼネラルマネージャーのドニー・ネルソンの辞任を発表したばかりだった。 カーライルは「(チームオーナーの)マーク・キューバンと数回にわたって話し合いを行ない、本日彼にHCとしてチ...
別窓で開く

【八村塁2020-21シーズン総括】日本人初のプレーオフ出場。「大きな一歩」となったNBA2年目|後編<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズに所属する八村塁は、6月2日(日本時間3日、日付は以下同)にNBA2年目のシーズンを戦い終えた。そこで日本の至宝の2020-21シーズンをプレーバックする。後編は3月のオールスター明けから、日本人初出場を果たしたプレーオフまでを一挙に振り返る。...
別窓で開く