本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「大谷のトレード価値は今後下落するだろう」現地メディアがエンジェルスを夏の移籍市場の“負け組”に挙げる理由<SLUGGER>
メジャーリーグは現地時間8月2日、トレード期限を迎え、超大物ホアン・ソトがナショナルズからパドレスへ移籍するなど戦力図が大きく変わった。ア・リーグ西地区4位に低迷するエンジェルスは、2023年終了後にFAとなる大谷翔平を放出しなかったものの、代わりに守護神のライセル・イグレシアスら複数の主力選手をト...
別窓で開く

大谷翔平の残留は「野球的に最悪」? 米メディアが話題となったエンジェルスの決断を辛辣分析「ビジネス的には良い」
現地時間8月2日のトレード・デッドラインまでに、ロサンゼルス・エンジェルスは小さくない動きを見せた。 ノア・シンダーガードをフィリーズ、昨オフに延長契約を結んだばかりの守護神ライセル・イグレシアスをブレーブスへ放出。そして将来が期待されてきた若手外野手ブランドン・マーシュをシンダーガードとは別の交渉...
別窓で開く

【トレード・デッドライン総まとめ|ナ・リーグ】パドレスが若手最強打者ソトと最強守護神をゲット!ブレーブスはじめ東地区3球団も積極補強に動く<SLUGGER>
現地8月2日、メジャーリーグはトレード・デッドラインを迎え、例年通り、締め切り直前になって数々の大物が動く激しい1日となった。果たしてどの選手がどのチームへ移籍したのか、主な動きをまとめていこう。...
別窓で開く

【トレード・デッドライン総まとめ|ア・リーグ】大谷翔平を逃したヤンキースは投打にバランスの取れた補強を展開! マリナーズは大物先発投手の獲得に成功 <SLUGGER>
現地8月2日、メジャーリーグはトレード・デッドラインを迎え、例年通り、締め切り直前になって数々の大物が動く激しい1日となった。果たしてどの選手がどのチームへ移籍したのか、主な動きをまとめていこう。...
別窓で開く

「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ナ・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から、大谷との「マッチ度」を検証する。...
別窓で開く

ブルージェイズはずばり世界一、エンジェルスはワイルドカードが精一杯?日本人選手所属チームの「リアルな目標」<SLUGGER>
いよいよ2022年のMLBが幕を開ける。日本人選手が所属するチームの今季の「現実的な目標」は一体どのあたりなのか。トミー・ジョン手術で今季全休が濃厚な前田健太(ツインズ)、40人枠から外れた有原航平(レンジャーズ)を除く7人の所属チームの戦力状況を確認しておこう。...
別窓で開く

トラウト復活以上のキーマンは剛腕!? エンジェルスがプレーオフに進出するための「5つの条件」とは<SLUGGER>
いよいよ2022年のシーズンが始まる。大谷翔平が所属するエンジェルスは6年連続負け越し中。今季こそプレーオフ進出を果たすためには一体何が必要なのか。「5つの条件」を考えてみた。●1:“雷神”シンダーガードが健康に過ごせるか 昨季、怪我に泣かされたマイク・トラウトとアンソニー・...
別窓で開く

QO申請が締め切り!トミー・ジョン手術明けの2投手が受けた一方で、ドジャースの“英雄”カーショウにオファーが出されなかった理由
現地時間11月7日、MLBではクオリファイング・オファー(QO)の提示期限を迎え、今年は計14人がQOの提示を受けた。 QOとは今オフFAとなる選手に対して、所属球団が来季限りの1年契約で残留を申請することができる制度。提示金額はMLBの年俸上位125選手の平均と決められており、今年は1840万ドル...
別窓で開く

ア・リーグMVPは大谷で決まりだが…混迷するナ・リーグMVPと両リーグのサイ・ヤング賞争い<SLUGGER>
レギュラーシーズン終了まで1か月を切った。どのチームがポストシーズンへ進むのかとともに、どの選手がMVPやサイ・ヤング賞を受賞するのかも少しずつ見え始めてきた。 ア・リーグのMVPは、大谷翔平(エンジェルス)で決まりだ。ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)は後半戦に失速。...
別窓で開く


[ ブランドン slugger ドジャース ] の関連キーワード

slugger マリナーズ ドジャース ヤンキース ブレーブス
ジョン トミー

<前へ123次へ>