本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷翔平が言った「ヒリヒリする戦い」の向こう側にある特別な時間——ファンが「熱狂」を作り出すMLBのプレーオフ<SLUGGER>
大谷翔平(エンジェルス)がかつて言った、「ヒリヒリする9月」。地区優勝やプレーオフ進出を懸けた息詰まる戦いは、もうすでに終わった。 今、我々が目にしているのは「ヒリヒリ」の向こう側にある特別な時間の連続であり、「ヒリヒリ」を遥かに超越した「瞬間」だろう。 10月14日のフィラデルフィア。フィリーズ対...
別窓で開く

大谷翔平、来春WBCでリリーフ転向? 栗山監督が思い描く二刀流の新たな形は
10月18日、エンゼルスの大谷翔平が帰国した。20分程度ではあったが、成田空港内での共同会見に応じ、「2ケタ勝利&本塁打」「打席数&投球回数のW規定到達」など2022年シーズンのこと、そして、来春開催のワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)への思いなどを語ってくれた。...
別窓で開く

ダルビッシュ有が元NPB5人衆のスマイルショットを投稿! 懐かしの面々にプロ野球ファンから喜びの声が続々
「自分が一番倒したいライバルのドジャースに勝てた」 現地時間10月15日、サンディエゴ・パドレスは今季レギュラーシーズン111勝の最強軍団、ロサンゼルス・ドジャースとの地区シリーズを3勝1敗で制し、24年ぶりにナショナル・リーグ優勝決定シリーズに進出した。そして歓喜のシャンパンファイト後、ダルビッシ...
別窓で開く

MLBで“番狂わせ”が連発! パドレスが「22勝差」のドジャースを、フィリーズが「14勝差」のブレーブスを下してリーグ優勝決定Sへ
これぞオクトーバー・ベースボールという試合が展開している。メジャーリーグは現地時間10月15日、地区シリーズが4試合行われ、ア・リーグではアストロズ、ナ・リーグではフィリーズとパドレスがリーグ優勝決定シリーズへと駒を進めた。 3勝0敗でマリナーズを下したアストロズだが、試合時間は6時間超えの大熱戦。...
別窓で開く

昨季全休のザイオンが今季の大躍進を宣言!「進化した俺のゲームを観ることになる」<DUNKSHOOT>
2019年のドラフトでニューオリンズ・ペリカンズから全体1位指名を受け、鳴り物入りでNBAに足を踏み入れたザイオン・ウィリアムソン。2020−21シーズンはキャリア2年目にして平均27.0点を叩き出し、オールスターに先発出場を果たすなど、コートに立てばその怪物ぶりを遺憾なく発揮してきた。...
別窓で開く

【2022ドラフト候補ランキング最終版|11〜20位】富士大・金村、東海大・森下、誉・イヒネらドラ1候補がずらり<SLUGGER>
2022年のドラフトまであと2週間を切った。一部では不作との評価もある今年のドラフトだが、そんな中でも素晴らしい将来性を秘めた選手は数多くいる。前回(7月)からの変動も含め、最終的にどのようなランキングになったのか見ていこう。▼11位:金村尚真[投手・富士大](前回順位:16位)(かねむら・しょうま...
別窓で開く

大谷翔平はメッツへ移籍? 米地元放送局の識者が獲得に熱視線「史上で最も“やらざるを得ない”タイミングだ」
レギュラーシーズン終了直前の現地10月1日、ロサンゼルス・エンジェルスは、大谷翔平と1年3000万ドル(約43億4000万円)で合意したと発表。オフに行なうはずの年俸調停のプロセスを回避し、年俸額を確定させた。 今季も大谷は圧倒的だった。投げては15勝目を挙げ、防御率2.33、219奪三振を記録。...
別窓で開く

保安官に追い詰められた男、1歳の我が子を盾にして抵抗するも逮捕(米)
先月27日、家庭内の問題から男がパートナーを銃で脅して1歳の我が子を誘拐したというニュースがアメリカより届いた。男は警察犬やテーザー銃を持った保安官に追い詰められると、なんと我が子を盾にして抵抗し始めた。最終的には保安官が隙をついて男を確保し、1歳児は保護された。SNSでは子どもの無事に安堵する声が...
別窓で開く

お手柄!? 犬がホームランボールをゲット!珍客に現地メディアは好感「毛むくじゃらの友達が手に入れた」「ボールを持って家に帰る」
ワンちゃんが、ホームランボールをゲットした!? 現地時間10月4日、ニューヨーク・メッツ対ワシントン・ナショナルズのダブルヘッダー2試合目で、ゴールデンレトリバーがホームランボールを獲得する珍場面があった。【動画】お手柄!?米MLBでワンちゃんがホームランボールをゲット 試合は1回にメッツ打線が、ナ...
別窓で開く

「かつてはエゴがあった」34歳を迎えた元MVPのローズが“精神面の成長”を実感!「これまでよりもずっと成熟している」<DUNKSHOOT>
昨季のニューヨーク・ニックスは、オールスターフォワードのジュリアス・ランドルやRJ・バレット、エバン・フォーニエらを擁しながら、なかなか白星を重ねることができず、イースタン・カンファレンス11位の37勝45敗(勝率45.1%)に終わった。...
別窓で開く