本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本と同組のコスタリカ代表、カタールW杯のメンバーを発表!…守護神K・ナバスら26名
コスタリカサッカー連盟は3日、FIFAワールドカップカタール2022に臨むコスタリカ代表の招集メンバー26名を発表した。 開幕まで3週間を切ったワールドカップで日本と同組になったコスタリカ代表。同国は、北中米カリブ海予選を4位で通過し、大陸間プレーオフでニュージーランド代表を1−0と破り、本大会行き...
別窓で開く

NBA4年目で通算2000得点到達の八村塁。2019年ドラフト同期では何番目の達成?【キャリア得点ランキング】
現地時間11月2日、ワシントン・ウィザーズは敵地で行なわれたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦に121−111で勝利。今季最長の33分間出場した八村塁は、10得点、10リバウンド、4アシストの働きで連敗ストップに貢献した。 今季初(通算7回目)となるダブルダブル達成に加え、守備でも冴えを見せた...
別窓で開く

“下克上”でワールドシリーズに進出したフィリーズとエンジェルスの「決定的で絶望的な差」<SLUGGER>
「あらゆるリソースを駆使して得た情報を分析、及び理解して、選手の獲得や育成に活用しています」サム・ファルド(フィリーズGM) 今年のワールドシリーズは、アメリカン・リーグ最高勝率のアストロズ対ナショナル・リーグのワイルドカード3位のフィリーズの対決となった。第3戦を終えてフィリーズが2勝1敗。...
別窓で開く

「変化球が真ん中に入ってきたらドカンだ」。ブライス・ハーパーの本塁打を完璧に予言した解説者に称賛の声<SLUGGER>
現地11月1日に行われた2022年ワールドシリーズ第3戦は、フィリーズがアストロズ先発のランス・マッカラーズJr.から5本のホームラン放ち、7対0で大勝。2勝1敗とした。 一発攻勢の先駆けとなったのが、初回に2死一塁で先制2ランを放った4番のブライス・ハーパーだった。真ん中に入ってきた初球のナックル...
別窓で開く

「足を上げる癖を見抜かれていた?」——フィリーズ打線が5本のアーチに米記者が指摘も、本人は全面否定!
現地時間11月1日、ワールドシリーズ第3戦フィラデルフィア・フィリーズ対ヒューストン・アストロズが行なわれ、5本のアーチを放ったフィリーズが7対0と大勝で飾った。SNS上では、アストロズ投手の癖をフィリーズ打線が見破っていたのではないかと噂が広がっている。 初回、2死一塁で打席に入った昨季ナ・リーグ...
別窓で開く

ハーパーの先制2ラン含む歴代最多5本塁打! 打線爆発のフィリーズが2勝1敗でシリーズ先行【ワールドシリーズ】
  メジャーリーグは現地時間11月1日、ワールドシリーズ第3戦が行われ、フィラデルフィア・フィリーズが7対0でヒューストン・アストロズを下し、シリーズ成績を2勝1敗とした。この試合でフィリーズは、1試合5本塁打のワールドシリーズ歴代最多タイ記録を樹立している。 初回からホームのフィリーズに...
別窓で開く

快進撃続くフィリーズがリアルミュートの延長弾で先勝! バーランダー炎上のアストロズは“不敗神話”が崩れる【ワールドシリーズ】
“最強軍団”アストロズ vs“雑草軍団”フィリーズが頂点を争う舞台、ワールドシリーズが現地時間10月28日から開幕し、第1戦をフィリーズが6対5で制してシリーズ先勝を果たした。【動画】リアルミュートが値千金の決勝弾! フィリーズが先勝 今季ア・リーグ最...
別窓で開く

元同僚が語る“唯我独尊男”アイバーソンの素顔「決してチームメイトを信頼していなかったわけじゃない」<DUNKSHOOT>
アレン・アイバーソンと言えば、公称183cmの小さな身体で得点王に輝くこと4回、通算2万4368得点を叩き出した2000年代のNBAを代表する名スコアラーだ。 大男たちに果敢に立ち向かう姿は観る者の心を打った。一方で、歯に衣着せぬ言動は時に誤解を招いた。しかし、元チームメイトで現在はニューオリンズ・...
別窓で開く

完全復活を期すワウリンカが元コーチのノーマン氏を再招聘「一緒にキャリアの最終章を書き上げたい」<SMASH>
男子テニス元世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス/現194位)が2020年9月にコーチ契約を終了したマグヌス・ノーマン氏を再びチームに迎え入れたと明かした。 昨年3月のカタール・オープンに出場して以降、左足のケガで長らくツアーを離れていたワウリンカ。...
別窓で開く

【NBA】ネッツの渡邊雄太、2試合ぶり出場も初得点はお預け。モラント&ベインが各38得点と爆発したグリズリーズが撃ち合いを制す<DUNKSHOOT>
現地時間10月24日、メンフィスのフェデックス・フォーラムでブルックリン・ネッツ対メンフィス・グリズリーズの一戦が行なわれ、134−124でグリズリーズが勝利。ネッツの渡邊雄太は2試合ぶりの出場で6分6秒間コートに立ち、無得点(フィールドゴール0/1、3ポイント0/1)、1ファウルに終わった。...
別窓で開く


[ ブランドン ] の関連キーワード

dunkshoot slugger smash コスタリカ カタール
ノーマン nba