本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用 仮想通貨に衝撃の新潮流!
2021年6月6日、仮想通貨(暗号資産)業界で衝撃的なニュースが流れました。アメリカ、フロリダ州マイアミで行われたビットコインのカンファレンスに、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領がサプライズで登場。ビットコインを、自国の法定通貨として取り扱う予定であることを発表したのです。...
別窓で開く

天使か悪魔か? 成長戦略実行計画案に盛り込まれたSPACの再検討 後編
 アメリカにおいて仕組みはすでに存在していたものの、2019年までは少なかったSPACの利用は、コロナ禍で急減に伸び始めている。2020年4月から6月に上場した企業数は60企業で、従来型IPOが24件のところSPAC利用のIPOが36件、7月から9月に上場した企業数は152企業で、従来型が82件、S...
別窓で開く

イエレン米財務長官の発言から始まった「一時的な」リスクオフ相場と今後の展開 前編
 6月21日の日経平均株価は1,000円近い暴落を演じたが、5月3日に収録されたイエレン米財務長官の「利上げ」発言が「終わりの始まり」であることは、5月20日の記事「バフェット氏に引導? バリュー投資の終焉と緩和バブルの副作用(完)」に記載のとおりである。つまり、金融緩和の終了(テーパリング)予告で...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (1)
 諸刃(両刃)の剣とは「非常に役に立つが、一方では大きな被害を与える危険性もあること」のたとえであるが、ついにアメリカが諸刃の剣をIT巨人であるGAFAM+N(Google、Amazon、Facebook、Apple、MicrosoftにNetflixを加えた総称とする)の喉元に突きつけようとしてい...
別窓で開く

ビットコインの台頭と株式・ゴールドの三つ巴 ビットコイン暴落の先にあるものは 前編
 とうとう、仮想通貨バブルが弾けた。仮想通貨バブルが弾けたというより、金融バブルの崩壊がとうとう始まったという表現がふさわしいのかもしれない。仮想通貨の代表であるビットコインは、4月中旬に、1ビットコイン約700万円の高値を付けた後、200万円ほど反落して約500万円になった。...
別窓で開く

バフェット氏に引導? バリュー投資の終焉と緩和バブルの副作用 (完)
 最後に取り上げておきたいのが、経済過熱感への懸念を示した発言である。バフェット氏は経済状況を「red hot(過熱している)」と発言したが、ジャネット・イエレン財務長官やパウエルFRB(米連邦準備理事会)議長が最もセンシティブになっているのが、経済過熱感によって引き起こされるインフレだ。これは紛れ...
別窓で開く

赤黒ベゼルが"ゴジラ”らしさを強烈に表現する「シチズン プロマスター」
シチズン時計が世界に誇る名機「シチズン プロマスター」は、陸・海・空の過酷な環境下でも耐えうる耐久性を持つ高性能なプロフェッショナルスポーツウオッチとして、30年以上も世界各国で販売されています。同じく日本を代表する世界的アイコンといえば“ゴジラ”です。...
別窓で開く

R2-D2、ダース・ベイダー、BB-8にボバ・フェットも!アナデジテンプ×SWは全6種類!
個性的な時計はコーディネートのアクセントになってくれる便利アイテム。2018年に復活したシチズンの「アナデジテンプ」は、アイコニックでレトロフューチャーな角型デザインが印象的な人気モデル。その名の通り、アナログとデジタルを組み合わせ、時計機能だけでなく温度を測るセンサーも付いた、まさに個性派ウオッチ...
別窓で開く

「創味シャンタン」の創味食品のパスタソース「ハコネーゼ」が本格的すぎてどハマリしそう!
食楽web 最近、ようやくレジ袋の有料化にも慣れてきました。買った商品をできるだけコンパクトにして持ち帰り、なおかつゴミの量も減ると嬉しい気がする…。これまでエコやサステナビリティにまったく関心がなかった筆者ですが、こんなふうに考え方が変わってきた矢先。 近所のミニストップに寄ったところ、レトルトソ...
別窓で開く

バフェット氏に引導? バリュー投資の終焉と緩和バブルの副作用 (1)
 5月1日、投資の神様ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ社が、年次株主総会を開いた。バークシャー社の株主総会は、バフェット氏の口から運用実績や株式相場全体のレビューを聴講できるチャンスでもあり、例年、会場の収容人数を大幅に上回る観客が集まる、投資家にとっての一大イベントでもある...
別窓で開く