本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「プーチン闘病説」はなぜ急速に広まったのか? プロパガンダ戦で敗れたロシア、勝利したウクライナの差
 ウクライナ侵攻が始まって間もない頃に、各メディアから流れてきたのがプーチン氏の「精神状態」をめぐる報道だ。「プーチンはパーキンソン病の可能性がある」「がんで闘病している」という情報も、まだ記憶に新しい人も多いだろう。 国家の要人の健康状態は最高機密情報にもかかわらず、なぜそれが流布したのか? 国際...
別窓で開く

中国のSNSで飛び交う「習近平退陣説」の真偽
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が5月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国のSNSで見られる習近平国家主席の退陣説について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。...
別窓で開く

スマホはウクライナに筒抜け、タイヤは中国製、携行食の横流し…ロシア軍のグダグダ過ぎる内情とは
 ウクライナ侵攻でロシア軍の苦戦が続いている。“軍事大国”だったはずのロシアは、なぜこれほどまでに弱体化したのか。専門家は「粗悪な装備品」を指摘し、その原因が「横領や横流しなど、ロシア軍内部の汚職」にあると指摘する。 *** さる軍事ジャーナリストは、「軍事力は経済力に比例します」と言う。「善戦して...
別窓で開く

「国民洗脳」ついに崩壊!ロシア国営テレビ「プーチン裏切り放送」で「ウクライナ侵攻に正当性なし」
 ウクライナ侵攻を続けるロシアに「驚くべき変化」が起こっている。 これまでウクライナに仕掛けた戦争、虐殺行為について、プーチン大統領は「親ロシア派地域の危機を救うため」「仕方のない選択だった」などとして、正当性を主張してきた。数々の残虐行為やウクライナの一般市民殺戮についても「フェイクニュース」とし...
別窓で開く

ロシアのプーチン大統領の健康問題が再び浮上した。17日(現地時間)、英デイリーエクスプレスやサンによると、ロシアの独立紙「ジェネラルSVR」はクレムリンの内部事情に精通したロシア野党消息筋を引用してプーチン大統領が最近、復水を除去する手術を行ったと伝えた。ジェネラルSVRは「去る12〜13日、プーチ...
別窓で開く

嘘だらけのプーチン歴史観、ロシアの対独戦勝は米国のおかげ プーチンの根拠、コソボ独立はウクライナ侵攻を正当化しない
 ウクライナ情勢をめぐり、国連のアントニオ・グテーレス事務総長が4月26日にロシア、28日にウクライナを歴訪した。 ウクライナ侵攻を続けるロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談では、民間人の避難について一定の合意を得たが、かねて呼び掛けてきた人道目的の停戦には踏み込めず、侵攻をめぐる仲介役とし...
別窓で開く

英国、ロシア国営メディアに制裁 谷原章介「僕たちは公平な目で」
イギリス政府はきのう31日(2022年3月)、プーチン大統領のフェイクニュースや偽情報を広げたとしてロシア国営メディアの幹部に制裁を科すと発表した。14の個人や団体で、国営テレビのニュースキャスターや編集長もふくまれる。4月1日の「めざまし8」が取り上げた。...
別窓で開く

ロシア軍、キーウ再侵攻の可能性 その根拠とは(THE TIME,)
ロシアの独立系メディア「プロエクト」は、プーチン・ロシア大統領は甲状腺に病気を抱えている可能性がある、と伝えた。5日(2022年4月)の「THE TIME,」が、ロシア軍の撤退後の街で410人の市民の遺体が見つかった、との報道の波紋の広がりとともに報告した。「プロエクト」によると、2016年から20...
別窓で開く

「ことば」で闘うウクライナ。『緊急出版! ゼレンスキー大統領、世界に向けた魂の演説集』
 ロシアがウクライナに侵攻してからおよそ一か月半。大方の予想を裏切り、ウクライナは軍事・政治の両面で健闘している。「2日間でキエフを制圧する計画だった」というロシア側の計画を頓挫させたのは、コメディアン出身の素人政治家・ゼレンスキー大統領の演説だった——。...
別窓で開く

「目の前で近所の人が撃ち殺された」と話す現地・ブチャの住民  戦争犯罪が行われた可能性は極めて高い
映画監督でジャーナリストの新田義貴氏が4月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地からウクライナ・ブチャの現状について解説した。...
別窓で開く


[ フェイク プーチン ] の関連キーワード

ウクライナ time プーチン ロシア コソボ
the キーウ