本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アンモニアを燃料にして火力発電所を脱炭素化する——小野田 聡(JERA代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ロシアのウクライナ侵攻でやや風向きが変わったとはいえ、欧州各国は電力供給源を風力や太陽光など再生可能エネルギーに転換しようとしている。いまや火力発電はすっかり悪玉だが、それを新技術でCO2排出ゼロにすべく挑んでいるのがJERAである。日本発「脱炭素火力発電」は世界を変えるか。...
別窓で開く

海上自衛隊の艦隊が出撃する『IPD22』の意味とは?
6月13日(月)、海上自衛隊はハワイ、インド、オーストラリア、フィリピン、ベトナム及びソロモン諸島、フィジー諸島など12ヵ国を訪問し、各国海軍との共同訓練に参加するため、IPD22艦隊を出撃させる。IPDとは、「インド洋太平洋方面派遣」の略であり、10月28日(金)まで約5か月間にわたる行動だ。...
別窓で開く

なぜ日本の外交は“常に緊張状態”なのか? 米中対立の激化が招く「この国の最悪シナリオ」
 なぜ日本の外交は、常にアメリカと中国に左右され続けるのか? 日本が両国との関係にセンシティブにならざるを得ない理由を、ジャーナリストの船橋洋一氏の新刊『 国民安全保障国家論 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

「ニシダが破竹の勢い!」日本男子バレー、22歳アタッカーの桁外れなパフォーマンスに世界注目!NL2連勝の原動力に
男子バレーボール日本代表の西田有志が、国際舞台で規格外のポテンシャルを見せつけている。 パリ五輪出場を目指すバレーボール各国代表にとって世界ランキングを上げるために重要な大会、国際バレーボール連盟(FIVB)主催のネーションズリーグ。ブラジル開催の第1週(全4試合)に参戦中の男子日本代表は、オランダ...
別窓で開く

【アジアンインテリアにオススメの観葉植物6選】南国風の植物で室内をオシャレに!夏気分が盛り上がる
インドネシア・タイ・フィリピンなど、東南アジアのライフスタイルを取り入れたアジアンインテリア。ナチュラルな雰囲気で、ゆったりとした時間が流れる癒やしの空間を楽しめます。雨が多い東南アジアの気候は、日本の梅雨の季節と似ている部分もありますね。今回はインテリアをアジアンテイストにするポイントと、アジアン...
別窓で開く

米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

東宝系劇場公開「義足のボクサー」澤 繁実P・フィリピン・エキスポ2022で、映画をPR
 2022年6月10日、東宝系劇場で上映が始まった『義足のボクサー』この映画のプロデューサー澤 繁実氏は、上野公園で開催中の「フィリピン・エキスポ」で映画PRをしている。Pは、和服を着用、一見不審人物とも思える雰囲気を醸し出す個性的な人物だ。...
別窓で開く

「慰安婦」「徴用工」を伝説の外交官はどう考えていたか
 廬武鉉(ノムヒョン)大統領の登場以降、日韓関係は冷却化の一途をたどってきた。国と国が激しく対立するケースは、歴史上めずらしいことではなく、中にはほとんど修復の可能性がないとみられる関係もある。しかし、外交官、岡本行夫氏は「日韓関係の修復は不可能ではない」と見ている。韓国で5年ぶりの保守政権が発足し...
別窓で開く

井上尚弥 歴史的快挙の裏で空き巣被害…試合で留守中狙った犯行に「卑怯」「許せない」と怒りの声
《ニュース見たけどさ めでたい日に胸糞悪い話しだよね、、みんなも気をつけて!!》6月8日、こうTwitterに投稿したのはボクシングの井上尚弥選手(29)。7日にさいたま市で行われた「ボクシング・WBA・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦」でフィリピンのノニト・ドネア選手(39)と世紀の一戦を繰...
別窓で開く

井上尚弥 あまりの強さに世界が震撼!本場アメリカでも「inoue」がトレンド1位に
「自分はやる前から、必ず言葉にしていたのは『ドラマにするつもりはない』と。圧倒的、一方的に勝つんだと思いで、自分はこの試合に挑みました」こう語ったのは、ボクシングの井上尚弥選手(29)だ。6月7日に開催された「ボクシング・WBA・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦」でフィリピンのノニト・ドネア選...
別窓で開く


[ フィリピン アジア ] の関連キーワード

フィリピン inoue アメリカ jera ヒトラ
自衛隊 小野田