本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ノーベル委員会の思い切った判断だった? 「2021年ノーベル賞」を振り返る
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「2021年のノーベル賞」です。受賞を通して世界の社会問題にぜひ目を向けて。12月10日にノーベル賞の授賞式が開催されます。今年のノーベル物理学賞は、アメリカ・プリンストン大学の真鍋淑郎さんら...
別窓で開く

フィリピン「オミクロン株」警戒、南アフリカなど7カ国からの入国禁止=韓国報道
フィリピンが、新たに検出された新型コロナウイルス変異である「オミクロン株」の流入を防ぐために、南アフリカ共和国など、アフリカ7カ国からの入国を禁止した。27日、AFP通信によると、カルロ・ノグラレス大統領の広報担当者は、オミクロン感染発生地域や、今後発生する可能性が高い7カ国からの入国を直ちに中断し...
別窓で開く

新変異株オミクロンの流入NO タイもアフリカからの入国禁止へ=韓国報道
タイが新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロンの流入を防ぐためアフリカ8か国からの入国を禁止すると27日明らかにした。ロイターによると27日、タイの疾病統制局長は記者会見で12月から南アフリカ共和国を含め、ボツワナ、ジンバブエ、ナミビア、レソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウイなど8か国からの...
別窓で開く

台湾招待の「民主主義サミット」 一方、米が“重視”するベトナムを除外した意図は
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月25日放送)に二松学舎大学国際政治経済学部専任講師の合六強が出演。12月にアメリカで開催される「民主主義サミット」について解説した。...
別窓で開く

バイデン大統領、12月の「民主主義サミット」に韓国を招請
ジョー・バイデン米大統領は、来月(12月)の9〜10日オンラインにより開催される「民主主義サミット」に韓国を招請したと、ロイター通信が7日(現地時間)報道した。ロイター通信は消息筋からの引用で「アジア地域において日本と韓国のような米国の同盟国が民主主義サミットに招請されたが、タイとベトナムは招請対象...
別窓で開く

「バンタム級とは思えない衝撃」カネロらを抑えて世界1位に!英メディアが井上尚弥をPFPのトップに格付け
堂々のトップ選出だ。現地時間11月4日、英スポーツ専門ラジオ局『talk SPORT』は、全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版を発表。WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)を1位に選んだ。【動画】世界を驚かせた渾身のヘッドショット! 井上尚弥の...
別窓で開く

プーチン大統領「中国の “台湾統一”に武力の使用は必要ない」
ロシアのウラジミール・プーチン大統領は「中国が強い経済力を活用すれば、武力の使用なしに台湾を統一できるだろう」と語った。また「ロシアは天然ガスを武器化する意図は全くなく、ヨーロッパで起きている “エネルギー大乱”問題を解決するために、ヨーロッパといつでも協力する準備ができている」と語った。...
別窓で開く

中国の人権問題 〜日本からも明確なメッセージを出すべき
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月12日放送)にジャーナリストの有本香が出演。中国でのノーベル平和賞の報道規制について解説した。習近平共産党総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は3月6日、中国人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会第4回会議に出席している医薬品・医療衛生界...
別窓で開く

ノーベル平和賞、マリア・レッサとドミトリー・ムラトフ…「権力に立ち向かうジャーナリスト」
今年のノーベル平和賞は、フィリピンのマリア・レッサ、ロシアのドミトリー・ムラトフの2人のジャーナリストが共同受賞した。表現の自由を守るために寄与した功労が認められた。ノルウェーのノーベル委員会(以下、ノーベル委)は8日、2021年のノーベル平和賞受賞者としてマリア・レッサとドミトリー・ムラトフを選定...
別窓で開く

10月から日本・ベトナムなど「ワクチン接種完了者隔離免除」再適用=韓国
韓国では来月から、日本・ベトナム・ロシアなど、18カ国について、新型コロナワクチン接種完了者の隔離免除制度を再適用する。韓国中央防疫対策本部は17日、新型コロナ変異株感染拡大で、国内・外のワクチン接種完了者の隔離免除による入国者からの感染の懸念があるが、国内の現状、変異株占有率などを総合的に考慮した...
別窓で開く


[ フィリピン ロシア ] の関連キーワード

フィリピン 南アフリカ オミクロン アフリカ ベトナム
ノーベル pfp マリア