本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



KGBによるプロパガンダ!? 米軍が日本国内で暴動鎮圧をするという密約
ロシアや中国に関するニュースで耳にするようになったのが「プロパガンダ」。現代の戦争は、軍事的な手段だけではなく、非軍事的な手段も含めた「全領域」で展開され、そのひとつが情報戦だ。プーチン大統領も所属していたソ連時代のKGBが、日本に対して行っていた工作事例を、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内...
別窓で開く

岸田首相も歓迎しているが…米国主導の経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のリスクとは
 世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が日本時間5月23日未明、2年ぶりに開催された。 コロナ禍で中断される前の会議(2020年1月)ではトランプ米大統領(当時)の自国第一主義などの主張が目立ったが、今回の議題は「ロシアの軍事侵攻をきっかけに冷戦は再来する可能性」や「今後のロシアに対する中国の...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ TPPに当分復帰できない米国...IPEFで果たす「対中国包囲網」
2022年5月22日に日米首脳会談、23日に日米豪印クワッド首脳会談が行われた。ロシア、中国、北朝鮮に対する安全保障の問題が議論されたのが大きな成果だ。経済関係では、米国が提唱する「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)が興味深い。...
別窓で開く

井上尚弥にドネア母国紙が「素晴らしいの一言に尽きる」と高評価! 独自PFPで「当然の結果だ」と1位に選出
連勝街道を突き進む“モンスター”に、対戦相手のメディアからも最高評価が寄せられた。【動画】井上尚弥が前戦でドネアに放った強烈なボディーショットをチェック! 現地時間5月21日、フィリピンの地元紙『SunStar』は、全階級のボクサーを格付けした独自のパウンド・フォー・パウンド...
別窓で開く

今井絵理子議員に愛想を尽かした? 175R・SHOGOの不倫報道は離婚と無関係か【芸能界、別れた二人の真相】
ロシア外務省が4日、岸田文雄首相をはじめ閣僚7人を含む計63人に対し、ロシアへの入国を無期限で禁止する制裁を科すと発表。ロシア外務省の公式HPにはロシア語で「ロシア外務省の声明」とする日本人63人のリストが掲出されている。その中で、注目を集めたのが元SPEED・今井絵理子参院議員だ。...
別窓で開く

中国の少女が「三国志」を例にウクライナ戦争を解説、フィリピン外相までが称賛—中国メディア
2022年5月11日、中国メディアの観察者網は、中国の少女がウクライナ情勢を三国志になぞらえて解説する動画が注目を集め、その的確さにフィリピンの外相までもが称賛したと報じた。記事によると、ネット上にこのほど、中国の学校の制服とおぼしきポロシャツを着た小学生くらいの少女が、父親からウクライナ情勢につい...
別窓で開く

井上尚弥、米老舗『リング』誌の最新PFPでトップ3復帰! まさかの敗戦を喫した“最強”カネロは首位から6位に転落
大一番を前に“モンスター”がトップ3復帰だ。【動画】渾身のストレート炸裂! 世界を驚嘆させた井上尚弥のKOシーンをチェック 米老舗ボクシング誌『The Ring』は、全階級のボクサーを格付けした7日付のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表。...
別窓で開く

井上尚弥「最強王者」ついに視界に 米ESPN「PFP」ランキング2位浮上、ファン期待
米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)は2022年5月11日、プロボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級の壁を越えた最強ランキング)の最新ランキングを発表し、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)が3位から2位に浮上した。■PFP上位3選手は全勝をキープ前回1位の世界...
別窓で開く

「フィリピン大統領選でマルコス元上院議員圧勝」で気になる中国との今後の関係
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。フェルディナンド・マルコス元上院議員が当選を確実にしたフィリピン大統領選挙について解説した。...
別窓で開く

話題の「暗号資産」保有経験者9%って、多い?少ない? 世界では「法定通貨」にする国も出てるけど...
「ついに暗号資産を法定通貨にする国も!」「ロシアの経済制裁の抜け道は暗号資産か?」暗号資産がニュースにならない日がないくらいだが、実際のところ、日本人はどのくらい暗号資産を持っているの?モバイル市場専門の調査会社「MMD研究所」が2022年4月26日、「仮想通貨(暗号資産)に関する調査」を発表した。...
別窓で開く