本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【フィリピン台風22号被災】復旧作業遅れ、多くの地域で停電続くセブ州・マクタン島
 昨年12月16日、非常に強い危険な台風22号が、フィリピンを直撃した。2022年1月7日現在、多くの地域で、停電が続く悲惨な状況だ。フィリピン政府も被災状況の詳細を把握できないほどの大規模災害になった。セブ州・マクタン島でもほんの一部を除き、インフラの復旧が遅れており、飲料水の確保が困難な状況だ。...
別窓で開く

井上尚弥&武尊「最強コラボ」にファン興奮 「2人の殴り合いを見てみたい」
K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者・武尊(30)が2022年1月7日にインスタグラムを更新し、プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(28)が所属する大橋ジムでの練習動画を投稿した。■「めっちゃ勉強になる。...
別窓で開く

“超強硬”フィリピンのドゥテルテ大統領、「新型コロナワクチン未接種者が家から出れば “逮捕”」
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、新型コロナウイルス感染症が急速に拡散していることから「移動制限措置を破った新型コロナワクチン未接種者は逮捕する」として、超強硬な立場を示した。きょう(7日)ロイター通信によると、ドゥテルテ大統領は前日TV談話で「ワクチンを接種していない市民が家から出て町内を...
別窓で開く

「地面師の女」検事調書が暗示する「積水ハウス」の罪と罰 「怪しい契約」が結ばれるまで
■改印手続き「生保レディ」だった羽毛田正美(当時64)が偽造パスポートを手に入れ、「地面師の女」へと姿を変えた。「週刊新潮」2019年6月20日号「MONEY」欄に続き、「海喜舘(うみきかん)」の女将になりすました羽毛田の検事調書によって事件の内幕を明らかにしていこう。...
別窓で開く

M7以上の大地震は首都直下型、南海トラフだけじゃない!?「2022年に来る」大地震危険予想マップ
 東日本大震災から10年という節目の年だった2021年は、全国各地で地震が相次いだ。「12月3日には富士五湖が震源のM4.9の地震や、山梨県で小規模な地震が多発。また、同じ12月3日に紀伊水道を震源とするM5.4の地震も発生しました。...
別窓で開く

【フィリピン台風22号被災】NPO Cebu Wish Inc.寄付のお願い
 2022年1月6日、NPO Cebu Wish Inc.は、幅広く寄付のお願いをしている。 「2021年12月17日にフィリピンを通過したスーパー台風オデットの影響で現在も停電、断水が続いています。復旧には1-2カ月かかる見込みです。電柱はなぎ倒され、支援地では多くの人々が家を吹き飛ばされました。...
別窓で開く

屈辱の病院送りから1年半。「イノウエ戦から成長した」豪戦士がバンタム級王座戦へのリベンジに意欲「日本でもどこでも行く」
地力の差を思い知らされるような一戦からおよそ1年半。オーストラリアの名手が再起に燃えている。ジェイソン・モロニーだ。【動画】渾身のストレート炸裂! モロニーを撃破した井上尚弥のKOシーン その名が日本でも知れ渡ったのは、2020年10月に行なわれたWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者である井上尚...
別窓で開く

“井上尚弥vsフルトン”の年内実現を英メディアが期待!階級上げで「パンチ力が損なわれる」との懸念も
先月14日に挑戦者のアラン・ディパエン(タイ)を8回TKOで下し、無敗記録を22勝19KOに伸ばしたWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)。2022年の戦いへ向けて、はやくも海外メディアの期待値は高まっているようだ。...
別窓で開く

リスクゼロ!確実に「不労所得」を作る方法
今までどおりの暮らしを続けながら、「勝手に不労所得が増えていく」方法があります。これは、大人であれば、誰でも実践できる方法です。やることは、たったの4つだけ。これだけで、あなたも不労所得が手に入ります。本記事を読み終わるころには、あなたはもう、不労所得を手に入れる方法が分かっているはずです。...
別窓で開く

一番かわいいと思う女性K-POPグループランキング
日本では2010年頃から始まったとされている「K-POP」ブーム。中でも女性のK-POPグループは、その華やかなビジュアルとハイレベルなダンスで、近年は日本でも多くのファンを獲得していますよね。そこで今回は、一番かわいいと思うのはどの女性K-POPグループなのかについてアンケートを行い、ランキングに...
別窓で開く


[ フィリピン ] の関連キーワード

積水ハウス フルトン マクタン イノウエ cebu
wish npo inc