本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョージ・クルーニー 妻のアマルを「これ以上ないほど誇りに思う」
俳優のジョージ・クルーニー(61)が9月29日、自身が主宰する「クルーニー財団」のイベントに妻のアマル氏(44)を伴って出席した。Daily Mailなどが報じている。今回のイベントは、創設されたばかりの「アルビー賞」の受賞式。...
別窓で開く

フィリピン、オンラインカジノ企業175社閉鎖、中国人従業員4万人を送還—中国メディア
中国メディアの極目新聞は29日、フィリピン司法省はこのほど、オンラインカジノ企業(POGO)175社を閉鎖し、中国人従業員約4万人を送還すると表明したと報じた。フィリピン側の措置について、現地の中国大使館が協力する考えを示したことも伝えた。...
別窓で開く

カシメロ、世界ランク9位の日本人選手と対戦へ 井上尚弥との対戦につながるか...地元報道
プロボクシングの元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、32)が2022年12月3日に赤穂亮(横浜光、36)と対戦するとフィリピンメディアが9月29日に報じた。地元メディア「ABS-CBN」(WEB版)によると、カシメロはフェイスブックで赤穂との対戦を発表した。...
別窓で開く

オズワルド伊藤、地上波ゴールデンで初司会 クイズ番組で交際質問にも“解答”「彼女といる時が幸せだ」
お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介が、きょう30日放送のカンテレ特番『ファイブ・ジャッジ 〜あなたの100万円クイズ、代行します〜』(後7:00〜8:00 ※関西ローカル)で、自身初の地上波ゴールデン帯MCを務める。相方の畠中悠は、チャレンジャーエスコーター役で進行をサポートする。...
別窓で開く

中国政府が影響力を持つ企業が各国で増えている。国有企業などを通じて「隠れ株主」となり、実質的な企業の支配者になる手法で、すでに中国は「世界一の大株主」となっている。毎日新聞取材班の書籍『オシント新時代 ルポ・情報戦争』(毎日新聞出版)からお届けする——。(第2回)■「隠れ株主」として世界中の企業を支...
別窓で開く

【フィリピン航空】2022年11月、日本ーフィリピン運航予定 成田ーセブ週3便へ
 2022年9月29日、フィリピン航空は、日本—フィリピン間の11月の運航予定を公表した。 成田ーマクタン・セブ路線は、水曜日の運航も再開され、週3便(水・土・日)。関西や名古屋は運休のまま。 成田ーマニラ線、羽田-マニラ線、関空-マニラ線は、増便計画だ。...
別窓で開く

【セブ・パシフィック航空】持続可能な航空燃料「SAF」を使用したフライトーフィリピン初!
 2022年9月28日、セブ・パシフィック航空は、フィリピンの航空会社として初めて、持続可能な航空燃料「SAF」を使用したフライトを始めた。 シンガポールのチャンギ国際空港を出発し、ニノイ・アキノ国際空港に到着したA321neo機で、持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fu...
別窓で開く

中国経済成長予測がさらに下方修正、歴史的な落ち込みに直面—独メディア
世界銀行はこのほど、東アジア・太平洋地域の新興国の経済見通しを発表した。独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは27日、複数のメディアの報道を引用してこれを分析した。世銀によると、同地域の中国以外の国の経済は徐々に回復している一方で、中国の2022年の実質成長率は2.8%で、4月の前回予測で示...
別窓で開く

<日中国交正常化50年>経済相互依存急拡大=東シナ海共同開発など連携と軍拡抑制を目指せ
1972年9月29日に日中両国が国交を正常化して50年になる。半世紀前、中国は戦後賠償を放棄し、日本は中国の経済成長を支援した。以来日中経済関係は急激に拡大。中国は日本にとって最大の貿易相手国となり、両国を行き来する人はコロナ前には年間1000万人を超えた。日中両国は激動の時代を迎えているが、経済的...
別窓で開く

川崎と新小岩で、フィリピンエキスポ実行委員会「11月下旬・イベント開催」
 2022年11月下旬、フィリピンエキスポ実行委員会は、川崎と新小岩でイベントを開催する。 11月20日は、川崎で『Andrew E. “EUPHORIA”at Kawasaki MUZA』を開催。 MUZA川崎シンフォニーホール、提供 株式会社勝又プロモーション、来場者数 2,000人。...
別窓で開く


[ フィリピン ] の関連キーワード

ゴールデン クルーニ ジョージ 東シナ海 saf
アマル 新小岩