本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カラフルなだけじゃない!荷物を分けて入れられる大きめリュックで海外旅行が快適に!
サマーシーズンに向けいよいよ海外旅行が解禁!? この2年半の思いを胸に「久しぶりに海外に飛ぼうかな〜」なんてワクワクしてる人、多いんじゃないでしょうか。そんなときに新調したくなるのが、旅に欠かせないギアたち。やっぱり新しいの欲しいですよね。...
別窓で開く

ドンチッチが早くも再始動!東京五輪以来のスロベニア代表戦で“驚愕ノールックパス”披露<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズの優勝で幕を閉じ、束の間のオフシーズンを迎えているNBA。多くの選手が各自ワークアウトや休息の日々を過ごすなか、ダラス・マーベリックスのエース、ルカ・ドンチッチが早くも本格始動している。 現地時間6月25日、イタリアのトリエステで行なわれたイタリア対スロベニアの親善試...
別窓で開く

渋谷109MEN’Sで圧倒的な人気を誇ったファッションブランド「VANQUISH」をリリースし、“お兄系ブーム”を牽引した石川涼氏。その後もInstagramによるマーケティングを先駆けておこない、「#FR2」を急成長させるなどアパレル業界に革命を起こし続けてきた。 そんな石川氏が近年、目を向け続け...
別窓で開く

バイデン大統領の声がけで13か国が参加 「IPEF」各国の思惑とは
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「IPEF(アイペフ)」です。緩やかな枠組み。でも、対中政策に必要な繋がり。IPEFとは、Indo‐Pacific Economic Frameworkの略で「インド太平洋経済枠組み」のこと。...
別窓で開く

バレーボール大国が敗戦後に明かした“龍神NIPPON”の強さ——。第4セットがスタートしてから「僕らより何かが上回っていた」
龍神NIPPONの強さに、バレーボール大国が兜を脱いだ。【動画】日本代表が鮮やかな逆転劇! イタリア戦のマッチポイントをチェック 日本時間6月24日に行なわれた国際バレーボール連盟(FIVB)主催の『ネーションズリーグ』第2週のフィリピンラウンドで、男子日本代表が強豪国イタリアを下す大金星を挙げた。...
別窓で開く

13面待ちの「ダブル役満」がヤミテン状態!東海・近畿・四国・九州・沖縄の住民が「能登群発地震」に青ざめる理由
 能登半島での群発地震が風雲急を告げている。 一昨年の暮れ以降、震度1以上を観測した地震が150回以上も続く中、6月19日には最大震度6弱、翌20日にも同5弱を観測する地震が相次いで発生。専門家は「今後、震度6強を超える大地震が発生する可能性もある」として、石川県をはじめとする近隣住民らに警戒を呼び...
別窓で開く

強豪連破、日本代表の快進撃止まらず! 本気の欧州王者イタリア撃破で相手レジェンドも賛辞「勝利に値するパフォーマンスだ」
現地時間6月24日、国際バレーボール連盟(FIVB)主催の『ネーションズリーグ』で、第2週フィリピンラウンド第2戦が行われ、男子日本代表がイタリア代表と対戦。セットカウント3−2(25-20、21-25、24-26、25-19、15-13)で、激戦を制して昨年の欧州王者を破り大金星を挙げた。...
別窓で開く

ドンキで売ってる海外缶詰 タイで作られた「イワシのトマト煮」の見た目がすごい
何でもそろって“激安ジャングル”なドン・キホーテ。定番アイテムはもちろん、ちょっと変わった商品が所狭しと並んでいるのが魅力の1つ。そんなドンキで見つけたのが、フィリピンで人気だという缶詰だ。【試食】缶を開けたら、ズルっと…画像をもっと見る■イワシのトマト煮?ドンキといえば「ド」印の情熱価...
別窓で開く

井上尚弥の次なる“野望”をWBC会長もプッシュ! ドネア戦の圧巻パフォーマンスは絶賛「すべてが正確でマシーンのようだった」
はやくも“モンスター”の次戦に期待が高まっている。【動画】ドネアを渾身の左フックで撃破! 世界が驚いた井上尚弥のKOシーンをチェック 現在、ボクシングWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級統一王者に君臨するのが、プロ23戦無敗(20KO)の井上尚弥(大橋)だ。...
別窓で開く

尚玄、主人公と人生が重なった“義足のボクサー”役。台本なし、独特の撮影現場は「役として瞬間瞬間を生きるだけ」
長身に日本人離れした端正なルックスでモデルとして活躍後、2005年に主演映画『ハブと拳骨』(中井庸友監督)で本格的に俳優デビューを飾った尚玄さん。しかし、「君の見た目では、日本では役がない」と言われ、ニューヨークに渡って演技の勉強をし、国内外で多くの映画に出演。...
別窓で開く


[ フィリピン ] の関連キーワード

dunkshoot nippon スロベニア イタリア ipef
wbc