本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



RothmansやTECH21はみんなの憧れだった!レーサーレプリカの系譜⑤<限定カラー編>
サーキットの熱気がストリートにも伝播し、レーシングマシンさながらのバイクが公道にも溢れていた1980〜90年代のレーサーレプリカブーム。その時代に羨望の眼差しを集めていたのが、ワークスマシンと同様のカラーリングをまとった限定モデルでした。今回は、そんな限定カラーのレプリカマシンを紹介したいと思います...
別窓で開く

U−20W杯優勝から3年…“世界一”に輝いたイングランド代表メンバーは今どこに?
 今から3年前の6月11日は、イングランド代表が“世界一”に返り咲いた日だった。韓国で開催されたFIFA U−20ワールドカップの決勝で、U−20ベネズエラ代表に1−0の勝利。“サッカーの母国”が、1966年に自国で開催されたワールドカップ以来、51年ぶりにFIFA主催の世界大会で頂点に立った。...
別窓で開く

デヴィッド・リンチ監督の傑作『エレファント・マン』40周年 美しく蘇った“4K修復版”で7月上映
鬼才・デヴィッド・リンチ監督が弱冠33歳で手掛けた不朽の名作『エレファント・マン』。本作の公開から40周年の節目に、リンチ監督の監修のもと、美しく蘇った“4K修復版”が完成。7月より全国で緊急公開となる。本作は、19世紀のロンドンに実在した青年ジョゼフ・メリックと人々との交流を描いたヒューマンドラマ...
別窓で開く

「信頼は絶大」「自らの価値を証明し続けている」長谷部誠の31年ぶり記録更新を現地メディアが称賛!
 フランクフルトの長谷部誠は、ブンデスリーガにおけるアジア人としての記録を塗り替えた。 長谷部は前節で元韓国代表FWチャ・ボムグン氏が持つ308試合というレコードに並び、現地時間6月6日に行なわれたマインツ戦に先発出場したことで、31年ぶりにブンデスリーガにおけるアジア人の最多出場記録を更新した。 ...
別窓で開く

おしゃれな「プレッピースタイル」の作り方
雑誌でもよく見かけるプレッピーという言葉。具体的にはどんなスタイルか知っていますか?今回は、上品だけど、ちょっぴり抜けた感じがおしゃれなプレッピースタイルの魅力をご紹介します。プレッピーというファッションはいつから生まれたのか、そんな基礎知識もしっかりレクチャーしていきますよ!■プレッピースタイルと...
別窓で開く

「マコトは僕らのレジェンド!」「いずれは監督に」長谷部誠の契約延長に、現地サポーターが歓喜!
 5月22日、長谷部誠がフランクフルトとの契約を2021年6月まで延長したことが、クラブの公式ホームページで発表された。2来月末で契約満了を迎える予定だったが、もう1年ブンデスリーガの舞台で舞台で戦うことになる。 2014年夏に加入した長谷部は、在籍6年で公式戦201試合に出場し、36歳になった今も...
別窓で開く

フランクフルトが長谷部誠との契約延長を正式発表…引退後の去就も明らかに
 フランクフルトは元日本代表MF長谷部誠との契約を2021年夏まで延長した。23日、クラブ公式サイトで発表した。 長谷部はフランクフルトとの現行契約が今夏までとなっており、去就が注目されていた。現地ではフランクフルトが人件費削減のために長谷部との契約延長を見送るのではとの憶測も報道されていたが、20...
別窓で開く

完成まで30時間! ママが作った「ボヘミアン・ラプソディマスク」のクオリティが高すぎる
ほんの少し前までは、マスクといえば不織布でできた白いマスクが一般的だった。黒いマスクや、ピンクや水色の可愛らしい色のマスクもあったが、「白以外はなんだかしっくりこない」と手を伸ばさなかった人もいるだろう。しかし、新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続き、手作りマスクが流行した。...
別窓で開く

「活躍できなかったのは白人じゃないからだ」元コロンビア代表の名手がマドリー時代の不遇を激白!
 元コロンビア代表MFのフレディ・リンコンは4月29日、『Gol Caracol』とのインスタライブで、レアル・マドリー時代に活躍できなかったのは、「人種差別のせいだった」と明かした。スペイン紙『Marca』などが伝えている。 1990年のイタリア大会から3大会連続でワールドカップに出場した名手は、...
別窓で開く

長谷部誠、フランクフルトと1年契約延長が濃厚か…独誌「疑問の余地はない」
 MF長谷部誠を含むフランクフルトのベテラン5選手の去就を、ドイツ誌『kicker』が予想している。同誌日本語版が24日に伝えた。 5人のベテラン選手たちの動向に注目が集まっている。フランクフルトでは、長谷部(36歳)、ドイツ人DFマルコ・ルス(34歳)、元スイス代表MFジェルソン・フェルナンデス(...
別窓で開く