本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「人流」より「密度」を減らすべき 〜世の中の“動き”を止めないためのコロナ対策
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月28日放送)に川崎市健康安全研究所・所長で内閣官房参与の岡部信彦氏が出演。新型コロナ感染者の濃厚接触者の待機期間の7日間への短縮について解説した。...
別窓で開く

3回目の接種はいわば復習 〜人間の体には“復習”が必要で、下がってきた免疫に刺激を与える
政府 新型コロナ対策分科会の委員・内閣官房参与の岡部信彦氏が、1月28日(金)のニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」出演。オミクロン株対策の現状と今後の展望について語った。群馬県の大規模接種会場「県央ワクチン接種センター」で使用される米モデルナ製ワクチン=2021年6月17日、高崎市 ...
別窓で開く

「岸田政権のアキレス腱」になる可能性も 〜堀内ワクチン担当大臣の頼りなさ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。岸田総理が年頭記者会見でオミクロン株感染者を全員入院させる現在の方針を見直す考えを示したニュースについて解説した。...
別窓で開く

オミクロン株にビビり過ぎ? めざまし8で交わされた意見
厚生労働省はきのう8日(2021年12月)、成田空港に4日に到着した50代男性がオミクロン株に感染したことが確認されたと発表した。この男性はナイジェリアに滞在歴があり、カタール・ドーハを経由して成田空港に到着。現在は無症状で医療機関に入院しており、10月にファイザー製のワクチンを2回接種していたとい...
別窓で開く

塩野義製薬株が上場来高値、ベトナム政府とコロナ感染症対策で基本合意を歓迎  「捕らぬ狸」もオミクロン株に効くとなると......
塩野義製薬の株価が2021年11月25日に上場来高値を更新した。19日から4営業日連続の更新で、全体として下げ相場のなか、逆行高を演じた。4日目の25日の決め手となった材料は同日朝に発表した、新型コロナウイルスを含む感染症対策についてのベトナム政府との基本合意だ。塩野義は新型コロナウイルス向けのワク...
別窓で開く

コロナ関連の破たん2264件に 新しい再生手続きの指針策定も 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは5日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が1週間で46件増え、累計で2,264件(負債1,000万円以上)に達したと発表。9月、10月と過去最高を更新している中、11月はさらに高いペース。国内の新規感染者数は減り、米国等で飲み薬の開発が進むなど、正常化は進む。...
別窓で開く

日本人初? 辛坊治郎、米国でのJ&Jワクチンに加えてモデルナ製の「交差接種」を行ってみた
キャスターの辛坊治郎氏が10月21日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。アメリカで1回打ちのジョンソン&ジョンソン製ワクチンを接種した辛坊が、この前日にモデルナ製ワクチンを追加で接種してきており、この模様を報告した。...
別窓で開く

10代・20代男性にファイザー推奨論 「えっ?今更...」の声も
若者の新型コロナワクチンの接種が進むなか、10代と20代の男性についてはモデルナ製ではなくファイザー製を推奨する方針について、きょう15日(2021年10月)の厚生労働省の専門部会で検討される。モデルナ製のワクチンを接種した後、心筋炎や心膜炎が疑われるケースが10代・20代の男性に多いことが報告され...
別窓で開く

東京スカイツリーの真下「ソラマチ」にあるオシャレな献血ルームで献血を
医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が10月5日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。献血の必要性について解説した。ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」現代の医療技術では、赤血球や血小板はつくることができず、献血に頼るしかない飯田浩司アナウンサー...
別窓で開く

「来年、ワクチンの早期供給が必要」文大統領の要請にファイザー社CEO「余裕ある」と回答
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は21日(現地時間)、ファイザー社のアルバート・ブーラ会長と面会し、2022年も新型コロナウイルスワクチンの追加確保について協議した。国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の文大統領は同日午前、ブーラ会長と面会し、韓国とファイザー社の多角的ワクチン協力案を協議。...
別窓で開く


[ ファイザ 労働省 ] の関連キーワード

東京商工リサーチ 塩野義製薬 ベトナム ファイザ モデルナ
ソラマチ