本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イスラエル、デルタ変異株が広がり、ファイザー製ワクチンの予防効果が低下 94%→64%
ファイザー製ワクチンの予防効果が、デルタ変異株では大幅に低下したという研究結果が報告された。イスラエルのニュースサイト「Yネット」が5日(現地時間)報道した。イスラエル保健省が公開した統計によると、今年5月2日から6月5日まで、ファイザー製ワクチンの新型コロナの予防効果は94.3%と調査された。...
別窓で開く

信じられない「中国産ワクチン」…約70%が接種したのに新型コロナ「再拡散」
中国産ワクチンを導入した国々が頭を悩ましている。人口の半分以上が二次接種を終えたにも関わらず、新型コロナウイルスに感染する事例が続出しているためだ。中国で製造されたワクチンが果たして新型コロナウイルスの予防に効能があるか疑問視されている。...
別窓で開く

コロナワクチン接種後に痛い・熱が出た・だるい、どうしたらいい?
コロナワクチンの接種が2月から始まり、現在、高齢者への接種が進んでいます。最近は積極的に接種を受けたいという人が増え、どこの会場も予約が容易には取れない状態が続いています。イギリスやイスラエルのようにワクチン接種が進んでいる国ではコロナ患者数の減少が見られ、特効薬がない現状では、ワクチンがコロナ終息...
別窓で開く

医療従事者へのワクチン接種は、変異株をも含むコロナ感染を大きく減らしている!
医療従事者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの接種は、医療従事者のCOVID-19感染を大きく減らしているという複数の報告が出ています。我が国では、ファイザー社製のBNT162b2の医療従事者への先行接種が2021年2月17日から開始されました。...
別窓で開く

ここへ来て集団接種に戻すという政府の“迷走ぶり”〜新型コロナワクチン接種
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月27日放送)にジャーナリストの有本香が出演。東京などに3回目の緊急事態宣言を発令した政府の新型コロナウイルス対応について解説した。...
別窓で開く

ウイルスを体内へ入れるわけではない! コロナワクチンへの誤解を医師が解く
東京都医師会理事で「鳥居内科クリニック」院長の鳥居明氏が4月13日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新型コロナウイルスワクチンに対し、世間から誤解されている点について解説した。...
別窓で開く

乗り遅れるな! ワクチン・パスポートは世界の趨勢だ
欧米のみならず、アジア圏内においても、新型コロナウイルスに対するワクチン接種が遅れている日本。果たしてその大きな原因はどこにあるのか? 元・官僚であり、医師の父を持つ、政治経済評論家の八幡和郎氏が緊急提言。海外のお医者さんたちは、コロナ対策最優先で頑張っているのに、日本では医者の確保が難しい。この国...
別窓で開く

舛添要一が一蹴「菅総理のアメリカでのワクチン確保は“茶番”。いいカモが来たと思われている」
前東京都知事で元厚生労働大臣の舛添要一氏が4月19日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演。日米首脳会談のためにワシントンを訪問した菅義偉首相が、米製薬会社ファイザーに新型コロナウイルス感染症ワクチンの追加供給を要請したことについて分析・解説した。...
別窓で開く

ワクチンが高齢者に行き渡る7月までの我慢〜「まん延防止等重点措置」4県追加へ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月16日放送)に国際政治学者・慶應義塾大学教授の神保謙が出演。「まん延防止等重点措置」の適用対象に神奈川、千葉、埼玉、愛知の4県が追加されるというニュースについて解説した。...
別窓で開く

コロナワクチンの入院抑制効果はここまで大きい!
2021年4月現在、世界では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン接種が進展し、イスラエルや英国などからCOVID-19発症者の減少が伝えられています。ワクチン効果は通常、臨床試験においてプラセボ等を接種した群の発症者に対し、年齢やその他の条件をマッチさせて、「ワクチンを接種し...
別窓で開く


[ ファイザ イスラエル ] の関連キーワード

イスラエル ファイザ アメリカ