本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新変異株「オミクロン」、いま分かっている事 スッキリで専門家解説
先週南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異株だが、26日(2021年11月)にWHOは「オミクロン株」と名付け、懸念される変異株として注意を喚起した。■南アフリカの現状今年7月に1日の新規感染者が2万人と感染が拡大していた南アフリカだが、その後は感染者数が減少。...
別窓で開く

ファイザー、米国全成人へブースターショット承認申請「予防効果95.6%」=韓国報道
米国製薬会社ファイザーが、米食品医薬品局(FDA)に新型コロナワクチンブースターショット(追加接種)の承認対象を、18歳以上すべての成人に拡大してほしいと申請した。現在米国で、ファイザーブースターショットは、65歳以上の高齢者と高リスク群にのみ承認された状態だ。...
別窓で開く

ブースターショット間隔短縮について検討…「海外事例をもとに」=韓国防疫当局
韓国防疫当局は60歳以上の年齢層における追加接種(ブースターショット)の間隔短縮について検討すると明らかにした。現在、追加接種は接種完了の6か月後が基本となっている。ただし、療養病院・施設など一部の感染脆弱施設に限って最大4週間繰り上げた。...
別窓で開く

ファイザーワクチンのブースターショット、重症予防効能は92%=韓国報道
ファイザーの新型コロナウイルス感染症ワクチン追加接種(ブースターショット)の重症感染予防効能は92%に達するという研究結果が、世界で初めてブースターショットを導入したイスラエルで出た。...
別窓で開く

60歳以上の高齢者・高リスク群「ブースターショット接種開始」=韓国
韓国では、今日から新型コロナワクチン接種後、6か月が過ぎた60歳以上の高齢者および高リスク群を対象とする追加接種(ブースターショット)を開始する。新型コロナ予防接種対応推進団によると、この日から、60歳以上の高齢者と高リスク群を対象に、全国委託医療機関で追加接種を行う。...
別窓で開く

コロナワクチンの効果はどのくらい続くのか?
2021年10月6日のNew England Journal of Medicine誌のオンライン版に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの効果の持続に関する論文が2つ掲載されました。...
別窓で開く

ブースター接種(追加接種)はブレークスルー感染を大きく抑える!
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの接種を完了した人の一部に見られるブレークスルー感染や変異型ウイルスの増加、接種後の中和抗体価の経時的な低減などに対処するため、ブースター接種(追加接種)が世界的に議論されています。...
別窓で開く

世界のコロナ治療薬開発はどこまで進んでいるか?
米国の製薬会社メルク(MSD)が飲むコロナ治療薬の発売を目前にする中、世界中の開発会社の開発状況にも関心が集まる。長期化したパンデミックの状況で、グローバルな投資金が治療薬の開発会社に移動するという分析が出ている。6日製薬・バイオ業界によると、米国メルクのほか、約10か所の世界中の開発会社が飲む治療...
別窓で開く

韓国の防疫当局「妊婦のコロナワクチン接種は安全…早産・流産・奇形児の発生には影響しない」
妊婦はコロナウイルス感染症のワクチンを接種しても安全で、早産や流産、奇形児の発生などの問題はワクチン接種の有無とは相関関係がないと韓国の防疫当局が明らかにした。コロナ予防接種対応推進団(推進団)のチョン・ウンギョン(鄭銀敬)団長は4日、定例ブリーフィングで「妊婦はコロナワクチン接種の必要性および利得...
別窓で開く

ワクチン接種も秋夕連休でブレークスルー感染増=韓国
韓国では、新型コロナワクチン1回目の接種率が70%を超えたが、秋夕(チュソク)連休が終わるやいなや、新型コロナウイルス新規感染者数が24日、歴代最多を記録し、段階的日常回復案である「ウィズコロナ」に疑問を提起する人々が増えている。専門家は、感染者数ではなく致死率中心の管理システムに移行する必要がある...
別窓で開く


[ ファイザ イスラエル ] の関連キーワード

オミクロン ファイザ