本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【4回目接種】対象はどんな人?高血圧、BMI30以上は60歳未満でも検討を
59歳以下は“基礎疾患あり”の人だけが対象になる4回目接種。自分は関係ないと思っていても、実は対象の場合も! 打つべきかどうかの判断基準を医師に解説してもらったーー。「4回目接種の対象外の方は、現段階で国のほうから接種機会を提供することはありません」59歳以下の新型コロナワクチン4回目接種について、...
別窓で開く

地方自治体に届かない「3回目」ワクチン供給の詳細スケジュール 〜難しくなる接種会場と打ち手の確保
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。新型コロナワクチンの3回目接種について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」オミクロン株、3回目のワクチン接種で入院を防ぐ効果は90%アメリカ疾病対策センター(CDC)は1月...
別窓で開く

ファイザー社製コロナワクチン接種、オミクロン株には32分の1の効果=香港大などによる研究
ファイザー社製のワクチンが新型コロナウイルス変異株であるオミクロン株に対して、感染予防効果が32分の1以下に減少するという研究結果が出た。12日、香港大学と香港中文大学の研究者が1か月前にファイザー社製のワクチン接種を完了した10人の血液を採取して実験した結果、新型コロナウイルスを引き起こす既存のS...
別窓で開く

文大統領「5〜11歳の児童にもコロナワクチン接種を検討」=韓国
文在寅大統領が29日「米国など、他の国で行っている5〜11歳の児童に対するコロナワクチン接種も速やかに検討してほしい」と指示した。文大統領はこの日、大統領府で特別防疫点検会議を開き、青少年たちの接種率の見直しと共に、児童に対するワクチン接種の検討を指示した。韓国の場合、5〜11歳の児童はワクチン接種...
別窓で開く

新変異株「オミクロン」、いま分かっている事 スッキリで専門家解説
先週南アフリカで確認された新型コロナの新たな変異株だが、26日(2021年11月)にWHOは「オミクロン株」と名付け、懸念される変異株として注意を喚起した。■南アフリカの現状今年7月に1日の新規感染者が2万人と感染が拡大していた南アフリカだが、その後は感染者数が減少。...
別窓で開く

ファイザー、米国全成人へブースターショット承認申請「予防効果95.6%」=韓国報道
米国製薬会社ファイザーが、米食品医薬品局(FDA)に新型コロナワクチンブースターショット(追加接種)の承認対象を、18歳以上すべての成人に拡大してほしいと申請した。現在米国で、ファイザーブースターショットは、65歳以上の高齢者と高リスク群にのみ承認された状態だ。...
別窓で開く

ブースターショット間隔短縮について検討…「海外事例をもとに」=韓国防疫当局
韓国防疫当局は60歳以上の年齢層における追加接種(ブースターショット)の間隔短縮について検討すると明らかにした。現在、追加接種は接種完了の6か月後が基本となっている。ただし、療養病院・施設など一部の感染脆弱施設に限って最大4週間繰り上げた。...
別窓で開く

ファイザーワクチンのブースターショット、重症予防効能は92%=韓国報道
ファイザーの新型コロナウイルス感染症ワクチン追加接種(ブースターショット)の重症感染予防効能は92%に達するという研究結果が、世界で初めてブースターショットを導入したイスラエルで出た。...
別窓で開く

60歳以上の高齢者・高リスク群「ブースターショット接種開始」=韓国
韓国では、今日から新型コロナワクチン接種後、6か月が過ぎた60歳以上の高齢者および高リスク群を対象とする追加接種(ブースターショット)を開始する。新型コロナ予防接種対応推進団によると、この日から、60歳以上の高齢者と高リスク群を対象に、全国委託医療機関で追加接種を行う。...
別窓で開く

コロナワクチンの効果はどのくらい続くのか?
2021年10月6日のNew England Journal of Medicine誌のオンライン版に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンの効果の持続に関する論文が2つ掲載されました。...
別窓で開く


[ ファイザ イスラエル ] の関連キーワード

オミクロン ファイザ

<前へ1234567次へ>