本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東京・大田区の臨時大規模接種会場で区長も接種
 3回目のワクチン接種を加速させる動きが各自治体で広がっています。 東京・大田区では臨時の大規模接種会場が設置され、2月12日に区長が3回目の接種を行いました。 臨時の大規模接種会場は2月11日と12日の2日間、区内にある学校の敷地内に設置されました。 1日約4000人に対応する予定で、12日も午前...
別窓で開く

モデルナ接種後、脱毛症状が出ていた日本女性の驚くべき近況=韓国報道
昨年6月、新型コロナワクチン「モデルナ」接種後、脱毛症状があらわれた日本の20代女性の近況が公開された。9日、Aさん(29)のブログによると、彼女は先月21日、近況写真を1枚公開した。髪の毛が多くはないが、地肌が見えるほど脱毛した昨年の写真と比べると好転した姿だ。...
別窓で開く

防疫当局「来週月曜、高危険群“ワクチン4回目接種”に関して発表」=韓国
韓国の防疫当局が来週月曜日(14日)、免疫低下者など高危険群の新型コロナウイルスワクチン4回目接種に関して発表する。中央防疫対策本部のコ・ジェヨン危機疎通チーム長は8日「4回目接種の必要性について、免疫度調査とワクチン効果を同時に評価している状況であり、検討中だ」と述べた。...
別窓で開く

塩野義の経口コロナ薬S-217622がコロナ治療薬の切り札か? —変異の有無にかかわらず抗ウイルス活性が強い!
MSD社のラゲブリオ(モルヌピラビル)とファイザー社のパキロビッド(ニルマトレルビル/リトナビル)に続いて日本の塩野義製薬(株)のS-217622の臨床開発が進んでいます。本薬は、モルヌピラビルがRNAポリメラーゼを阻害するのとは異なり、ニルマトレルビルと同様に新型コロナウイルス(SARS-CoV-...
別窓で開く

国産コロナ飲み薬、近く承認申請 玉川徹「希望が持てる」
塩野義製薬は昨日7日(2022年2月)、新型コロナの経口治療薬の治験結果を公表、早ければ来週にも承認申請を行う方針を明らかにした。果たして新型コロナ対策の切り札となるのか。今日8日の「モーニングショー」は今後の見通しを報じた。今回の治験は、軽症、中等症および無症状の12歳以上70歳未満の感染者69人...
別窓で開く

ファイザー製ワクチン61.5万回分、3日に到着予定=韓国
韓国の新型コロナウイルス予防接種対応推進団が2日、あす(3日)午後7時に個別契約したファイザー製ワクチン61万5000回分が仁川国際空港に到着する予定だと明らかにした。これにより2月3日基準、累計308万回分のワクチンが国内に供給される。 政府は「安定的なワクチン供給のため、製薬会社と緊密に協議して...
別窓で開く

モデルナ製での追加接種はどうなの? —オミクロン株に対する有効性と副反応
オミクロン株が急拡大する中、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの追加接種がやや低調です。ファイザー製かモデルナ製の選択可能な自治体が多く、モデルナ製の副反応が多いようだとする報道を受けて迷っている方もおられるようですが、実際の抗体価や有効性、副反応はどうなのでしょうか?モデルナ製ワ...
別窓で開く

“まん防”期限までに「ピークアウト」期待する官邸
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月2日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。東京都内の新型コロナウイルスの患者用の病床使用率が、緊急事態宣言の発出要請を検討する基準の50%を超えたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

ファイザー社、「5歳未満のワクチン緊急使用承認」を米FDAに申請=韓国報道
米製薬企業“ファイザー”とドイツのバイオ企業“バイオンテック”は1日(現地時間)、米FDA(食品医薬品局)に新型コロナウイルス感染症ワクチンの緊急使用の対象を、5歳未満の児童に拡大するよう申請した。AP通信とCNBC放送などによると、この日緊急使用承認が申請された対象は生後6か月から満5歳未満の幼児...
別窓で開く

ワクチン「3回目」、なぜ遅い? 高橋真麻「担当大臣にもっと説明してほしい」
3回目のワクチン接種が済んだ人は、昨日1月31日(2022年)時点の公表分(首相官邸HP)で3.2%と、1月4日時点の0.5%からほとんど進んでいなかった。3回目接種はなぜ進まないのか? 2月1日の「スッキリ」が特集した。3回目のワクチン接種対象は、2回目接種から6~8カ月を経過した1469万人(全...
別窓で開く