本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ関連の破たん2491件に 2021年は前年から倍増 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは17日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が、累計で2,491件(負債1,000万円以上)に達したと発表。2021年のコロナ破たんは17日時点で1,648件に達し、843件だった2020年の約2倍に。オミクロン型の脅威はまだ未知数ながら、水際対策の延長が検討されるなど、一...
別窓で開く

「これまでの常識が通じない」医師が警戒するオミクロン株の感染力
国内でも感染者が確認されはじめている、新たな変異株。その強い感染力と、既存の変異株では見られなかった広がり方から、「これまでの常識が通用しない」と、医師は警戒を呼び掛けるーー。「オミクロン株は、アフリカ、ヨーロッパを中心に70カ国以上に広がっており、日本国内でも徐々に感染者が見つかっています。...
別窓で開く

オミクロン株の知られざる特徴 ロンドンで急拡大、感染者の4割占める
新型コロナウイルスのオミクロン株について、世界各地から刻々と新たな情報が報じられている。英国のジョンソン首相は2021年12月13日、同国内で少なくとも1人の死亡を明らかにした。多数の感染者が出ている南アフリカ共和国では、オミクロン株のこれまであまり知られていない意外な特徴が明らかになった、という報...
別窓で開く

むしろ頭痛の原因に「痛みが心配だから」で鎮痛剤を飲んではダメ
「8カ月を待たずに、(3回目接種は)できる限り前倒しする」12月6日の所信表明演説で岸田文雄首相がこう明言した。新たな変異ウイルス「オミクロン株」の流行拡大を受け、早ければ来年1月から新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が始まる。...
別窓で開く

余ったアベノマスクは役に立つのか、「THE TIME,」が伝えた処理
「コロナで入院、死亡のリスクが9割近く低下する効果が確認されました」と、司会の安住紳一郎がファイザーが開発中の飲み薬はについて伝えた。「THE TIME,」はきょうも新型コロナウイルスの話題が続いた。ファイザー社の治療薬「パクスロビド」は、治験の最終結果によると、発症3日以内に投与した患者グループの...
別窓で開く

ED治療薬(性機能改善薬)に興味がある人が絶対に知っておいたほうがいいこと
 人気雑誌「ビッグコミック」で連載中の「ジャンボマックス」は、おそらく過去に類のないストーリーのマンガだといえるだろう。50代の薬剤師である主人公たちの運命を翻弄するのは、ジャンボマックスという名の画期的な効能を誇る男性性機能不全(ED)治療薬。 この薬を巡ってさまざまな男たち、女たちの欲望が渦巻い...
別窓で開く

オミクロン株「弱毒化」説を検証 終息への“救世主”となる可能性も
 デルタ株が蔓延した第5波、最も痛ましかったのは、自宅療養者の急死が相次いだことだ。オミクロン株が蔓延した場合、はたして入院できるのか。ただし、この変異株、12月13日時点で重症者も死者も報告されておらず、終息への救世主になるとの見方も出ている。 *** 年末に向けて華やぎを増す師走。...
別窓で開く

英オックスフォード大学「ワクチン2回接種、オミクロンには十分でない」
コロナワクチンを2回接種しても、新種の「オミクロン変異」に十分対応できないという研究結果が出た。13日(現地時間)、ロイター通信によると、英オックスフォード大学の研究チームは最近、ワクチンの交差接種に関する研究のため、アストラゼネカもしくはファイザーのワクチンを接種した実験参加者の血液サンプルを分析...
別窓で開く

WHO(世界保健機関)から「懸念すべき変異株」に指定され、世界中で感染拡大への警戒感が強まっているオミクロン株。前回は、ワクチンの有効性について分かっていることを述べた。一方で、感染後に使用される現在の「治療薬」は、オミクロン株に対しても十分な効果を発揮するのだろうか。また、「重症化しづらい」といわ...
別窓で開く

中国のバイオテクノロジー企業でメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの開発を手がける艾博生物科技(アボジェン・バイオサイエンス)は11月29日、シリーズCの追加ラウンドで3億ドル(約341億円)の資金調達を完了したと発表した。今回の追加ラウンドでは、日本のソフトバンク・ビジョン・ファンドが中国の老...
別窓で開く