本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国医学会の泰斗が「ゼロコロナ政策」の見直しを提言…中国の新型コロナ対策ついに転換へ?
中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、ロックダウンなどに伴う国民の怒りが募っている。そんな中、中国で最も権威のある感染症専門家の1人・鐘南山(しょう・なんざん)氏が「ゼロコロナ政策」の見直しを訴え、注目を集めている。鐘氏は中国の専門誌「国家科学評論」(National Science)に同じく研究...
別窓で開く

新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」、明日15万人分を追加で確保=韓国
中央防疫対策本部は10日、ファイザー社の飲む治療薬「パクスロビド」15万人分が11日に追加されると明らかにした。「パクスロビド」は現在47万4,000万人分が国内にあり、今回導入分を含めれば合計62万4,000人分となる。現在は18万8,000人分が使用され、在庫は9日基準で28万6,000人分とな...
別窓で開く

ロックダウン上海で「餓死したくない!」 長嶋一茂「市民がかわいそう」
司会の羽鳥慎一が8日(2022年4月)、最初に伝えたのは、新型コロナ感染が拡大している中国・上海のニュース。「上海では12日間ロックダウンが続いており、市民からは食料が底をついたという不満が相次いでいます」と切り出し、SNSの動画を紹介した。動画では上海市民の「ご飯を食べた〜い!」「物資が欲しーい!...
別窓で開く

0-9歳の感染率50%を超える…今月中に「集団免疫」獲得か=韓国
韓国で、満0~9歳の乳幼児および小児の新型コロナウイルス累積感染率が50%を超えた。これは、全国民の感染率(28.4%)の2倍に達する水準で、ワクチンの未接種と先月の始業および対面授業による集団生活、毎週1-2回、迅速抗原検査を行っていることなどの影響とみられる。...
別窓で開く

児童に誤って大人用ワクチンを接種 東京・小金井のクリニック
 東京・小金井市で、児童1人に対して誤って大人用のワクチンを接種していたことが判明しました。 小金井市内のクリニックで3月30日、12歳以上向けの新型コロナウイルスワクチンを、誤って10歳の児童に接種したことが明らかになりました。接種されたのはファイザー社製のワクチンで、小金井市によると児童の体調に...
別窓で開く

韓国政府、来月末まで計46万人分の新型コロナ飲み薬の早期導入推進
韓国政府は来月末までに計46万人分の新型コロナウイルスの飲み薬の早期導入を推進すると明らかにした。「ラゲブリオ」(一般名:モルヌピラビル)初度量2万人分は26日から本格使用する。中央災難(災害)安全対策本部は25日、保健福祉部からこうした新型コロナウイルスワクチン・治療剤開発の現況および支援案につい...
別窓で開く

堀内ワクチン担当大臣退任の「本当の理由」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月24日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。堀内ワクチン担当大臣が3月末で退任する方針であることが判明したというニュースについて解説した。政治 衆院予算委員会 自民党・堀内詔子衆議員=2018年1月29日午前、国会・衆院第1委員室 写真提供:...
別窓で開く

2番目の新型コロナ飲み薬「ラゲブリオ」の緊急使用承認=韓国
韓国食品医薬品安全処は23日、米国メルク(MSD)の新型コロナウイルスの飲み薬「ラゲブリオ」(一般名:モルヌピラビル)の緊急使用承認を決定したと明らかにした。ラゲブリオはファイザー社の「パクスロビド」(一般名:ニルマトレルビル/リトナビル)に続き、韓国で2番目に導入される新型コロナウイルスの経口用治...
別窓で開く

新型コロナワクチン3回目接種は「できるワクチンを早く接種する」ことが重要 〜東京都医師会・尾﨑治夫会長
東京都医師会会長の尾﨑治夫氏が3月14日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。第6波による感染者の現状と3回目のワクチン接種について解説した。ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」ピーク時は東京での感染者が1日2万人 〜ここまで急激に感染者が拡大...
別窓で開く

中国が「第3のリスク」に! 自国製ワクチン信じない「ロックダウン」は世界経済のアダ?
ロシアのウクライナ侵攻、米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派姿勢に次いで、中国が「世界経済第3のリスク」に急浮上した。オミクロン株感染急拡大中の中国では、「ゼロコロナ」政策のもと、ロックダウン(都市封鎖)が相次ぎ、経済への悪影響が懸念されているのだ。エコノミストたちの分析を読み解くと——。...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

パクスロビド ラゲブリオ 小金井