本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「岸田政権のアキレス腱」になる可能性も 〜堀内ワクチン担当大臣の頼りなさ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。岸田総理が年頭記者会見でオミクロン株感染者を全員入院させる現在の方針を見直す考えを示したニュースについて解説した。...
別窓で開く

あす(6日)ファイザー製ワクチン46.2万回分が韓国に到着
韓国政府は6日、個別契約されたファイザー製ワクチン46万2000回分が仁川国際空港に導入される予定だと明らかにした。これとともに政府は、2022年の新規購入や2021年の物量繰り越しなどを通じて、2022年に新型コロナウイルスのワクチン計1億5044万回分を確保したと説明した。...
別窓で開く

いまさら「まん延防止等重点措置」は効果があるのか 〜沖縄県で新型コロナ感染急拡大
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。沖縄県の玉城知事が政府に対し、「まん延防止等重点措置」適用の要請を検討する考えを示したことについて解説した。...
別窓で開く

米、コロナ感染者が1週間で2倍増加…登校延期が続出
米国の学校が登校を延期している。オミクロン変異の拡散で、コロナの新規感染者数が急増しているからだ。3日(現地時間)、ロイターによるとここ数週間、米国の中で最も急速に感染者が増えているニュージャージー州は、オンライン授業を行った。ミルウォーキーの公立学校も4日からオンライン授業に切り替えると明らかにし...
別窓で開く

「シニアガイド」2021年掲載記事ページビューランキング
新型コロナウイルスの流行が続く中、2022年が明けました。 読者の皆様のおかげで、また1年「シニアガイド」を続けることができました。ありがとうございます。 2021年に掲...
別窓で開く

コロナワクチン「開発の母」、カリコ博士って、どんな人?
 新型コロナウイルスに関連して、世界で最も有名になった女性は、ドイツビオンテック社の上級副社長カタリン・カリコ博士だろう。本書『世界を救うmRNAワクチンの開発者 カタリン・カリコ』(ポプラ社)は、そのカリコ博士の苦難の人生を紹介したものだ。「世紀の発見は逆境から生まれた」という副題がついている。 ...
別窓で開く

「初めてのデジタル庁のちゃんとした仕事」コロナワクチン接種証明アプリ運用始まる
ITジャーナリストの三上洋が12月28日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。「新型コロナワクチン接種証明アプリ」について解説した。新型コロナウイルスワクチン接種の電子証明書アプリ画面 撮影日:2021年12月20日 写真提供:産経新聞社三上)今回ですね、いわゆるワクチンパス...
別窓で開く

3回目の接種に備える 新型コロナワクチン8つの疑問(後編)副反応はひどくなる?
⑤1、2回目とは異なるメーカーのワクチンでも効果はある? 初回と違うメーカーのワクチンを接種することを「交互接種」という。日本では追加接種において、ファイザー製、または武田・モデルナ製が薬事承認されており、初回接種時のワクチンの種類に関係なく、ファイザー製、または武田・モデルナ製のどちらかの接種とな...
別窓で開く

オミクロン変異株で2022年はどうなる? 外為オンライン・佐藤正和氏
 新型コロナウィルスの変異株「オミクロン」が世界中で猛威をふるっている。クリスマスを挟んで、欧米諸国で過去最高の感染者数を記録するなど、2022年もまた新型コロナに振り回されそうな予感がする人も多いはずだ。その一方で、ここに来てまたもや米国株が最高値を更新するなど、金融マーケットは堅調な動きを見せて...
別窓で開く

日本のワクチン「3回目」接種は遅い オミクロンに間に合わなくなる
日本でも新型コロナウイルスのオミクロン株による市中感染が広がりつつある。対策の切り札になるとされているのは、3回目のワクチン接種(ブースター)だ。すでに医療従事者などへの接種が始まっているものの、一般の国民に順番が回ってくるのはかなり先になりそうだ。なぜ遅れているのか。...
別窓で開く