本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【フィリピン・セブ】日本帰国のためのRT-PCR検査、フィリピン航空提携・UCMed
 2022年8月4日、日本からフィリピンへは、ファイザーやモデルナなどの新型コロナワクチンを、3回接種していれば陰性証明は不要だ。しかし日本入国時(帰国時)には、出発国でフライトの72時間以内に採取した検体の「新型コロナウィルス感染症・陰性証明書取得」が義務付けられている。...
別窓で開く

【上海IPO】がん・代謝系疾患新薬開発の益方生物科技、初値が公開価格を22.74%下回る
 がん・代謝系疾患新薬開発を手掛ける益方生物科技(上海)股フェン(688382/上海)が7月25日、上海証券取引所の科創板に新規上場した。公開価格18.12元に対し、初値は22.74%低い14.00元だった。終値は同15.62%安の15.29元だった。  同社は2013年設立で、20年に株式会社化し...
別窓で開く

多摩モノレール全線が一日100円に!クイズラリーも開催される 夏の「たまモノこどもワンデーパス」
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は多摩都市モノレールの小学生が対象の1日乗車券「たまモノこどもワンデーパス」第2弾についてや、東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議で示された三つの大きな取り組み...
別窓で開く

ワクチンが効かない!オミクロン株「BA.5」対応の「またしても後手」
 新型コロナウイルスの感染の再拡大を受け、7月11日、政府分科会の尾身茂会長は岸田総理と会談後、「新たな感染の波が来たことは間違いない」と第7波に入ったという認識を示した。 現在、主流となっているのはオミクロン株のうち感染力が最も強いとされる「BA.5」。尾身会長は「現時点で強い行動制限は必要ない」...
別窓で開く

【上海IPO】がん・代謝系疾患新薬開発の益方生物科技(上海)が14日に公募開始、1億1500万株発行予定
 上海証券取引所の科創板への上場を目指している、益方生物科技(上海)股フェン(688382/上海)が7月14日、新規公開IPOに向けた公募を開始する。1億1500万株を発行予定で、公募価格は18.12元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2013年設立で、20年に株式会社化した。...
別窓で開く

一生打ち続けるのか!?コロナワクチン「5回接種で死者急増」「7回で半数死亡」衝撃警告を葬るな!
 昨年秋、免疫医学と抗体研究の専門家として知られる東京理科大学の村上康文名誉教授が、新型コロナワクチンの接種回数について次のような警鐘を鳴らし、波紋を広げた。「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。7〜8回繰り返すと半分近くが死亡するという、動物での研究結果もある──」...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■「決算書100本ノック」で各業界の業績を見る「週刊ダイヤモンド」(2022年6月25日...
別窓で開く

コロナワクチン3回目キメたけど副反応なさすぎで「注射刺されたときの痛みのほうが辛かった」
あくまで筆者の経験談コラムだと思って読んでほしいのですが、新型コロナウイルスのモデルナワクチンを2021年6月と7月に接種し、大きく時間をあけて2022年6月にファイザーワクチンを打ちました。その3回目接種のときの体調変化をお伝えしたいと思います。感覚と風の流れと鳥のさえずりだけで生きている人間のコ...
別窓で開く

副反応が少ない「ノババックス製」ワクチン 〜新たな新型コロナワクチン
東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が6月3日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。新たな「ノババックス製ワクチン」について解説した。米バイオ医薬品企業ノババックスのロゴと新型コロナウイルスワクチンのラベルが貼られた薬瓶。...
別窓で開く

ノババックスワクチン、「心筋炎発病」の懸念が浮上
米FDA(米食品医薬品局)は、米製薬企業“ノババックス”の新型コロナウイルス感染症ワクチンに対して「心筋炎発病に関する可能性がある」として懸念を示した。3日(現地時間)フランスAFP通信などによると、FDAはノババックスワクチンの臨床試験の結果を分析した報告書を通じて先のように提起した。...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

ucmed フィリピン ipo