本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ飲み薬を服用した韓国の第1号患者、2日で症状消える=ネット「偶然じゃないことを願う」
2022年1月18日、韓国・中央日報によると、韓国内で初めて新型コロナウイルスの飲み薬「パクスロビド」を服用した患者の症状が2日もたたずに回復した。記事によると、コロナに感染した70代のチェさんは疲労感、咳、痰、胸の痛みなどの症状があった。14日午後8時に米ファイザー社の「パクスロビド」を服用したと...
別窓で開く

韓国、コロナ経口治療薬を3日間で39人に処方、副作用は0件=韓国ネット「信用できない」
2022年1月17日、韓国メディア・ニュース1によると、韓国の防疫当局は14日から16日までに新型コロナウイルスの経口治療薬を39人に処方・投薬したことを明らかにした。韓国疾病管理庁中央防疫対策本部によると、韓国ではファイザー社の経口治療薬である「パクスロビド」を14〜16日の3日間に39人に処方。...
別窓で開く

急拡大中で高齢者では重症化し易いオミクロン株に対してワクチンの追加接種は有効か?
オミクロン株による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第6波が拡大中です。オミクロン株は病原性が低いとは言え80歳以上の高齢者では重症化し易く(1)、ようやく登場した経口治療薬を軽症の内に早期投与できるようにしなければなりません。一方で、ワクチン接種も進展させなければなりません。...
別窓で開く

コロナワクチン、何回打てばいいのか—独メディア
2022年1月12日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、「新型コロナから抜け出すには、いったい何回ワクチンを打つ必要があるのか」とする記事を掲載した。記事は独ビオンテックの責任者が11日、米ファイザーとの共同開発によるオミクロン変異株対応の新型コロナワクチンについて1月末に臨床研究段階...
別窓で開く

米ファイザー、メルク製には難点も…オミクロン対策の決め手は国産飲み薬の早期実現化
 岸田首相は1月11日、感染が急拡大する新型コロナの変異型(オミクロン型)について、外国人の新規入国を原則停止するなどの厳格な水際対策を2月末まで延長しつつ、ワクチンの追加接種の前倒し拡大や在宅療養の強化を柱とする新たな対策を発表した。 デルタ型に比べ感染力が高いオミクロン型の1日当たりの新規感染者...
別窓で開く

松本人志 オミクロン株拡大に持論「集団免疫つくぐらいの気持ちで大丈夫」「ワクチンの副反応の方が…」
 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が16日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の広がりによる感染急拡大について言及した。 全国の新型コロナウイルスの新規感染者数が14日、2万2045人となり、1日の新規感染者数が昨年9月...
別窓で開く

若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた
 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」とみられる感染の猛威は勢いを増すばかり。国内では昨年9月4日以来、4カ月ぶりに新規感染者が1万5000人を超えた。「オミクロン株」は「デルタ株」に比べて重症者数が少ない傾向がみられるものの、厚労省の専門家組織の会合では、潜伏期間が平均3日程度と従来の5日よ...
別窓で開く

重症化率、経口薬の確保数、病床の余裕は? オミクロン株の疑問を専門家が徹底解説
 倍々ゲームで増えはじめたオミクロン株。たとえ重症化しにくくても、感染者や濃厚接触者になれば社会活動は制限され、重症化リスクもないわけではない。光は見えつつあるが、いま手を抜いては元も子もない。正しく警戒するためのすべてを、ここに示したい。 *** これほど急激な感染者の増加は、専門家を含むほとんど...
別窓で開く

人生100年時代は、健康こそ最大の資産です。しかし40歳を越えると、がん、糖尿病、腎臓病といった病気を避けては通れません。国立がん研究センターによれば、40〜49歳のがん患者数は、30〜39歳と比べると3倍以上です(2018年)。もちろん50代、60代と年齢を重ねるにつれ、がん患者数はどんどん増えて...
別窓で開く

オミクロン株は“コロナ終息のサイン”か 弱毒化の兆候も
 欧米では感染者が爆発的に増え、国内でもその兆しが見えてきた。原因はひとえに感染力が強いオミクロン株だろう。このまま感染者が増え続けると、また医療逼迫が起きるのか。だが、コロナ禍終息の救世主になるとの見方もある。この変異株の戦略とはいかに。 *** 年末年始、欧米各国では新型コロナウイルスの感染者が...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

オミクロン