本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国「ゼロコロナ」大幅緩和 医療機関には患者殺到 「長く『コロナは恐ろしい』という印象を植え付けられ、大慌てしている」辛坊治郎が持論を展開
キャスターの辛坊治郎が12月14日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。新型コロナウイルス感染症をめぐり、中国政府がこれまでの「ゼロコロナ」政策の大幅緩和を進めている中、国内の感染者が医療機関に殺到している理由について、「長く『コロナは恐ろしい』とい...
別窓で開く

7割の子どもが「新型コロナワクチン」を接種していない「背景」にあるもの
東京都医師会理事で「かずえキッズクリニック」院長の小児科医、川上一恵氏が12月7日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。子どもの新型コロナワクチン接種について語った。※画像はイメージですワクチン接種によって後遺症の発生率も下げることができる 〜子どもの新型コロナワクチ...
別窓で開く

ゼロコロナ政策への抗議デモ「白紙革命」は"習近平独裁"崩壊への一歩となるか?
12月3日に大阪で開かれた抗議集会の様子。解散後、一部がプラカードを持って中国駐大阪総領事館の前を「散歩」し、抗議を訴えた中国のみならず、日本やアメリカなど各地で行なわれたゼロコロナ政策への抗議デモ、通称「白紙革命」。現在は落ち着きを見せているが、政府を激しく批判する声は驚きをもって受け止められた。...
別窓で開く

<1年前のワイドショー>今年の忘年会はパンツを...いやマスクをはずして? 「顔パンツ」の当時と今
<1年前のワイドショー>昨(2021)年の今ごろは、現在は当たり前になっている新型コロナの新しい変異株「オミクロン株」が確認され、世界にまん延する気配が強まっていました。水際作戦で警戒していた日本でも、ついに昨年12月6日、初めて日本人の感染が確認され、市中感染がじわじわと広がっていくだろうと予測さ...
別窓で開く

一体、いつまで打てばいい? “免疫学の権威”が語る「いまコロナワクチンについて分かっていること」
 年末に向け、政府や厚労省がワクチンの追加接種を改めて呼びかけている。すでに新型コロナワクチンの総接種回数は3億5000万回を超え、国民のうち2回接種した人は80.4%、3回目も同67.2%と高い水準を誇る(12月8日現在)。一方、世界各国ではワクチンの追加接種のペースは鈍り、同時にワクチンに関する...
別窓で開く

世界が注目する若手研究者集団を率いるウイルス学者に聞く「第8波」と新型コロナの正体
新型コロナウイルスの研究で熱い視線を浴びる、日本の若手研究者集団「G2P-Japan」の佐藤教授新型コロナの流行が始まってからもうすぐ3年。最初の武漢株の出現から現在流行中のオミクロン株までウイルスは次々と変異を重ね、世界各地で感染爆発と収束を幾度となく繰り返してきた。...
別窓で開く

中国「ゼロコロナ」大幅緩和は世界経済の脅威! エコノミストが指摘...「世界のインフレ加速」「FRBが引締め強化」「中国で200万人の死者」
一時は公然と「共産党、退陣!」「習近平、退陣!」と叫ぶ抗議デモに発展した中国の厳格な「ゼロコロナ」政策。習近平政権は2022年12月7日、大幅な規制緩和に舵を切った。上海のロックダウンなどで大きな打撃を受けてきた世界市場にとって、「経済活動の正常化はよいこと」と思いきや、「世界のインフレがさらに加速...
別窓で開く

中国上層部が「ゼロコロナ」に別れを告げるのは苦渋の選択—独メディア
2022年12月5日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、新型コロナの厳しい感染予防規制を緩和し始めた中国について「ゼロコロナと別れるのも痛みを伴う選択だ」と報じた。記事は、独紙ディー・ターゲスツァイトゥングがこのほど発表した「コロナ感染と別れるのも苦痛だ」と題する文章を紹介。...
別窓で開く

「いい会社」はどこにあるのか──? もちろん「万人にとっていい会社」など存在しない。だからこそ、本当にいい会社に出合うために必要なのは「自分なりの座標軸」である。そんな職場選びに悩む人のための決定版ガイド『「いい会社」はどこにある?』がついに発売された。20年以上にわたり「働く日本の生活者」の“生の...
別窓で開く

視野を広げるきっかけとなる書籍をビジネスパーソン向けに厳選し、ダイジェストにして配信する「SERENDIP(セレンディップ)」。この連載では、経営層・管理層の新たな発想のきっかけになる書籍を、SERENDIP編集部のチーフ・エディターである吉川清史が豊富な読書量と取材経験などからレビューします。■日...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

グーグル frb