本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。コロナ禍の「自粛経済」と東京オリンピック・パラリンピックの開催に揺れた2021年。...
別窓で開く

ファイザー製ワクチンの3回目接種を受けた高齢者、4日後に死亡=韓国報道
韓国チェジュ(済州)で新型コロナワクチンの3回目の追加接種(ブースターショット)を受けた70代の高齢者が死亡した。21日、済州道はファイザー製ワクチンの3回目接種を受けた70代のAさんが遺体で発見されたと発表した。済州道防疫当局によると、Aさんは今月15日の3回目のワクチン接種後、特に副反応はなかっ...
別窓で開く

東京で新たにオミクロン株1人感染 3回目前倒し接種も開始
 東京都は12月20日、アフリカ東部から入国した男性が新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」に感染していたと発表しました。 新たに感染を確認したのは都内に住む40代の男性で、12日にアフリカ東部から成田空港に到着しました。空港検疫では陰性で、男性はその後、都内の宿泊施設などで待機していたということ...
別窓で開く

コロナ関連の破たん2491件に 2021年は前年から倍増 東京商工リサーチ
 東京商工リサーチは17日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が、累計で2,491件(負債1,000万円以上)に達したと発表。2021年のコロナ破たんは17日時点で1,648件に達し、843件だった2020年の約2倍に。オミクロン型の脅威はまだ未知数ながら、水際対策の延長が検討されるなど、一...
別窓で開く

余ったアベノマスクは役に立つのか、「THE TIME,」が伝えた処理
「コロナで入院、死亡のリスクが9割近く低下する効果が確認されました」と、司会の安住紳一郎がファイザーが開発中の飲み薬はについて伝えた。「THE TIME,」はきょうも新型コロナウイルスの話題が続いた。ファイザー社の治療薬「パクスロビド」は、治験の最終結果によると、発症3日以内に投与した患者グループの...
別窓で開く

英オックスフォード大学「ワクチン2回接種、オミクロンには十分でない」
コロナワクチンを2回接種しても、新種の「オミクロン変異」に十分対応できないという研究結果が出た。13日(現地時間)、ロイター通信によると、英オックスフォード大学の研究チームは最近、ワクチンの交差接種に関する研究のため、アストラゼネカもしくはファイザーのワクチンを接種した実験参加者の血液サンプルを分析...
別窓で開く

収拾のつかない「コロナ感染拡大」の勢い、韓国政府の選択は「スピード戦」= 韓国
収拾のつかない新型コロナウイルスの状況を抑制するために韓国政府が打ち出した対策はワクチンの3回目(ブースター)接種を通じた「スピード戦」だ。接種間隔を3か月間一括で短縮することを選択した防疫当局は、13日から事前予約を受付け、青少年の接種率を高めるため、学校に直接出向きワクチンの接種を行う。...
別窓で開く

ファイザー社製コロナワクチン接種、オミクロン株には32分の1の効果=香港大などによる研究
ファイザー社製のワクチンが新型コロナウイルス変異株であるオミクロン株に対して、感染予防効果が32分の1以下に減少するという研究結果が出た。12日、香港大学と香港中文大学の研究者が1か月前にファイザー社製のワクチン接種を完了した10人の血液を採取して実験した結果、新型コロナウイルスを引き起こす既存のS...
別窓で開く

ブースターショットに加速... 1日に75万人が接種、過去最多=韓国
韓国ではブースターショット(追加接種)や防疫パスの導入をめぐり、一部で不満世論が高まっている中、接種速度は急速に伸びている。今月10日には過去最多の75万人がブースターショットに参加した。新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、11日午前0時基準で新型コロナウイルスのブースターショット参加者は...
別窓で開く

<今週のワイドショー> オミクロン株めぐるバトル 警戒しすぎ?楽観禁物?
今週(2021年12月)になって、コロナ変異株「オミクロン株」の症状は軽くてすみそうだとの見方が広がり、パンデミック「終焉説」も出始めた。米ファイザー社は8日、ワクチン3回接種でオミクロン株にも同等の予防効果があると発表した。だが、まだ研究データは少なく、専門家は油断を戒めている。...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

オックスフォード大学 東京商工リサーチ time the