本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3回目ワクチン接種が進まないワケ? モーニングショーが解説、長嶋一茂「僕は3回目は...」
「遅れています」ときょう28日(2022年1月)の「モーニングショー」でMCの羽鳥慎一が切り出したのは、遅々として進まない新型コロナワクチンの3回目接種の話題だ。背景には主にモデルナの不人気があるようだ。日本の3回目接種の進捗状況は、きのう27日の時点で全人口の2.5パーセント。...
別窓で開く

ついに「弱気」相場入り 日米ともにリスクオフで市場は手じまい(中西文行)
【プロはこう見る 経済ニュースの核心】 一日中、救急車のサイレンが鳴り響く。どこの誰がオミクロン株に感染したのかと不安になる。結婚式・披露宴の招待者は減り、葬儀社を取材すれば、感染回避でお通夜・告別式を身内だけで行う家族葬が増えているという。障害者施設でもクラスターが発生、作業所は閉鎖されたという。...
別窓で開く

【医師解説】「オミクロン株で自宅療養」に備える市販薬とは?
「ワクチン未接種者が多く、活動的な若い世代を中心にオミクロン株の感染者が急増し、そこからさらに家庭内へと拡散されています。今後しばらく、感染者は増え続けるでしょう」そう語るのは、発熱外来でコロナ患者を診察してきた医療法人「杉原クリニック」(神奈川県横浜市)院長・古川健司先生だ。...
別窓で開く

コロナ飲み薬、承認勧告=米ファイザー製、EUで初—欧州当局
 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は27日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」の販売承認を勧告した。これを踏まえ、欧州委員会が承認を最終決定する。 コロナ飲み薬が承認されるのはEUで初めてとなる。発症初期患者の重症化リスクを低減する効果が...
別窓で開く

ファイザー製ワクチンで3回目接種、「抗体価」が2回目後の2・4倍に上昇…川崎医科大チーム
 米ファイザー製の新型コロナワクチンの3回目接種を受けた人は、ウイルスを攻撃する抗体の量を示す「抗体価」が2回目接種後の2・4倍に上昇したと、川崎医科大(岡山県倉敷市)のチームが27日、発表した。3回目については、海外の研究で発症や重症化を防ぐ効果が高まるとの報告...
別窓で開く

 岸田文雄首相が新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の遅れに危機感を強めている。変異株「オミクロン株」の感染拡大と結び付けられれば、政府への不信感が高まりかねないためだ。野党は「先手」をうたってきた首相の指導力に疑問を呈している。 「きのうから1万回しか増えていないじゃないか」。...
別窓で開く

モデルナ、オミクロン対応ワクチンの臨床試験を開始…ファイザーに続き
 【ワシントン=田島大志】米バイオ企業モデルナは26日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応したワクチンの臨床試験を開始したと発表した。 ...
別窓で開く

ワクチン3回目接種が進まない「もう一つの理由」…医療従事者すら副反応リスクを懸念
「全然進んでいないじゃないか。もっと加速できないのか」 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が続く中、政府が旗を振る「ワクチンの3回目接種」が遅々として進んでいない。首相官邸のホームページによると、「ワクチンの3回接種完了者」は25日時点で接種率2.1%にとどまり、岸田首相は執務室で...
別窓で開く

米モデルナも治験開始=オミクロン特化ワクチン
 【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは26日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に特化したワクチンの臨床試験(治験)を始めたと発表した。米ファイザーも治験を始めており、オミクロン株が猛威を振るう中、特化型ワクチンの開発が本格化している。 治験は米国で実施し、18歳以上の600人程...
別窓で開く

2回接種のワクチン有効率51・7%、半年前の88・7%から大幅低下「発症可能性は十分ある」
 長崎大熱帯医学研究所などでつくる疫学研究チームは26日、国内で使用されている新型コロナウイルスワクチンの発症予防の効果について、2回接種した人の有効率は、今月時点で51・7%だったとの研究結果を発表した。半年前の88・7%から大幅に低下し、接種からの時間の経過や...
別窓で開く


[ ファイザ ] の関連キーワード

オミクロン 川崎医科大