本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今注目のボカロP・柊マグネタイトが語る作曲秘話、ニコ動のコメントサーバーお引越し情報etc… 『週刊ニコニコインフォ 第30号』レポート
 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。 30回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、ピックアップゲストには柊マグネタイト氏が登場。 2020年のボカロシーンに旋風を巻き起こした今大注目のボカロP柊マグネタイト氏が語る作曲秘話、直近で盛...
別窓で開く

本山雅志が始動!マレーシア2部のケランタン・ユナイテッドでも背番号「10」を背負う
 黄金世代の元日本代表、本山雅志がついに始動した。 2月4日に福岡空港からマレーシアに向けて出国したと九州の複数メディアが伝えている。 東福岡高から1998年に鹿島アントラーズに加入し、数々のタイトルを獲得。1999年のワールドユースで世界2位に輝いたのをはじめ、日本代表でもファンタジー溢れるパス&...
別窓で開く

SEVENTEENから6人が登場! 胸アツ日本語の動画メッセージも必見 #134
『anan』2223号(10/28発売)でリモート取材・撮影をしたのが、SEVENTEEN13人のうちの、ジョンハン、ホシ、ミンギュ、ドギョム、バーノン、ディノの6人。ananwebでは本誌とは別に、オリジナルの内容でインタビューと画像を紹介します。...
別窓で開く

「天才。まさにそんな選手だ」セルティック時代の恩師ストラカンが中村俊輔の“凄み”を地元紙で回想!
 今から14年前、日本人レフティーが残した鮮烈なインパクトは、当時を知る指揮官にとって忘れがたい記憶となっているようだ。 英紙『The Scottish Sun』は、「あなたが考えるセルティックのベストイレブン」という特集企画を掲載。そのなかで2005年から約4年間にわたって指揮を執ったゴードン・ス...
別窓で開く

思い切り泣いてモヤモヤ解消! “免疫力アップ”の号泣必至の5作品!
免疫力UPには、食や運動習慣の改善だけでなく、メンタルケアも大切な要素。そのケアには映画や漫画などの作品も役立ちます。もやもやした感情を洗い流し浄化してくれる涙。観終わった後、切なさ、愛おしさ、温かさなど、心地いい感情に包まれる感動作たちをエンタメに詳しい皆さんが教えてくれました。誰にでも共通する人...
別窓で開く

西荻窪で飲むならここ! 最高の食体験が待っている西荻窪はしご酒スポット
食楽web 一人で気ままにはしご酒をするにしても、しっかりごはんを食べながら、地元をユルく回遊…とめぐり方、お店のチョイスも十人十色。大人の遠足ともいえるはしご酒にはその人の飲み方の流儀が反映されるものです。案内人:山内 史子さん/のんだくれ紀行作家。国内外の歴史や物語の舞台に立つ自分に酔い、夜はそ...
別窓で開く

語り継がれる伝説——スコットランド代表の“10番”が中村俊輔への憧れを語る「ボールボーイだった僕は…」
 日本が生んだ稀代のファンタジスタの左足から生まれた衝撃の一撃は、ボールボーイだった少年の人生を変えた。 今から14年前、当時スコットランドの超名門セルティックに所属していた中村俊輔は、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージで対戦したマンチェスター・ユナイテッドとの2試合で、2本のFK弾を...
別窓で開く

「一緒なら不可能なんてなかった…」元セレソン戦士リバウドが獄中のロナウジーニョとの思い出を回想!
 かつてサッカー界で一世を風靡した天才はいま、パラグアイの塀の向こうにいる。元ブラジル代表MFのロナウジーニョだ。 今月4日に偽造パスポートを使用した罪に問われ、現在はパラグアイの刑務所に拘留されたロナウジーニョ。その後の裁判で本人は身の潔白を主張したが、逃亡の可能性と組織犯罪への加担が追及され、最...
別窓で開く

乗船目的1位「移動手段(連絡船、水上バス、フェリーなど)」7割
総計を見ると、1位は「移動手段(連絡船、水上バス、フェリーなど)」で70%、2位は「観光(船からの景色を楽しむ)」で67%と、ここまでが過半数超え。3位は「レジャー・デート(手漕ぎボート、ディナークルーズなど)」で35%でした。...
別窓で開く


<前へ12次へ>