本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



渦中の山川穂高が出場登録を抹消。WBCで世界一に貢献も「週刊誌報道」でファンからは憤りの声も
5月12日、山川穂高(西武)が出場選手登録を抹消された。 3月に行なわれたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表の世界一に貢献したひとりでもある山川。今季は、ふくらはぎの張りで4月10日に出場選手登録を抹消されたものの、今月2日に1軍に再昇格。だが打率.254、0本塁打、5打点と...
別窓で開く

「中田翔に岡本離脱はあかんて」左手に死球の岡本和真が途中交代。“頼れる4番”の負傷に悲痛の叫び「洒落にならん」
5月11日に横浜で行なわれたDeNA戦に「4番・一塁」でスタメン出場した岡本和真(巨人)が7回の第4打席に死球を受け、無念の途中交代となった。 4対1と3点リードの7回1死二塁の場面で岡本は、3番手右腕・森原康平と対峙。ボールカウント1-2とした5球目、インコース高めのストレートが不運にも岡本の左手...
別窓で開く

「年齢は関係ない!」43歳ヤクルト石川雅規のNPBタイ”22年連続勝利”に反響続々「秋田の誇り」「200勝へ!さあ行こうか!」
球界最年長左腕が、偉大なレジェンド投手に肩を並べた。 ヤクルトの石川雅規が5月10日の阪神戦(甲子園)に先発し、5回1/3を投げて4安打、無失点と好投。救援陣も猛虎打線をシャットアウトし、チームは5対0で完封勝ちした。 43歳のベテラン左腕が今季初白星を手にした。これで石川はプロ1年目から22年連続...
別窓で開く

「人間性も一流!」オスナの “男気溢れる発言”が話題!山田哲人のHRボール騒動に助け船を出す「惚れてまうやろ」
山田哲人(ヤクルト)のホームランボールを巡る騒動に、オスナ(ヤクルト)がケリを付けようと自身のツイッターで反応。その“男気発言”が大きな話題となっている。 騒動は、5月2日の巨人戦で起きた。1対4と負け越した6回、先頭打者の山田は東京ドームの左翼席に打球を運んだ。...
別窓で開く

「扱い雑すぎない?」中日・ビシエド が“再び”2軍落ち。打率「.236」も1週間で降格に賛否両論「当然でしょ!」
5月10日、ビシエド(中日)が出場選手登録を抹消された。【PHOTO】中日ドラゴンズの試合を彩る「チアドラゴンズ」の侍ジャパンバージョンをお届け! 今季15試合に出場し、ここまで打率.236のビシエドだが、0本塁打、0打点と調子が上がらない。ここぞという好機で凡退を繰り返し、得点圏打率.000に留ま...
別窓で開く

【セ6球団開幕1ヵ月通信簿】首位DeNA、得失点差1位の阪神はA評価。中日は記録的な貧打に泣く…<SLUGGER>
2023年のプロ野球も開幕から1ヵ月以上が経過。そこで、セ・リーグ6球団の3・4月をA〜Dの4段階で採点しながら振り返ってみよう。※データ提供:DELTA■DeNA16勝7敗 勝率.696(1位)得失点差+16開幕4連敗を喫しながらも大きく巻き返し、貯金9を作ってリーグ首位に立つ。...
別窓で開く

ブローカーから脅迫、偽造パスポートを食べて隠滅…中日助っ人で話題のキューバ人選手の破天荒な亡命秘話<SLUGGER>
球界を驚かせる一報が舞い込んだのは去る3月29日だ。先のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加していた中日のジャリエル・ロドリゲスがMLB球団との契約を目指してキューバから亡命したと伝えられたのである。昨季の最優秀救援投手であり、2年契約を交わしたばかりのブルペンの柱を失ったドラゴンズフ...
別窓で開く

侍J、前日完敗の中日に雪辱!佐々木朗希が自己最速165キロ、岡本和真がチーム第1号の決勝アーチ!!
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた壮行試合の「カーネクスト侍ジャパンシリーズ2023」の中日ドラゴンズ対日本代表が3月4日、バンテリンドームで行なわれ、4対1で日本が勝利を収めた。【動画】レフトスタンドへ侍ジャパン壮行試合第1号! 岡本和真の勝ち越しソロアーチをチェック 日本は先発...
別窓で開く

「先発陣に劣らないと噂のリリーフ陣が崩れた」——侍ジャパン中継ぎ陣が6失点。直前の“低調ぶり”に韓国紙も驚き!【WBC】
3月3日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は中日と強化試合を行なった。各球団からトップ選手を選抜している侍ジャパンだが、中継ぎ陣が中日打線に捕まり、2対7で大敗を喫した。【PHOTO】WBC前哨戦!侍ジャパンvs中日ドラゴンズの厳選フォトギャラリー!! 4回からいわゆる「第2先発...
別窓で開く

「全て受け止める」WBC球の対応、調整不足、課題山積みも…栗山監督の”変わらない”投手陣の信頼「本番までにクリアしてくれる」
本番に向け、課題が浮き彫りになる試合だった。 3月9日にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)初戦を控える侍ジャパンは3日、バンテリンドームで中日と壮行試合を行ない、2対7で完敗した。リリーフ陣が途中で打ち込まれ、打線も好機であと1本が出ず、つながりを欠いた。...
別窓で開く


[ ビシエド ] の関連キーワード

slugger ヤクルト キューバ ジャパン 佐々木
wbc