本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



キーボードのキーを使ったドット絵アート 「レゴも得意なんだろうね」「キーボードのキーってこんなに沢山の色があるのか」
米ユタ州在住のアーティスト、エリック・ジェンセンさんの代名詞はキーボードのキーを使ったドット絵アートです。何色もの文字キー、スペースキー、シフトキー、エンターキーといったキーボードのキーを使い分け、人物画や名画を再現したアート作品をInstagramで公開しています。...
別窓で開く

倉本美津留の下積み時代。見学者なのに企画を提案しチャンスを掴んだ
『M−1グランプリ』『ダウンタウンDX』をはじめ、数々のバラエティ番組を手がけてきた放送作家・倉本美津留さんも、若い頃はくすぶっていた。ビートルズを超えてやるという決心を持って、大学を卒業しても就職はせずにバンド活動を続けていたその頃が、倉本さんにとっての「土壇場」だった。■ビートルズの影響を受け、...
別窓で開く

市川紗椰、両親の名前に驚き 「運命じゃん」「そんなことあるんだ」
モデルの市川紗椰さんが2021年1月23日放送の音楽番組『題名のない音楽会』(テレビ朝日)に出演しました。この日の同番組の企画は『和楽器でビートルズに挑戦する音楽会』。ゲストとして出演した市川さんは、家族そろってロックバンド『ビートルズ』の大ファンなのだそうです。また、市川さんは番組内で両親の名前に...
別窓で開く

やり手放送作家に聞いた「面白い人の条件」の超意外な答え
漫才の日本一を決める『M−1』や『ダウンタウンのごっつええ感じ』など、数々のお笑い番組に携わってきた放送作家・倉本美津留さん。あまり知られていないが、実はフリップ(ボード)を使った「フリップ大喜利」の発明者でもある。一方で長年、音楽活動を続けてきたほか、小説『びこうず』を執筆したりYouTubeの番...
別窓で開く

『POPEYE』『ファミ通』でおなじみのイラストレーター・松下進インタビュー「きっかけはビートルズ」
 基本的に、好きなことはずっと変わらず、それを延々とやり続けるタイプです。物心ついたときから絵を描くのが好きだったし、中学生のときに好きだった『シャドウズ』というバンドの曲は、今でも演奏しています。映画だと、“SFX”なんて言葉がまだ登場する前から特撮映画が大好きで、『スター・ウォーズ』のグッズは仕...
別窓で開く

静謐なミニマルさと最新機能を併せ持つターンテーブル誕生
ストリーミング配信が全盛となった音楽シーンですが、その一方で根強い支持を獲得しているのがアナログ音源。カセットテープやレコード盤への人気が高まるとともに、それらを再生するための機器にも大きな注目が集まるようになりました。...
別窓で開く

日本人は何も知らない! イメージと違うヨーロッパの残念な国民性
イタリア人はシブいオジサンが多い、フランス人は美食家だらけ、など——。各国の国民性に対するイメージは、日本人であれば、おおよそ統一されているのではないでしょうか。しかし、元国連職員でイギリス在住の谷本真由美氏によると、イギリス人は「ガチのヤンキー」、イタリア人は「子ども部屋おじさん」と、実際のところ...
別窓で開く

Chromecast with Google TVで何ができる?買う価値はアリ?
11月25日にGoogleが「Chromecast with Google TV」というデバイスを発売しました。価格は7600円(「Netfix」6か月分メンバーシップとのセットは1万1200円)。従来のChromecastとは何が違うのか? 「Google TV」とは何なのか? いち早く使ってみま...
別窓で開く

番組で年収について聞かれると…? 松任谷由実の『返答』が、かっこよすぎた
2020年11月27日に放送された、バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に、シンガーソングライターの松任谷由実さんが出演。番組では、視聴者から寄せられたさまざまな質問に対し、松任谷さんが答える形でトークが展開されました。■収入に対する質問をされた、松任谷由実が…?10〜20...
別窓で開く

日本の夕方が持つ、日本独特の「優しい時間」=中国メディア
 11月も後半に入り、日没が早くなってきた。これから12月の冬至に向かってさらに日は短くなるが、一日の終わりを教えてくれる防災行政無線のチャイムは毎日同じ時間に鳴る。中国メディア・澎湃新聞は19日「毎日夕方5時の、日本の街の優しさ」と題して、防災行政無線の時報チャイムを紹介する記事を掲載した。...
別窓で開く


[ ビートルズ ] の関連キーワード

chromecast popeye google ヨーロッパ with
松任谷