本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エンゼルスの大谷翔平投手(27)がアメリカの『TIME』誌で、「2021年世界で最も影響力のある100人」に選ばれ話題になったが、今度はニューズウィーク日本版が大特集を組んだ。タイトルは「アメリカが愛する大谷翔平」。アメリカの一流ジャーナリストたちが、日本人の涙腺を刺激する手放しの大賛辞を贈ってくれ...
別窓で開く

「週刊連載で心が整理され、曲作りにも大きな影響があった」 桑田佳祐がコロナ禍で生んだ“魂”のエッセイと新曲
 EP(ミニアルバム)「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し」のリリースに、全国アリーナツアー敢行、そして10月8日には書籍『 ポップス歌手の耐えられない軽さ 』の出版!時節柄、致し方なく続いた長い「自粛期間」を経て、エンターテインメントの巨星が本格始動である。 怒涛のアウトプットが続く...
別窓で開く

「そのバギー売って!」アメリカの若者熱狂「デューンバギー」とは 今も新車で遊べる!
1960年代半ばから1970年代初頭にかけて、あらゆるメディアで大人気を博したカリフォルニア生まれの「デューンバギー」。プラモデルなどでもおなじみになったスタイルのクルマ、その生みの親は、“類似品”とも戦うことになりました。...
別窓で開く

葉加瀬太郎 芸大に入って聴いたセックス・ピストルズに衝撃を受ける
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(9月21日放送)にヴァイオリニストの葉加瀬太郎が出演。自身の音楽のルーツについて語った。葉加瀬太郎黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。9月20日(月)〜9月24日(金)のゲストはヴァイオリニ...
別窓で開く

山崎まさよし「手こずりました」と語るデビュー25周年のメモリアルアルバム
【音楽通信】第90回目に登場するのは、現在、デビュー25周年というアニバーサリイヤーを迎えている、シンガーソングライターの山崎まさよしさん!アーティストとしての原点は地元のライブハウス【音楽通信】vol. 901995年にデビューし、現在デビュー25周年というアニバーサリーイヤーを迎えている、シンガ...
別窓で開く

中山優馬が昭和を駆け抜ける“ロッカー”に、主演作の音楽劇が開幕
中山優馬が主演する「ロック☆オペラ『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー 〜The Pandemonium Rock Show〜』」が開幕した。初日公演の様子をレポートする。森雪之丞が作・作詞・楽曲プロデュース、亀田誠治が音楽、河原雅彦が演出を手がける本作は、昭和の音楽業界を舞台に激動の時代を生き抜く...
別窓で開く

モーリー・ロバートソンさん「2ちゃんねるはジャーナリストとしても貴重な一次ソース。お世話になっております!」大麻合法化を主張し反響
9月19日、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんがダイヤモンドオンラインの日本が「大麻解禁」を検討し始めた深刻な理由とはhttps://diamond.jp/articles/-/281268という記事にリンクを貼り、今や世論を動かすほどにメジャー化した自分が申しますが、日本で大麻を合法化した...
別窓で開く

起業家とミュージシャンに共通するのは、進化する世界の先に行かなければ生きていけないことだ。そのためには自分一人の力では難しく、仲間を集め、コラボレーションすることが欠かせない。しかし起業でもバンドでも、素晴らしいチームとしてスタートしたものの途中で瓦解するケースはよくある。なぜ仲間とのコラボレーショ...
別窓で開く

結成15周年を迎えたロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。9月7日(火)の放送は、8月24日(火)に永眠したドラマー・チャーリー・...
別窓で開く

マッキンゼー、Google、リクルート、楽天など、14もの職を経て、現在はシンガポール・バリ島を拠点にリモートで活動するIT批評家の尾原和啓氏。2021年7月に発売された最新著書『プロセスエコノミー 』には、発売前から予約が殺到し、Amazon総合ランキング1位に。本のタイトルである「プロセスエコノ...
別窓で開く