本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3歳娘の眉毛を除毛する母親 「将来いじめられないため」に世間がバッシング
近年、子供の濃い体毛を気にした親が子連れで脱毛サロンを訪れるケースが増えているという。年齢制限が定められておらず、早ければ小学校低学年の子供もいるそうだ。TikTokでは今、ある母親が3歳の娘に除毛する様子が注目を集め、世間からバッシングを浴びている。イギリスの『Mirror』が報じた。...
別窓で開く

「統一教会と自民党」問題の本質は民主主義のハッキング
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、「統一教会と自民党」問題の本質について語る。* * *旧統一教会と自民党の関係をめぐる報道が、安倍晋三元首相銃撃事件から1ヵ月たっても活発に行なわれています。...
別窓で開く

ファン目線の改革を断行も大谷とトラウトの才能を浪費…エンジェルス身売りを表明したオーナーの“功罪”<SLUGGER>
現地時間8月23日、エンジェルスはオーナーのアート・モレノが球団売却の意向を発表した。 モレノは球団が発表した声明で「20年間にわたってエンジェルスを所有してきたことは大変な名誉だった」としながら「最終的に今こそ(身売りの)時期だとの結論に達した」と説明している。 1946年にアリゾナ州で生まれたモ...
別窓で開く

再びの「トランプ政権」や「新トランプ的な政権」誕生の可能性ある“アメリカの事情”
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月16日に行われた連邦下院選の共和党候補を決める予備選で大敗した共和党のリズ・チェイニー下院議員について解説した。...
別窓で開く

【エンジェルスの失われた10年:後編】ワンマンオーナーに旧時代の名将…2人のカリスマが組織を停滞させた<SLUGGER>
「大谷翔平選手はホームランを放ちました。なおエンジェルスは……」。今年、何度このフレーズを耳にしたことだろう。100年に一度の二刀流選手と球界最高のプレーヤーがいながら、なぜエンジェルスは勝てないのか。“負の歴史”は10年前に始まっていた——。...
別窓で開く

「仕事ができる米大統領」、1位はオバマ氏、最下位はバイデン大統領…トランプ氏は?=韓国報道
過去40年間、米大統領を務めた7人の中で、バラク・オバマ元大統領の職務に対する評価が最も良いという世論調査が発表された。バイデン大統領は最下位圏だった。米国の世論調査機関「ピューリサーチ・センター」が9月13日から19日にかけて、自社で確保した調査対象者1万371人に、「過去40年間、大統領の職務を...
別窓で開く

米国の子ども14万人、新型コロナで「親・保護者を失う」
新型コロナウイルス感染症により大きなダメージを受けている米国では、子ども14万人が新型コロナにより親や保護者を失ったことがわかった。7日(現地時間)英国の日刊紙“ガーディアン”によると、この日 “小児医学(Pediatrics)ジャーナル”は先のような研究結果を発表した。...
別窓で開く

優勝候補のネッツに不穏な空気…ワクチン“未接種疑惑”のアービングはホームゲームを欠場?<DUNKSHOOT>
NBAはいよいよメディアデーが始まり、10月19日の新シーズン開幕に向けてカウントダウンが始まった。 そんななか、今季の優勝候補にも挙げられているブルックリン・ネッツに開幕前から暗雲が立ち込めている。チームの看板選手の1人で、オールスターポイントガードのカイリー・アービングがホームゲームに出場できな...
別窓で開く

「コロナ拡散は “黒人”のせい」…テキサス副州知事の「人種差別的発言」が “物議”
米国野党“共和党”所属のテキサス副州知事は「新型コロナウイルス感染症の拡散は、黒人のせいだ」と主張したことで、物議をかもしている。米国の政治専門紙“ザ・ヒル(The Hill)”は「テキサス州のダン・パトリック副州知事は『ワクチン接種をしていない黒人のせいで新型コロナの患者が急増している』という主張...
別窓で開く

BLMの平和的なデモを暴力化させた「アンティファ」の歴史
2020年の5月に、黒人男性が警官によって死亡させられた事件が引き金となり、全米各地で起きた抗議行動は、“BLM(Black Lives Matter)”として報道されました。その流れのなかで当時のトランプ大統領が、テロ組織に指定する意向を示した「アンティファ」とは何か? 異色の郵便学者・内藤陽介氏...
別窓で開く


[ ヒスパニック ] の関連キーワード

dunkshoot slugger アンティファ テキサス 統一教会
アメリカ blm 自民党