本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国K2と独レオパルト2A7の一騎打ち ノルウェー陸軍 次期主力戦車の選定試験を公開
自走砲に続き戦車も韓国製が採用されるか?現用レオパルト2A4の後継 ノルウェー陸軍は2022年1月28日(金)、次期主力戦車の選定試験のテスト状況を公開しました。 候補車種は2つあり、ひとつが韓国のヒュンダイ・ロテム社製K2「ブラックパンサー」、もうひとつがドイツのクラウス・マッファイ・ヴェグマン(...
別窓で開く

韓国野党の李俊錫代表、旧正月に無等山に登り「全羅道の力で政権交代を」
イ・ジュンソク(李俊錫)国民の力(野党第一党)代表が旧正月の1日、クァンジュ(光州)ムドゥンサン(無等山)に登り、チョルラド(全羅道)地域の人たちに支持を訴え、政権交代を祈願した。...
別窓で開く

高まり続ける韓国の国力、もはや「日本と大差なくなった」=中国
 戦後、日本よりも発展が遅れた韓国だが、今では先進国として数えられるようになり、日本と肩を並べるようになったとの見方もある。中国メディアの網易は22日、韓国の国力はもはや「日本と大差なくなった」と主張する記事を掲載した。 記事はまず、韓国の近年の急成長に触れたうえで、中国ではこれまで韓国を「胡麻のよ...
別窓で開く

シェア奪還を狙う日本の自動車メーカー、その「切り札」とは=中国
 電気自動車(EV)で出遅れ感が否めない日本の自動車メーカーだが、新しい電池によって形勢をひっくり返せる可能性もあると言える。その鍵は日本で開発が進められている「全固体電池」だ。中国メディアの騰訊はこのほど、日本の自動車メーカーは全固体電池で他国に奪われたシェアを奪い返すつもりだと紹介する記事を掲載...
別窓で開く

<W解説>韓国HYUNDAI(現代)自動車が日本市場へ再進出を検討=財閥創業者らの共通点
韓国の自動車メーカー、現代(HYUNDAI、ヒュンダイ、ヒョンデ)自動車が、来年、日本市場に再進出することを検討していると報じられている。朝鮮日報などの韓国メディアは、日本経済新聞グループの日経BPが発行している「日経ビジネス」のインタビューに応じた現代自動車のチャン・ジェフン(張在勲)社長の発言を...
別窓で開く

「EV 炎上」バッテリー炎上事故が世界各地で発生している
EVのバッテリー(充電池)は重くて大きくて、実に200〜300kgもあるといいます。これがまた産業廃棄物となり環境に悪い物体で、EVが普及すればするほど、バッテリーの後処理問題は今後大きな課題となりそうです。リユースやリサイクル事業も今後注目される分野です。そしてなんと、このバッテリーというものは、...
別窓で開く

残価率から見た日系車とドイツ車の傾向、ヒュンダイ車の躍進も=中国
 中国の自動車市場では、日系車とドイツ車の人気が非常に高いが、中古車の残価率を見ると日系車とドイツ車とでは違いが見られるようだ。中国メディアの騰訊網はこのほど、中国汽車流通協会が公表した「2021年度中国自動車残価率報告」について紹介する記事を掲載した。 これは新車購入から3年後の残価率を自動車タイ...
別窓で開く

インド人はどんな車に乗っている? ムンバイの道路で撮影してみた!=中国
 インドでは、経済成長と共に自動車市場も拡大している。直近ではコロナ禍のため減速気味であるものの、この先はさらに市場が拡大していくと予想されている。 中国ではドイツ車と日系車が大きなシェアを獲得しているが、インドではどのような車がよく売れているのだろうか。...
別窓で開く

中国人が語る「韓国車が中国で販売台数を減らしているワケ」
 韓国の現代自動車グループは販売台数で世界5位の規模を誇るメーカーだ。米国や欧州でも韓国車は多く販売されており、中国市場でも一時期はかなり健闘していたが、最近の中国市場では苦戦を強いられており、販売台数が急激に減少している。 2020年の中国自動車市場における韓国車の販売台数は前年比30%減と急落し...
別窓で開く

ヒュンダイ自動車 米ロボット企業ボストン・ダイナミクスを買収完了
動物型の4足歩行ロボット「ビッグドッグ」が超有名!ソフトバンクグループも株式保有は継続 韓国大手自動車メーカーである現代(ヒュンダイ)自動車は2021年6月21日(月)、アメリカのロボット企業ボストン・ダイナミクスの買収を完了したと発表しました。...
別窓で開く


[ ヒュンダイ ] の関連キーワード

hyundai ムンバイ ボストン ノルウェ ドイツ
全羅道 インド