本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



子供2人が乗った車を盗まれた母、咄嗟にボンネットにしがみつく(米)<動画あり>
子供2人を乗せたまま車を盗まれた母親は、咄嗟にボンネットに飛び乗った。このほど当時の監視カメラの映像が公開され「母は強し」などと話題となっている。『LADbible』などが伝えた。米ニューメキシコ州ホッブズで4日午後8時25分頃、ガソリンスタンドに隣接したコンビニの前に停車していた白のSUV「サンタ...
別窓で開く

戦車の乗員は3名か4名か “乗員増”の兆しナゼ 省人化では「戦場を生き延びれない」?
何事も省人化というなかで、戦車はその逆の傾向を見せています。最新式の戦車は、2名定員ならば3名、3名定員ならば4名も可能としたり、なかには「4名」と明言するケースも。増える人員の役割こそが、今後を左右することになりそうです。最新の戦車は4名想定? かつて戦車の乗員は5名が主流だった時期がありますが、...
別窓で開く

世界で急増するADAS関連特許…韓国企業の出願数多く 国籍別では日本が最大
韓国特許庁によると、韓国、米国、日本、中国、欧州で先進運転者支援システム(ADAS)関連特許の出願が急増していることが分かった。ADAS関連特許は13年の2,000件余りから年平均約20%ずつ増加し、19年には6,000余件に達している。...
別窓で開く

韓国K2戦車の大量調達をポーランド政府が熱烈要望 米M1「エイブラムス」だけじゃ足りない!
韓国を訪問中のポーランド国防大臣が公式声明において、韓国が独自開発したK2戦車の調達を要求しました。なぜ、そのような「ラブコール」を出すに至ったのか、そしてなぜK2戦車なのか見てみます。...
別窓で開く

渦中のチェルシー、CL・リール戦の遠征メンバーを発表…主将が復帰
チェルシーは15日、16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)セカンドレグのリール戦に臨む招集メンバーを発表した。 ファーストレグを2−0で先勝しているチェルシー。セカンドレグのメンバーにはファーストレグで得点を挙げたドイツ代表MFカイ・ハフェルツやアメリカ代...
別窓で開く

激震のチェルシー、選手のアウェー遠征にも影響と英報道。フライトは格安航空、高級ホテル宿泊も不可能に?
 プレミアリーグのチェルシーは、ロシアのウクライナに対する軍事侵攻の影響を多大に受け続けている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に近しいとされるロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチ氏が資産凍結および渡航禁止措置を続き、クラブの理事としての資格も失われ、現在はクラブの売却に向けた動きも停止して...
別窓で開く

胸スポンサー『3』に続き…『ヒュンダイ』がチェルシーとの契約停止を発表
チェルシーとスポンサー契約を結んでいる韓国の自動車会社『ヒュンダイ』が12日、同クラブとの契約停止を公式サイトで発表した。 イギリス政府は10日、ウクライナ侵攻を行うロシアのウラジーミル・プーチン大統領との関係が深いとして、チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏を含む7名のオリガルヒ...
別窓で開く

日本は後れをとっている? ビジネスで大注目を浴びる「メタバース」の現在
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「メタバース」です。世界で加速する、超越空間内の事業。日本の開発は?「メタバース」とは、「meta(超越した)」と「universe(宇宙)」を組み合わせた造語で、インターネット上に繰り広げら...
別窓で開く

韓国Hyundai日本再参入なぜ? 乗用車で12年ぶり 日本に残る600台との“絆”
2車種以外も、の声も。ゼロエミ2車種で日本にカムバック 韓国の自動車メーカーHyundaiが2022年2月8日(火)、日本の乗用車市場への再参入を発表しました。従来「ヒュンダイ」と呼ばれていましたが、カナ表記は「ヒョンデ」に改められています。 ヒョンデは2001(平成13)年に日本の乗用車市場へ参入...
別窓で開く

現代自動車、13年ぶりの「日本再進出」が間近…電気自動車を100%「オンライン」販売=韓国報道
現代(ヒュンダイ)自動車が13年ぶりに日本の乗用車市場に再進出する。現代自動車は「アイオニック5」と「ネッソ」など電気および水素電気車のオンライン販売戦略を前面に押し出して市場を攻略する。現代自動車のチャン・ジェフン社長は今月4日、ブルームバーグ通信とのインタビューで「電気自動車だけを100%オンラ...
別窓で開く


[ ヒュンダイ ] の関連キーワード

hyundai エイブラムス ポーランド メタバース adas
リール